スポーツ 芸能

潮田玲子はかわいいから人気&写真集も!テレビでコメントも容姿で注目?

投稿日:

~かわいいから人気だった?!~

バドミントンが今のように人気スポーツになったのは”美人ペア”ともてはやされた潮田玲子(38)小椋久美子(38)オグシオペアの影響力は大きかった。

歴代のバドミントン選手の中でも、特に潮田選手はアイドル並みの容姿でかわいかった。

オグシオペアは、日本ランキング1位になって世界ランキングでも7位につけるなどバドミントンの実力もさることながらやはり容姿でも秀でていたから人気も高く、バドミントン界を盛り上げたと思う。

小椋は、今でもスポーツインストラクターとして子供たちにバドミントンを教えているという。

一方、潮田は、芸能事務所に所属しながらタレント活動をしており、2児の母親になってもその美貌からテレビでも頻繁に顔を見る。

~容姿で盛り上げた?!~

そんな潮田の記事”成績より容姿?潮田玲子さん、現役時の違和感「否定できない」でも”に違和感を抱いた。

現役時代に容姿で注目されることに違和感を覚えたというバドミントン元日本代表の潮田玲子さん(38)に話を聞いた。

「社会人(三洋電機、02年入社)の1年目くらい。週刊誌に載りました。まだ何の実績もない時です。『美女アスリート発掘』というテーマでした」

「嫌」ではなかったが、「なんだろ、これ」と思った。最初の違和感だ。

 それまで空席が目立った国内の大会が、満員になった。小椋さんと潮田さんが試合をするコートに人が集中した。

 国際大会の出場権を得た時、こんな場面を見た。先輩選手たちが日本バドミントン協会に、「顔がいいから(小椋、潮田を)選んだんですか?」と迫っていた。「アスリートとしてではないところで注目されるのはつらかった。負けたのに、『カメラの前では、もう少しニコニコした方がいいな』と言われて」

昔、バドミントンという競技が民放で放送されることは無く、卓球と同様、マイナースポーツだった。

しかし、オグシオの活躍から民法や各局のスポーツ番組で取り上げられ、今でもBSなどでは長時間の試合を放映している。

バドミントン界でのオグシオの貢献度が高かったことは間違いない。

しかし、オグシオは日本では強かったがオリンピックでメダルも獲得していない。

リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲って世界ランキング1位に上り詰めた高橋礼華(あやか)選手松友美佐紀選手高松ペアの実力は凄かった。

しかし人気と注目度はオグシオの方が断然上だった。

容姿端麗だからこそ注目され、バドミントン競技の人気を高めることができたことは間違いなく、自分の容姿に感謝すべきであろう。

現役を引退後、長くテレビ界で活躍している元スポーツ選手には水泳の田中雅美(43)、卓球の平野早矢香(37)、テニスの杉山愛(46)、ビーチバレーボールの浅尾美和(36)などがいる。

どれも容姿がいいから、芸能界で活躍しているのだ。

潮田もその1人だし、容姿を売りにして芸能界で活躍して、写真集やカレンダーなども作っている。

エンゼルスの大谷翔平選手はスゴイ活躍だが、ここまで世界中のファンを引き付けるのはやっぱり容姿のおかげもあるだろう。

外見や見た目の良し悪しといった視覚的情報によってその対象を価値づける行為を”ルッキズム”といって、「外見で判断するな」と騒ぐ人たちはこれを「蔑視」と誤解釈して”ミスコン反対”などと叫ぶ。

しかし第一印象は重要で、第一印象はどうしても外見で判断するしかない。

~短パンにすれば?!~

プレーとは直接関係がない場面で、カメラのシャッター音が激しくなった。例えば、インターバルで汗をぬぐったとき。シャトルを拾おうと前かがみになったとき。下着の肩ひもがずれたな、と感じたとき。

他の選手と顔立ちを比べてランク付けされたり、胸囲のサイズを「推定」されたりする報道もあった。母から「こんなのが載っている」と言われたときは、恥ずかしくて、悔しくて、悲しかった。

「『そういう見え方がするユニホームを着ている方が悪い』と言う人もいました。でも、それはいじめられている人に『いじめられる方にも原因がある』と言うのと同じです」

スポーツには興味はないけれど「潮田玲子がかわいいからファンだ」という人もいるだろうし、異性を性的興味だけで見る人もいるだろう。

イジメる方が悪いのは当然だが、人がイジメられるのには色々な原因や問題があるし、実際にイジメられる人に原因がある場合もゼロではない。

ただそれと同じに語るのは違うだろう。

山口茜選手はほとんど短パンで試合をしている印象だ。

短パンまたはスコートを着用するかは自分で決めることができるらしい。

スコートを好んで切る人はその下のインナーが下着ではないし、見えても恥ずかしくないから着るのだろう。

恥ずかしいならば短パンにすればイイのではと思ってしまう。

~やっぱり外見?!~

潮田は元プロサッカー選手の増嶋竜也(37)と結婚し2児を儲けている。

その増嶋の第一印象をこう語っている。

「元スピードスケートの大菅小百合さんの引退パーティの時に彼がいたんですけど、女の子を3、4人はべらせて。そういうふうに見えたんですよ。ワインとか飲みながらホントに凄いチャラく見えて。サッカー選手で顔もカッコよくて、30歳を前に年下のサッカー選手に転ぶ、転ぶ・・・・・・、何ていうんですかね?(言い直して)遊ばれてもダメだと思って」と第一印象を明かした潮田は、「最初は”嫌だ”って言ってたんですけど(大菅から)”凄いいい人だから”って言われて会ったら最初のイメージが悪かったので、普通のことがなんか”真面目じゃん”って。ギャップです、ギャップ」と増嶋に惹かれていった様子を説明した。

やっぱり、見た目、外見、第一印象って大事なんですよって話じゃん!

元バドミントン選手の潮田が芸能界で活躍で来ているのも容姿のおかげでしょう。

コメント力が凄いとかインテリジェントな発言とかで注目を集めているとは思えない。

容姿で注目されることで今のポジションがあると思うのですが…。

-スポーツ, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください