芸能

まなまる&永藤まなの黒子!しんちゃんのモノマネ&ピアノ&腹話術も器用!

投稿日:

~”しんちゃん声優”3代目?!~

ユーチューブで音楽を聴いていたらクレヨンしんちゃんの声で「うっせぇわ」が聞こえた。

なんと、見たこともない女性がピアノを弾きながら、スゴ!

と思いながら色々と動画を見てみた。

ただ声が似ているだけだったら興味を持たなかったかもしれないが、表情豊かにモノマネしする明るさに惹かれた。

美人じゃないけど可愛いし!

クレヨンしんちゃんの声優は、2代目の小林由美子さんだが、3代目になれるんじゃねえか?って思った。

~ヘタなお笑い芸人より面白い!~

少し世間からは遅れたかもしれないが、今、マイブームになっていた”まなまる”が今朝「あさチャン!」に出ていたのだ。

そこでちょっと”まなまる”のことネットで調べて見た。

【感謝】銀の盾が届いたので、初めての自己紹介をするゾ!【質問返し】

が面白い。

YouTubeでは”クリエイター表彰プログラム”というモノがあって

チャンネル登録者数10万人を超えれば シルバークリエイターアワード

100万人を超えれば ゴールドクリエイターアワード

そして、1000万人を超えれば ダイヤモンドクリエイターアワード

が授与されるそうだ。

まなまるは、”10万人達成で銀の盾が送られてきた”というのだが、収入はどれくらいなのだろう?

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円~0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

まなまるの「うっせぇわ」動画は1300万回も再生されているという。

まなまるは都内の眼科で受付のバイトをしているそうだが、YouTubeだけでも飯が食えるのでは?

ヘタなお笑い芸人よりはよっぽど面白いゾ~!

~本名は?黒子が多い?!~

動画の中で視聴者からの質問に答える形で自分のプロフィールも喋っている。

まなまるは永藤まなの名前で音楽活動をしていたそうだが、本名ではないようでだ。

まなまるの愛称は、リスナーとのやりとりの中で

顔が丸いから”まなまる”でいいんじゃない!

ってことでこの名前を使っているそうです。

誕生日は1993年1月8日生の28歳

長野県出身

ユーチューブの投稿を始めたのは2年前くらい

って言ってます。

動画を見ていてあまり気にはならなかったのだが、

ほくろの量は生まれつきですか?

という質問に対して

生まれた時はゼロ~♬

生まれつきじゃないんですよ。

と言いながら顔をドアップする。

確かに多い。右顔面に集中しているのが分かる。

コンプレックスですよ。でもコンプレックスはチャームポイントにしていきましょう。

とポジティブだが、いずれは取りたいそうだ。

~器用貧乏?!~

慎ちゃんのモノマネは2年くらい前に生配信の中で「おらは人気者」をやってみてって言われてやってみた。

最初は適当みたいな感じだった。

それをちょうど1年前くらいにTwitterに投稿したらちょいバズした。

その中で 正確にピアノを弾いているのに音を外しながらしんちゃんぽく歌うのスゴイみたいなコメントが結構あってこれってもしかしたら面白いコンテンツになるかもしれないと思った。

モノマネのレパートリーも数多くあるようで、動画の中で色々やっていたが、しんちゃんのママの野原みさえしか分からなかった。

でも、低い声から高い声まで色々出せるのには驚き。

その他、

お母さんが書道の先生

器用貧乏

などと言っています。

YouTubeで稼いで貧乏じゃないだろう!

1日に2時間以上ピアノを触れている。毎日生配信や動画の練習している

モノマネの練習は、聴く出す録音する、聞く比べるを繰り返す。

シャベリが上手いなぁと感心する。アナウンサーもできそうだ。

ただ、やはり、ピアノを正確に弾きながらのしんちゃんのモノマネはかなり練習しなければできないだろう。

まなまるは自宅からと思われる配信だが、これを心配する質問に対して

楽器演奏家物件で楽器演奏する人向けの物件です。

建物の外に向けての防音がされているけど部屋ごとの防音がされないから演奏する時間が決まっている。

そんなことまで心配してYouTube見てるんだなぁと感心する。

視聴者からの要望で絵をかいて欲しい?と

お絵描き好きだから書きました。

って炭次郎の絵を見せてきたのだが、これまなまるが描いたの?スゴイ!絵、ウマッ!器用貧乏!

~TVタレントもできそう!~

南伊豆町観光アンバサダーやってるんですけど、オーディションで町長と面接して・・・

エンターテイナーが向いている。

喜んでもらいたいという中でピアノが一番だった

ドヴュッシーの月の光がクラシックで一番好きです。

確かにシャベリが堂々としているなぁと感心する。

テレビのひな壇芸人でもできそうだよね。

これからテレビでも引っ張りだこになる予感がする。

~何でもできる?!~

中高は吹奏楽部と合唱部だった。マジ音楽!

本当は運動部に行きたかったが練習ができなくなる理由でできなかった。

フルート、ホルン、パーカッションができる。ドラムがどうしてもやりたかった。

いやぁ、普通音楽の道に進んでいる人は運動苦手イメージがあるんだけど運動も好きなんて器用!

腹話術までやっちゃう??

やってたらできちゃった!

なんて言ってましたが、

結構練習しました。いっこく堂さんのどうがとか見たり腹話術コツとか調べたり、メチャクチャ調べた。

やはり努力をしているんだなぁ。大したもんだ。

シャベリながらピアノを弾くコツについて、

これはね脳みそと手を分離させるハハッ。

脳みそが一番働いている時です。

って面白いコメントです。笑いました。

~カメムシ大好き?!~

最後に”カメムシ大好き”で笑った。オリジナルの歌だそうです。

カメムシ大好き~♪ カメムシ大好き~♬

うちのカメムシは~~♬ 黒い。

なんんじゃーー、伴奏も聞きおぼえのある感じ。

これ3番まであるんです。

イヤいいよ。器用にも限界があるのか?

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください