事件 政治

山上徹也、よくやった?宗教二世問題から子供たちを救え!漫画連載中止!

投稿日:

~山上容疑者の功?!~

安倍晋三元首相の銃撃事件の容疑者である山上徹也(41歳)が、”宗教二世問題”と”宗教と政治の深い繋がり”を世に知らしめた。

ネット上では「山上 よくやった」などという書き込みがされているが、ほとんどはアベガー的左翼による書き込みのようだから話にならない。

山上容疑者の暗殺自体は絶対に許せないことだが、宗教に家庭を壊され、人生を壊された”宗教二世”たちはどう思っているだろうか。

「よくやってくれた」と思っている”宗教二世”たちは少なからずいるだろう。

 

山上容疑者は、旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)に恨みを抱き、統一教会と安倍晋三の関係を見抜いて安倍首相を暗殺した。

当初は、安倍晋三と統一教会が関係がある訳ないと思っていたのだが、安倍氏の祖父と父親と統一教会の関係が取りざたされ、統一教会関係者が政権内に多数入り込み、宗教の力がないと選挙に勝てない議員もいるなどという報道まで行われ、宗教の恐ろしさと山上容疑者への憐憫の情を抱くようになった。

 

”宗教二世問題”と”政治と宗教の深いつながり”を世に知らしめたことは山上容疑者の功であろう。

暗殺後すぐにテレビで流れたニュースで、安倍氏が昨年9月にビデオメッセージで発した

「朝鮮半島の平和的統一に向けて、努力されてきた韓鶴子総裁に敬意を表します」

と言う言葉には驚かされた。

統一教会の創始者である文鮮明・韓鶴子総裁夫婦の妻を称賛しているのである。

あり得ない。本当か?と驚いた。

10年以上も前、知人の母親は認知症になりかけていた。

その母親が老後のために農協に貯金していた300万円がなくなっていた。

相談を受けてよく話を聞くと統一教会の中年女性2人から印鑑などを買わされ、とあるビルの一室に連れて行かれて話を聞かされたりしていたという。

ビルの場所もよく覚えていないし、何と言われて印鑑などを購入させられたのかも覚えていなかった。

印鑑に関する書類とともに勧誘した女性の携帯電話の番号があったので連絡を取り、中年女性2人と会った。

そして金を返すよう求めたところ、数日経ってから、「寄付されたお金は団体に入っているから返せない。私たち2人で毎月5万円ずつ返金していく」ということで話は落ち着いた。

 

この中年女性たちも統一教会に寄付をし、布教活動を行っていたのだろう。

当然、この返済はこの女性たちの家庭、生活に影響していたと思う。

この女性たちにも子供がいただろうと思うと、憎むべきは信者を洗脳して金集めに執着する統一教会そのものである。

その創始者の1人を安倍元首相が褒め称えたのである。

~宗教二世問題!~

菊池真理子

「宗教二世」。宗教を信仰する親のもとに生まれ、自らもその信者である、あるいは脱会した子供を指す。自らの意思ではなく親の方針で入信し、独自の信仰生活を送ってきた結果、多くの2世が生きづらさを抱えるーー。

「宗教二世」マンガ連載中止の内幕…「幸福の科学」抗議に折れた集英社に作者は「もっと戦ってほしかった」と憤り

という4月2日の記事の冒頭である。

 

集英社のウェブメディア「よみタイ」で連載していた、菊池真理子氏が書いた『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』

第1話から第4話まで連載し、第5話が突然削除されたという問題。

”幸福の科学”がモデルだと分かる第5話で、同教団からの抗議に屈した集英社が第1話から第5話までの全てを削除したというものだ。

同マンガは全て公開終了となっていて見ることはできない。

ただネット上の画像が残るのみです。

この記事を見て初めて漫画の存在を知った。

この画像を見るだけでも読んでみたいと思わせる。

~あの時の女の子は??~

何年も前の話だが、品の良い服装をした40代くらいの女性がインタホンを鳴らした。

出てみるとキレイな服を着た小学生くらいの女の子が傍にいた。

エホバの証人の布教をしている女性だった。

「お話を聞いてください」と言う。

エホバの証人のことはある程度知っていたから話を聞くことを断り、「なんであなたは子供を連れて歩いているのか」と怒気を込めて言った。

女性は、「私の生きざまを見せるためです」

と答えた。

呆然として「今忙しい」と玄関を閉めた。

あの時の女の子は今どうしているのか。幸せに暮らしているのだろうか。

それとも布教活動をしているのだろうか。

山上容疑者とその時の女の子を重ね合わせてしまう。ツライ!

 

貧困家庭の子供たちだけではない。

宗教二世として苦しむ子供たちもいる。

政治の力で助けてあげて欲しい。

だが、その政治が宗教と手をつないでいると思うと心が苦しい。

-事件, 政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください