事件

幼稚園連合会の香川敬が山口県公安委員を辞任で罪を認めた?逮捕は前代未聞!

投稿日:

~罪を認めたようなもの!~

”公安委員の逮捕”は聞いたことがない。

山口県公安委員を3期務めた香川敬は全国の私立幼稚園が加盟する「全日本私立幼稚園連合会」の元会長である。

香川氏は去年11月に連合会で数億円の資金が使途不明になっていることが指摘された後、10年以上務めた同会長の職を辞任した。

そして、3月8日香川氏から辞職願が山口県に提出され、同日付で平成26年から務めていた公安委員の職を辞したのだ。

公安委員まで辞任したとなると”罪を認めた”ようなものだと思う。

~公安委員は立派な人?!~

公安委員会とは何か?山口県警察のホームページにありました。

公安委員会制度とは

公安委員は、県知事の所轄に下に置かれた3人の委員で構成される行政委員会です。(警察法第38条第2項)

公安委員会制度は、県民の良識を代表する者が警察を管理することにより警察行政の民主的管理と政治的中立性の確保を図ろうとするものです。

強い執行力を有する警察組織が独善的な運営や政治的に利用されることがあってはならず、国民を代表する公安委員によって警察の管理をしようとするものです。

ですから公安委員は良識ある立派な人格を有する県民の代表者が選任されるのです。

山口県公安委員会の定員は3人で、元高等学校校長を務めた委員長の倉田惠子(73)弁護士の弘田公(72)そして香川氏の3人だったのですが、香川氏が辞任したことで1欠となってしまいました。

~原資は国民の税金!~

連合会によりますと、使途不明金の総額は平成29年度から令和元年度までの3年間で、少なくとも3億2594万円に上ることが報告されたということです。

さらに今年度・令和2年度も連合会の口座から8000万円を超える現金が引き出され、使途不明になっていることを確認したということで、使途不明金の総額は少なくとも平成29年度からの4年間で、4億円を超えるということです。

連合会は辞任した香川前会長らが関わって、使途不明金を隠蔽する目的で、実際の残高を大幅に水増しした複数の銀行口座の通帳を偽造していたとしたうえで、香川前会長が監督不行き届きによる法的責任があることを認めて、辞任直後に1億5000万円を弁済したことも明らかにしました。

連合会は辞任した香川前会長らが関わって、使途不明金を隠蔽する目的で、実際の残高を大幅に水増しした複数の銀行口座の通帳を偽造していたとしたうえで、香川前会長が監督不行き届きによる法的責任があることを認めて、辞任直後に1億5000万円を弁済したことも明らかにしました。

4億円という大金。100円、200円ならまだしも、長期間かけての使途不明金だ。

会計監査はなかったのか?事務員が管理したとしていても決済はなかったのだろうか?

あり得ない。個人の問題だけではない。連合会と言う組織の問題だろう。

香川氏については、”監督不行き届き”という理由だけで公安委員会を辞任する必要はないはずだ。

記事を読むと、横領または窃盗などの財産犯罪の”証拠隠滅の為”に通帳を偽造していたのだろうが、これに香川氏が関わったと断言しているのだ。

だとすれば、少なくとも現職公安委員による証拠隠滅罪は成立するだろう。

使途不明となった金は、全国およそ7500の私立幼稚園から集めた会費や寄付金だという。

また連合会は幼児教育無償化などの振興策を国や国会議員に要望する活動を行っていたのだ。

2019年10月から始まった「幼児教育・保育の無償化」制度。

この制度で子育て世代の親たちは大変喜んだのだが、当然この原資は国民の税金である。

そして全国の幼稚園・保育園に補助金として配られるのである。

全国の私立幼稚園は、その中から連合会への会費や寄付金を支払っていたのだろう。

元は国民の税金ということなのだ。

~逮捕も時間の問題!~

去年8月に会計上の不備があるとの情報をうけ調査を進めたところ、災害用の基金や一般会計の口座などから現金が引き出されていたことがわかった。香川敬前会長(69)の指示で出金が繰り返され預金通帳なども偽造されていたという。

調査に対し香川前会長は「私的に使ったことは一切ない」と説明しているが、連合会は横領容疑などでの刑事告発も検討している。

「私的に使ったことはない」などと泥棒の話を誰が信じるというのだろうか。

香川会長の指示で出金が繰り返されたと断定しているのだから逮捕も時間の問題だろう。

~文科省の失態!~

香川氏の肩書は数限りない。

東京オリンピック・パラリンピック組織員会の顧問もやっていたという。

さらに、不正出金が発覚して香川氏が会長を辞任した後に文部科学省から教育者表彰を受けていたというのだから驚きである。

文科省によると、教育者表彰は、教育の親交に顕著な功績がある国公私立の学校の校長や園長らが対象となる。前会長は山口県内の幼稚園の理事長を長年務めており、山口県から推薦を受け、昨年9月に表彰が内定し、同月12月3日に表彰された。一方会長は同11月27日、同連合会の会計の不備の責任をとって会長を辞任していた。辞任したことについては連合会側から文科省に連絡があったものの、理由は伝えられていなかったという。

任期を全うせずに辞職するにはそれなりの理由があるはずだ。”理由は伝えられていなかった”ですまされる話ではない。

文科省はなぜそこを尋ねなかったのだろうか?

体調不良ということであれば、「表彰式に参加できますか」って問うのが当たり前だろう。

健康上の問題ではないとなれば文科省は当然調査すべきだ。

エリート集団である官僚のくせに”役立たず”と言うしかない。

香川氏自身もこうなることがわかっていながら何も言わずに受け取ったのだから”恥知らず”と言うしかない。

~自殺のおそれ?~

連合会では当然、香川氏の告訴を検討しているというのだが、今現在、香川氏はどうしているのだろうか?

これだけの上級国民が逮捕されるのを黙って待っているとは考えられない。自殺のおそれさえあるのだが…

香川氏は山口県防府市にある明覚寺(みょうかくじ)というお寺の住職でもあり鞠生(まりふ)幼稚園の園長でもあるそうだ。

この寺は浄土真宗本願寺派ということだ。

以前ある僧侶に

浄土真宗の僧侶は簡単になれる。修行も要らない。犯罪を犯した僧侶のほとんどが浄土真宗だ。
と聞いたことがある。
お金が大好きな生臭坊主だったということだろう。
もう一つ。浄土真宗は”阿弥陀様の力によって、死んだら仏になる”ということも聞いたことがある。そうならなければよいが…。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください