政治

優生保護法とは!今さら提訴?不妊手術は障害者に対する人権侵害か?

投稿日:

~優勢保護法に対する国家賠償請求~

優生保護法は、1948年に施行され、優生学上の見地から不良な子孫の出生を防止するために作られた法律です。遺伝性の疾患や精神障害、知的障がい者など、本人の承諾がなくても不妊治療をすることができるという法律です。全国で1万6000人以上が不妊治療を受けたそうです。その後1996年に母体保護法に改正されるまで不妊治療が続いたそうです。

当時、本人の承諾なく不妊治療を受けた方々による国家賠償裁判が行われるようになり、報道されています。当時、不妊治療した方々は、既に60歳以上になられており、これまで、沈黙を続けてきた障がい者の方々が今になってなぜ、国家賠償請求を行っているのでしょうか?不思議ですね。

~強制不妊手術の必要性~

現在でも、精神障がい者や知的障がい者などは全国にたくさんいます。精神障がい者のうち、凶暴性をもった患者など、一生精神病院で過ごす方もおられ、一般的な精神患者も精神科の医師の不足や病院の不足から入院できない方も多くいます。知的障がい者も支援施設が十分あるわけではなく社会問題となっています。

また、優生保護法で不妊手術が行われる患者は、障がい者全てではなく、重度の障害者など、当時、都道府県が「適当」と審査した場合のみが対象となったそうで、障がい者全員が不妊治療を受けたわけではないそうです。

確かに障がい者の男女の方の生殖機能を不能にする手術は、残酷なものと受け止める方が多いと思います。しかし、不妊治療の結果、障がい者が減っていることを考えたならば、決して悪法とは言えない気がします。今でさえ、障がい者の数が、社会インフラで対応できないくらいの数がいることを考えると、この法律が無かったら、もっともっと障がい者の方々が増え続けたのです。

今、国家賠償などを求める方々は、「自己の意思に反して不妊治療された」「本人の承諾なく不妊治療された。」などと主張していると報道されていますが、優生保護法による不妊手術の対象となった障がい者の方々が、自分自身で、不妊治療をするとかしないとかの判断ができるはずもないわけですし、そのような判断ができる様な方人であれば不妊手術の対象にはなっていないはずです。当時、障がい者者本人に対する承諾は得ていなくても、両親やそれに代わる保護者の同意を取っていたそうです。

障がい者の権利も日本国憲法に保障された基本的人権として尊重されるべきですが、基本的人権は、公共の福祉のために制限を受けることがあるのです。予期せず生まれてきたのなら、親として、当然愛情をもって育て上げることはしなければなりません。考えてみて下さい。自分の子が障がい者として生まれると分かっていたら、確実ではないがその確率が高い場合のことを。自分の子が障がい者として生まれる不幸を背負って生きていかなければなりません。しかし、障がい者として生まれる子、本人のことを考えてやることこそ本当の愛情ではないでしょうか。もし、自分の子が障がい者として生まれてくる可能性が高い場合、自分は辛抱して、頑張ってその子を育てるというのはりっぱなことです。しかし、障がい者として生まれてくる本人は幸せでしょうか?

現代社会でも、精神障がい者による殺人事件など全国的に堪えません。この法律によって、この様な不妊手術が現在まで行われなかったとしたら、もっと、同様の犯罪が増えていたはずです。その被害者もまた増えていたえわけです。また、知的障がい者による小さな犯罪も全国的には数多く発生していますし、生活する中で、そのような方を目にするのも非常に多いと思います。

~なぜ、今、裁判が行われるのか~

これは、明らかです。障がい者自ら不妊手術を受けたことによって、「私の人生を返して」などと考える能力はありません。それだけの能力のない方々が優生保護法の対象となっているのです。すべて、弁護士です。弁護士というのは全国に3万5千人以上いると言われています。必ずしもこの弁護士先生たち、全てが多くの収入を得ているわけではありません。弁護士が依頼者から金を預かって横領したなどというニュースはよく報道されています。弁護士も仕事を探し、その報酬で生活しているのですが、そう簡単ではないのです。そういった弁護士たちは、色々法律を勉強して、お金になる事案を探しているのです。

その一つが、この優生保護法による不妊手術を受けた方達による国家賠償請求訴訟です。弁護士が直接不妊治療を受けた障がい者に説明しても、障がい者本人が理解することは困難でしょう。弁護士がその親や家族に働きかけて、「国からお金を取りましょう」と。障がい者に対する国からの補助金や年金は充実していますから障がい者が生活する分には困らないはずですが、その家族や親族はお金が欲しい。弁護士とその親族が障がい者をけしかけて裁判を起こしているのです。これが、今さら、「優生保護法は憲法違反である」として、この法律の下で不妊手術を受けた障がい者の方々の国家賠償請求が行われる理由なのです。障がい者やその親族が勝ちとった賠償金の何割が弁護士に行くのか聞いてみたいものです。

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

セクハラ疑惑隠し撮りは許されるのか?ある意味密告と同じ?

「隠しテープ」ってどうなの? 福田財務事務次官のセクハラ発言を、テレビ朝日の女性記者が隠しテープで録音していた問題で、下村博文元文部科学大臣が、ある講演で 「テレビ局の人が隠しテープ録って、週刊誌に売 …

イージスアショア反対運動に共産党やプロ市民!電波障害も?電磁波より怖い!

~イージスアショアの配備計画に町長が反対表明~ 政府は昨年12月、イージスアショアの配備を閣議決定し、秋田県と山口県萩市阿武町にある陸上自衛隊むつみ演習場を配備候補地としました。萩市では防衛省による地 …

野田聖子総務相の仮想通貨問題にGACKTも関与?夫は元会津小鉄会!

~野田聖子総務大臣と仮想通貨 仮想通貨を日本国内で販売するにあたっては、前もって金融庁に登録しなければなりません。しかし、それを登録しないまま販売してしまったスピンドルという仮想通貨。これが200億円 …

福田事務次官ハニートラップに野党便乗か?朝日新聞系列の放送局!

セクハラを肯定している人はいない 福田事務次官のセクハラ発言について、野党がここぞとばかりに政権潰しに動いています。事務次官のセクハラ発言を週刊新潮が報じたことを受け、やはり、財務省は国民からの、とり …

片山さつきが口利き疑惑で文春砲に!口利き依頼した会社や秘書は?

~「文春砲」で内閣攻撃~ 片山さつき地方創生担当大臣に降って湧いた口利き疑惑。またも文春砲です。週刊誌が、どこの馬の骨とも分からない人間から情報をもらい、政府の要職者や国会議員、役人を攻撃する。その攻 …