生活

コロナはタバコに弱い&かかりにくい!重症化?飲食店の禁煙が感染を拡大?

投稿日:

~コロナ感染者は非喫煙者?!~

新型コロナウィルスがまん延し始めた頃、WHOを含め、日本の医療機関は、”タバコを吸う人は重症化しやすい”と堂々と主張していました。

しかし、今、”タバコの煙でコロナに感染しにくくなる”という研究結果が発表され、”百害有って一利なし”と言われてきたタバコにも一利あったことが証明されたのです。

広島大学と関西医科大学の研究グループは、タバコ煙成分をはじめとする、芳香族炭化水素受容体(AHR)を活性化する化合物が、新型コロナウイルス受容体の発現量を低下させることで細胞への新型コロナウイルス感染を抑制する効果をもつことを明らかにした。

”喫煙者は重症化しやすい”というのは嘘だったということです。

難しいことは分かりませんが、

新型コロナウイルス感染者に喫煙者が少ない

喫煙者の新型コロナウイルス陽性者が少ない

ということなのだそうです。

タバコの煙成分は新型コロナウイルスを受け入れるタンパク質の発現量を抑制し、結果としてウイルス量を減少させ、細胞への新型コロナウイルス感染を阻害することが確かめられた。

というのが研究結果の内容のようです。

確かに私の身近で新型コロナに感染した人たちは全員が非喫煙者であることから納得してしまいました。

~この説は昨年4月にもあった!!~

ネット上で”コロナとタバコ”で検索してみると、今でも”喫煙者はコロナ感染しやすい”とか”喫煙者はコロナで重症化しやすい”と書かれている記事が多くあります。

例えば、このような記事。

新型コロナと喫煙には関係があるの?

ではまず新型コロナと喫煙には関係があるのかどうかについて説明します。

今現在わかっていることには、喫煙者は非喫煙者に比べて新型コロナ感染時に、人工呼吸器を装着する必要があるようになる、あるいは死亡してしまう危険性が3倍以上になると言われています。

このことからも感染した場合に重症化するリスクを上げていることは明らかであるとわかりますが、その他の重症化リスクと言われている高齢・糖尿病や高血圧などの基礎疾患などのようなものと比較しても喫煙は重症化の最大のリスクであるとの報告もあります。

さらに、喫煙により重症化のリスクが上がるだけでなく、喫煙により新型コロナへの感染リスクも上がると言われています。

このように新型コロナと喫煙はきってもきれない関係がありますが、以下ではどうしてそのよう喫煙により新型コロナへの感染リスクが上がったり、重症化リスクが上がるのかについて説明していきます。

”喫煙は新型コロナウィルス感染に悪影響を与える”として、今回の研究結果と正反対の内容が確定的に論じられているのです。

医者がこんな嘘を書いているのです。

これまでも”タバコ嫌いの学者たち”が、根拠も示さずに”喫煙者は肺がんになりやすい”などとウソをついてきたし、”副流煙”なんて名前を作って喫煙者を排除しようとしてきました。

こういった”タバコ嫌いの学者たち”にとっては面白くない研究結果でしょうし、”タバコ嫌いの学者たち”はこの研究結果を信じようとはしないでしょう。

WHO(世界保健機関)

「タバコをやめる理由は100以上あります。新型コロナが重症化しやすいことが分かっており、何百万人もの喫煙者がタバコをやめようとしています」

と言い続けてきました。

しかし、”コロナウイルスがタバコに弱い”という研究結果は、コロナが我が国にまん延し始めた昨年4月にはもうフランスでも発表されていたのです。

4月24日に、フランスのピティエ・サルペトリエール病院から発表された研究結果のことである。なんと驚くなかれ、ニコチンが新型コロナウイルスの感染を抑制している可能性があるというのだ。

同病院の研究チームが新型コロナの患者343人と軽症の感染者139人を調査したところ、喫煙者の割合はわずか5%で、フランスの喫煙率約35%を大きく下回っていたという。要は、このデータをもってして、「喫煙者の方が非喫煙者よりも新型コロナにかかりにくい」という説を唱えているのだ。「たまたまでしょ」と思うかもしれないが、実はこの傾向はフランス以外でも確認されている。

こんな研究結果が発表されても”喫煙=悪”と主張する医療関係者たちは無視してきたのです。

あくまでも”喫煙は新型コロナのリスクを高める”ということが「常識」となっているからで、その主張を覆されることは許されなかったのでしょう。

~受動喫煙防止でコロナまん延?!~

この研究結果から考えてみると、

副流煙による受動喫煙やその弊害を主張して喫煙者を排除してきたことが新型コロナ感染拡大につながったのではないか?

と思ってしまうのです。

こんなことを言ったらWHOやタバコ嫌いの医療関係者からバッシングを受けるだろうとは思います。

しかし、よく考えてみてください。

2020年夏に東京オリンピックが開催される予定でした。

国は”受動喫煙防止”と謳って「改正健康増進法」を同年4月に施行し、全国の官公庁で禁煙・分煙が実施されましたが、まだ飲食店ではそれほど厳しくはありませんでした。

東京都・小池百合子都知事は、独自に「受動喫煙防止条例」をつくり、2020年4月に施行し、原則、飲食店での喫煙を禁止にしました。

2020年初頭から武漢ウイルスが日本に入って来て、間もなく東京都ではこの条例が施行されたのです。

その結果、東京を中心としてコロナの感染拡大が広まり、徐々に地方にも感染が広がっていきました。

飲食店での禁煙も徐々に全国的に広がり、飲食店内での喫煙ができる場所はほとんどなくなり、コロナも全国にまん延していきました。

嫌煙家の方々は「何言ってんだ」と一蹴されるでしょうが、コロナの感染拡大と厳格な受動喫煙防止対策の時期が見事に一致しているのです。

厚生労働省さん!コロナ予防のため喫煙を奨励してはどうでしょう?!

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください