政治

無免許の木下ふみこ議員は当選無効!常習で逮捕?免停理由&警視庁の怠慢!

投稿日:

~当選無効では?!~

”恥知らず”としか言いようがない。

東京都議選に当選した木下ふみこ(富美子・54)議員である。

都民ファーストを除名処分にはなったがこのまま議員を続けるつもりだろうか? 

「無免許運転で自動車を運転し、交通事故を起こしてしまったことについて、猛省しております。有権者の皆様の信頼を損ねることになってしまい、心よりお詫び申し上げます」

「私にいただいた29767票の重みを踏まえ、有権者の方々との絆を大切にし、損ねてしまった信頼を取り戻すためにどうすれば良いか、様々な意見をいただきながら、熟考を重ねてまいります」

木下議員の無免許運転事故が報道されたのは選挙当選後のことである。

投票前に報道されていたら木下議員の当選はあり得なかっただろうし、都民ファーストは逆境に立たされていたはず。

木下議員は、無免許運転事故を隠して当選したのだ。

当然、選挙民に伝えなければならない”重要な事項”をあえて隠して当然したのだから当選辞退が無効となると思う。

~警視庁の怠慢?!~

都議会議員の無免許運転事故について報道しなかった警視庁の怠慢も否めないだろう。

これまで芸能人やスポーツ選手のしょうもない物損事故(ケガのない車両等の破損だけ)でも当事者が有名人というだけで警視庁は報道機関に発表してきた。

選挙戦真っ只中の出来事であり、選挙民からすれば投票するかしないかを判断するための重要な判断材料となった事件である。

それをなぜ警視庁は発表しなかったのか?

軽傷であれ、無免許運転での人身事故であれば逮捕されてもおかしくない。

~無免許運転を否認?!~

木下議員は、

「大きな事故ではまったくない」

「2月ごろに免許停止になったが、事故当日は停止期間が終わったと勘違いをしていた」

「選挙活動中で、選挙対策本部には(事故を起こしたことを)話したが、他には説明できていなかった」

と話している。

木下氏は、”勘違いして運転した”と犯意(故意)を否認している。すなわち、無免許運転の罪について否認しているのだ。

無免許運転をして事故を起こし、他人に傷を負わせた上、無免許運転を否認している人間である。

逮捕されて当たり前であろう。

逮捕しなかった警視庁は批判されて当然である。

無免許運転で事故を起こした時、

「マズい。無免許運転がバレたらどうしよう…」

”逃げようか”とも思ったのではないか?

~隠してでも当選したかった!~

”他には説明できていなかった”???

話せば”選挙を降りよう”という話になるだろうから、”飯のタネ”がなくなる。

「隠してでも当選しよう」

と考えたのだろう。

木下氏は、警察に尋ねただろう。

「これって報道発表されますか?」

と。

「発表されないなら自分から言う必要はない」

と考えたのだろうか。

~180日間の免停&受講は?!~

木下氏の発言の中で重大な点は、

「2月ごろに免許停止になった」

である。

事故を起こした7月2日も免許停止中だったのだ。

免許停止期間は短期の30日~長期180日まである。

しかし、停止処分者講習を受講すればその期間は短縮される。

例えば、違反行為を繰り返して点数が累積して30日の免許停止となった場合、1日の講習を受ければほとんどの人が29日間短縮されて受講日のたった1日の免許停止となるのである。

木下議員は、長期180日の免許停止だったはずである。

しかし講習を受ければほとんどの場合80日の短縮となり、100日間の免許停止になるはずである。

100日間の停止ならば7月2日は免停期間が終わっていたはずである。

~何度も免停に?!~

道路交通法では免許停止条件について、精神病、認知症、薬物依存症などなどが規定されているが、木下議員の場合はこういったことは考えられず、違反行為の累積だろうと思われる。

それでも1回目の免停期間は短期30日である。

長期180日の停止期間というのは何度も免許停止を繰り返さないとなることはないのである。

木下議員は何度も交通違反を繰り返し、免許停止処分を何度も受けた挙げ句に長期180日の免許停止を受けたと考えられる。

それでも、停止処分講習を受講していなかったのだろうか?

なんて、女だ!

遵法精神は全く持ち合わせてないようだ。

~常習無免許運転か?!~

驚いたことがまだある。

無免許運転事故の報道がされたのは都議選投開票翌日の7月5日

5日~6日にかけて、慌ててtweetを削除しているというのだ。

削除されたのは、免許停止期間中の6月中に投稿された画像なのだが、明らかに、木下議員が原付バイクで移動していることが分かるような画像である。

この画像を見れば木下議員が常習的に無免許で原付バイクを運転していたことが推認される。

またこんな記事も。

同じ選挙区から立候補していた他の候補や陣営は木下が告示前や選挙期間中に自動車を運転する姿を目撃しており、無免許運転の常習犯だった可能性が指摘されている。

明らかに常習的に無免許運転をしていたのだろうと考えられる。

こんな人間が都議会議員であって良いワケがない。

~告発&逮捕?!~

木下議員が辞職したら、次点で落選した自民党の河野ゆうき氏が繰り上がるのだろうか?

自民党は、木下議員の無免許運転を目撃した人たちの証言を集め、警視庁に告発すべきであろう。

告発を受ければ警視庁も動かないわけにはいかないだろう。

原付ツイッターを削除している点で、証拠隠滅の恐れありと考えることもできそうだ。

将来的に逮捕される可能性も出てくるのではないか?

木下議員は東京外国語大学を卒業するなど輝かしい学歴を誇っている。

最近、”勉強はできるけどおバカな人”の事件が多い気がする。

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください