事件

猪苗代湖のボートの事故!ひき逃げの犯人は佐藤剛!同乗者も逮捕&なぜ,今?

投稿日:

~犯人は分かっていた!~

『佐藤剛はまだ逃げてんのか』

「2020/09/12 08:46」付けで書き込まれている”爆サイの掲示板”である。

福島県会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、プレジャーボートに突っ込まれた8歳男児が死亡、2人が重傷を負った事故で、業務上過失致死傷の疑いで県警に逮捕された会社役員、佐藤剛容疑者(44)の船の同乗者が航行中に撮影した動画に、異変に気付いて「やばい」などと慌てる関係者の声が記録されていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。動画には船がそのまま去っていく様子が映っていたという。

操縦していた佐藤容疑者は同乗していた約10人に「何も無かったよな」などと口止めしていたことも判明。県警は事故を認識した上で隠蔽(いんぺい)を図った可能性があるとみて調べている。発生当日、事情を聴かれた際は、全員が「気付かなかった」と説明。佐藤容疑者は逮捕後の調べに「身に覚えがない」と容疑を否認している。

昨年9月の猪苗代湖。1隻のボートが、湖面に浮いて遊んでいた子供を轢き、逃げた。
千葉県野田市の小学3年生、豊田瑛大(えいた)君はボートのスクリューに巻き込まれたという。
そのボートには約10人が乗っていたというのだ。

~”ひき逃げ”じゃないの??~

猪苗代湖に行ったことがない人には湖の広さは分からないから、”なんでボートが走る所で子供が遊んでいたの?”って思う。
猪苗代湖の面積は、琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖に次いで日本第4位で、103.24平方キロメートルという。10㎞×10㎞と考えれば大体の広さが分かる。
湖にはボートが航行できる場所とできない場所が分かれていたという。
”業務上過失致死傷”? ”ひき逃げ”じゃないの?
道路交通法にあるひき逃げ(救護義務違反罪)は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金。
しかし、湖の上では道路交通法は適用されない。
業務上過失致死傷罪は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金と懲役刑は半分となる。
場所が違うだけで…、同じ犯罪行為だと思うのだが。

~全員が知っていた?!~

事件が起きたその日、佐藤容疑者及び同乗者は警察の事情聴取を受けている。
当然、同乗者たちは、瑛大君が佐藤容疑者のボートにひき殺されたことは分かっていたはずだ。
「県警は事故を認識した上で隠蔽(いんぺい)を図った可能性があるとみて調べている」
同乗者が撮った動画に、「ヤバイ」と叫ぶ声が記録されていたという。
しかし、当時、同乗者ら全員が警察の事情聴取に「気付かなかった」と言っていたのだ。同乗者全員で隠蔽を図ったということか。

~なぜ、今?!~

そして、”1年後の犯人逮捕”である。
佐藤剛容疑者は「身に覚えがない」と否認しているという。
”福島県警は何をやっていたんだ”という声もあるが、同じボートに乗っていた人たち全員が「気付かなかった」と言い続ければ、逮捕することは難しかったのだろう。
じゃあなぜ、今なのだろうか。
同乗者の1人が佐藤容疑者を裏切ったのか?それとも罪悪感から自発的に携帯の動画を提出したのだろうか?
何度も言うが、同乗者の1人が「ヤバイ」と叫んだのだから、同乗者全員が、”佐藤容疑者がひき逃げした事実”を知っていたと考える方が自然だ。
全員が口裏を合わせて知らないふりをしていたのか?
佐藤容疑者をかばうために、若しくは口止め料を受け取ったからなのかはわからない。

~同乗者らにも罰を!!~

刑法第103条(犯人蔵匿・隠避罪)~罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
刑法104条(証拠隠滅罪)~他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
同乗者たちは、佐藤容疑者がひき逃げしたことを知りながら隠し続けていたのであれば、犯人隠避罪に問われ、当時の状況を撮影したスマホ動画を隠し、又は削除していたとすれば証拠隠滅罪に問われるべきだろう。
しかし同乗者たちの名前は誰一人報じられていない。
瑛大君の家族からすればなぜ、今まで黙っていたのか、隠していたのかいいたたまれない気持ちであろう。
ボートを操縦していた佐藤容疑者の業務上過失致死傷罪は当然である。
しかし、”ひき逃げの罪”については、ケガをしたであろう被害者たちを救出もせず、救急車も呼ばず、放置して逃げたのであるから同乗者らも同罪だと思う。
少なくとも犯人隠避罪や証拠隠滅罪で同乗者らも逮捕して氏名を公表し、罪を償わせるべきではないかと思う。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください