芸能

ホリエモン&ひろゆきが喧嘩で絶縁!嫌い&悪人!犯罪者&賠償金払わない!

投稿日:2021年3月11日 更新日:

~悪質なホリエモン!~

ホリエモンこと堀江貴文(48)とひろゆきこと西村博之(44)のケンカが話題になっています。

どっちもどっちの悪い奴らですから”どうでもいい話”なのですが、興味のある人も多いので、どっちも悪い奴ということを知って欲しいと思う。

10日のTBS系「グッとラック」での記事です。

番組では冒頭、水曜レギュラーのひろゆき氏と、堀江氏の絶縁報道を取り上げた。これは堀江氏が広島県内の餃子店でマスクトラブルとなったことから、ひろゆき氏は自身の動画サイトで、「(餃子店に)クレームやいたずら電話をする人が一番悪いが、次に悪いのは堀江さん」と、餃子店の店名こそ伏せたが、店名を特定できるような言葉を入れて餃子店を非難した堀江氏にも責任があると指摘していた。

餃子店の話を知らない人は、

ホリエモンが四一餃子店でクレーマー&炎上商法!クソ野郎&おかしい!

を見てもらえれば分かるのですが、有名人の力で”トラブった餃子店を叩こう”という悪意丸出しのtweetから始まったのです。

そして「そもそも店名出してないし」と言いながら「尾道の数字から始まる名前の某餃子店」って書いていたのです。

尾道では有名な店だそうで、店名を特定するには十分な情報だったのです。

有名でなかったらワザワザ尾道まで行って餃子食わねえだろうって思うのです。

これをひろゆきが批判したのは当然のことです。

これだけでもホリエモンの悪質性はわかるのですが、まだあります。

ホリエモン(堀江貴文)のタクシー大阪の動画あり!運転手の山本が警察を?

この記事もホリエモンの悪質性がよくわかるものです。

大阪の高齢のタクシー運転手の山本さんがかわいそうです。

~ひろゆきの計算?!~

それを受け堀江氏はSNSでひろゆき氏に「俺を窮地に追い込むので性格悪すぎと思って嫌になりました」「例のクラファンあたりでキレました」などと投稿し、これが一部で”絶縁”などと報じられていた。

ホリエモンのツイートによって餃子専門店「四一餃子」にはバカな奴らからのクレームや嫌がらせが続き、店主の奥さんが体を壊して店を休まなければならなくなったというのです。

これを知ったひろゆきが四一餃子を助けるべく、クラウドファンディングを提案したのだそうだ。

その結果、1400万円を超える支援が集まったというのだが、ホリエモンはこれが気に入らなかったらしい。

自分が蒔いた種で他人が不幸になり、それを知人が他人を助けたことが気に食わないってどれだけ”お子ちゃま”なのだろうと思う。

ひろゆきはこのことで一躍”イイ人”と見られるようになったのであるが、それもひろゆきの計算高さだと思っている。

続いてホリエモンの怒りに対して

これにひろゆき氏は「ぼく、一言多いんですよね。前からそうだったけど、積み重なりあってこうなった。申し訳ない」と素直に謝罪。

これもひろゆき流の計算だろう。イイ人ぶっているようにしか思えないのだが…

ひろゆきは、コメンテーターとして、自分なりのうがった考え方で他のコメンテーターに対して、上から目線で責めるようなコメントや他のコメンテーターの話をさえぎってでも自身の主張を通そうとする姿を見ていると「何だこいつ!」と腹が立ってしまうことが時々ある。

~ひろゆきも同類!~

ひろゆきもホリエモンと変わらない。

バカに何言ってもダメ。

という態度で話す2人は同じ人種だと思っている。

2チャンネルを開設しボロもうけしたひろゆきだが、2チャンネルのサーバーをアメリカに置いて”アメリカのサービス”ということで日本の法律の網から逃げようとしていることは誰にでもわかるのではないか。

以前AbemaTVの番組の中での記事だ。

裁判所から支払いを命じられた役30億円の損害賠償について、無視し続けたことを明かした。

番組によると、西村氏は2ちゃんねるの書き込みの削除をめぐり、多くの裁判を経験。裁判所から支払い命令を受けた賠償金は、総額30億円ほどに膨れ上がったという。しかし、最高で「サラリーマンの生涯賃金くらい」の年収があったのに、「電車男」の印税60万円ほどを差し押さえられた以外は、賠償金を支払わなかったそうだ。

多くの訴訟を抱えながらそのほとんどに一度も出廷していないというのだから驚きだ。

net geekの「西村ひろゆきが移住先にフランスを選んだ理由」という記事の一部だ。

これまではいくら裁判で負けようとも銀行口座を特定されて差し押さえされなければいいだけだった。ひろゆき氏に限らず、損害賠償金は実際には支払われていないものが多く、いわゆる逃げ得がまかり通っていた。ひろゆき氏はこの法律の抜け穴を利用し、さらにパケットモンスター社などの海外ペーパーカンパニーをダミー会社にすることで資産状況を特定されないように対策をとってきた。

しかし、法律が変わり、損害賠償を強制的に取られるようになったため、西村ひろゆき氏は海外移住という次の一手を取る。

そしてひろゆき氏は現在もフランスに住んでいるというわけだ。

こんなことが許されるのか。反社会的組織ではないが、反社会的人間と言っても過言ではないだろう。

そんな人間をTBSなどの地上波がコメンテーターとして起用していることが理解できない。

詐欺のようなことをして株価を釣り上げようとして捕まった犯罪者と民事裁判の被害者から逃げ回っている賠償金踏み倒し男のケンカなどどうでもイイ話だ!

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください