政治 芸能

政治オタクの井上咲楽が林芳正外相を次期総理?マラソン完走&駅伝に昆虫食!

投稿日:

~色々な顔をもつ女性!~

”政治オタク”といわれている井上咲楽(22歳)さんの記事を読んだが、”本当にわかってるの?”って思ってしまいました。

井上咲楽さんといえばチャームポイントだった”ゲジゲジ眉毛をきれいに切って印象が薄くなった感じ”がしていたのだが、毛虫やアリを食べている動画を見てしまい”気持ち悪い奴”という印象が強くなってしまった。

何でも長距離走が得意だそうで、正月に放送される番組の収録で走ったそうです。

「新春!芸能人対抗駅伝」走ってきました! 2020年は森脇さんチームでした。みんなつないだ たすきは重かったです!

2020年1月3日 13時30分~

井上咲楽さんは、中学の時から駅伝をやっていたそうで、「東京マラソン2019」で3時間53分16秒で完走しているというからスゴい。

”芸能人対抗駅伝”の番組は2019年から始まり、井上咲楽さんは毎回出場しているという。

ゲジゲジ眉毛、昆虫食い、マラソンそして政治オタクといろいろな顔を持つ女性のようだ。

~林芳正次期総裁候補??~

しかし、この記事は”誤り”と言うしかない。

井上咲楽さんにとっての”政界10大ニュース”の1番目に林芳正外務大臣(60)のことが書かれていた。

衆院くら替え成功、外相就任と復権した感のある林芳正さん。ひそかに私の中では将来の…いや、場合によっては次期首相もあるぞ的な思いがムクムクふくらんでいます。岸田さん自身も、岸田派としても後継候補として育てていこうという動きが明確に見えますので。下支えしているのは参院からくら替えして初めての総選挙の結果です。山口3区での得票率は76・94%。山口4区で約2万票減らした安倍晋三さんを約7%上回る数字です。選挙の強さは絶対条件ですから。先日のG7外相夕食会で「イマジン」のピアノ演奏を即興でしたのも、ちょっとイケてましたし…。

林芳正議員が次期総理候補とは、聞いてあきれる。

林議員は、親の代からの親中派で、日中友好議員連盟の会長を務めていて外相に就任と同時に辞めたことは誰もが知っている。

また、外相に就任して直後のテレビ番組で

11月18日に電話会談した王毅外相から訪中を打診された

とポロッっと喋っちゃったのだ。

 

ウィグル問題や香港の人権問題や台湾問題などを抱える中国。そしてテニス選手の彭帥さん問題が報道される中、中国から訪中の誘いを受けたことがうれしかったかのように喋ってしまったのだ。

それくらい親中派ということなのだ。

オリンピックの外交ボイコット問題でも決着がつかない中で、中国に行くバカはいないだろう。

そして選挙の話だが、山口県は保守王国であり、山口3区は、それまで当選していた河村健夫元内閣官房長官が出馬を見送り、対抗馬は立憲民主党のおばさん議員1人だったからこれだけの得票が取れたのだ。

選挙が強いかどうかは今回の選挙だけではわからない。

かたや、安倍晋三は総理の職を辞して、もう”お疲れ様ムード”もあったし、野党連立のれいわ新撰組からの候補と無所属の候補3人の戦いだから得票率が減ったのであって、3人区と2人区を同じに考えてはいけない。

この点でも、”井上さんはまだまだ”と言うしかない。

確かに、林議員のG7でのピアノ弾き語りは格好良かったが、そんなことと総理大臣候補として有望かどうかは全く関係ない。

有名人になった井上咲楽さんだからこんなことでも記事になるのだが、もう少し熟考してからの方が良いと思いますね。

まあ”私の中では”という前置きがあるからまあイイか。

-政治, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください