芸能

室井佑月VSホンコン?日の丸マスクのくればぁの石橋衣理社長が美人&賢明!

投稿日:

~室井VSほんこん!~

何でこんな判決?

お笑い芸人のほんこんさんのツイッター投稿によって、名誉を傷つけられたとして、作家・タレントの室井佑月さんが損害賠償550万円をもとめた裁判で、東京地裁(飛澤知行裁判長)は6月30日、ほんこんさんに11万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

そもそもほんこんはお笑い芸人なの?って突っ込みたくなる。

何があったのか調べてみると、

2020年2月24日(日本国内でコロナが出回り、マスク不足が深刻になっていた時期)に、愛知のメーカーが作っていた「日の丸マスク」が政府が発注したものと誤解したアベガーの室井佑月が、「些細なことだけど、こういうこと一つとっても、今の政府のやっていることって、ごっこ遊びにしか見えない」などとツイートしたのだが、日の丸マスクと政府は関係がないことに気づいた室井がtweetを削除して謝罪していた。

5月29日、インターネットサイトで、「室井佑月らの中傷で日の丸マスクが製造中止に」と題する記事が公開されると、ほんこんが記事URLを表題とともにツイッターで発信し、さらに「何故こんな事を 日の丸は我が国の国旗」とするコメント付き記事を再びシェアした。

ほんこんが投稿した記事のサムネイル画像に「室井佑月らがデマで中傷投稿 日の丸マスク製造中止に」という文と、室井の顔写真などが表示されていた。

これに対して、室井は「自身のtweetを原因として日の丸マスクが製造中止に追い込まれた事実はない」と主張して、ほんこんの虚偽のtweetで社会的評価を低下させたと訴えていたというのだ。

この裁判、ツッコミどころ満載だが、あんまり言うと訴えられてはいけないので黙っておこう。

ほんこんは黙って11万円を払うのか?それとも控訴して戦うのか?それが見ものだ。

室井は有名人のほんこんだけでなく、匿名アカウント「黒瀬深」によるtweetも名誉棄損にあたるとして訴え、200万円を支払うことを条件に和解したそうだ。

tweetもよくよく考えて投稿しないと大変なことになるということだが、最初は室井のデマtweetに端を発したものではないのか?

「それは謝罪したから終わりだよ」ってこと?

何か釈然としない。

~製造中止は事実!~

「日の丸マスク」を知らなかったので調べてみると。

2015年から製造販売されていて、羽生弓弦が愛用していたことで人気が広まりよく売れていたマスクだという。

2020年5月27日、日の丸マスクを製造していた愛知県豊橋市のメッシュ素材メーカー株式会社くればぁの女社長石橋衣理氏が

SNSでの誹謗中傷について。弊社で作っていた日の丸マスクが政府批判のネタにちょうどよかったのか、ボロクソ言われました。政府と繋がりなんて一切ないのに…社名についても馬鹿にされ、ド阿呆とまで言う人も…。我々は誠実に物作りしているだけなのに😭 

とtweet。

そして、翌5月28日には

日本メーカーが日の丸マークをつけて批判されるって。海外に住んでいたことがありますが、ここまで自国の国旗にアレルギー反応を起こす国って珍しいような…。#日の丸マスク大変人気でしたが議論のネタにされるのは本望ではないので、しばらく製造休止にしています。またいつか復活できれば…

とtweetした。

翌、29日に「室井佑月らがデマで中傷投稿 日の丸マスク製造中止に」と言う記事が公開され、これを見たほんこんがtweetして、室井が「私のtweetが原因じゃない」と主張したということなのだろう。

”SNSで誹謗中傷” ”議論のネタにされたこと” が原因で日の丸マスクの製造が中止されたことは間違いないだろう。

そのうちの1つが室井氏のtweetではないのか?もうやめておこう。

室井に対する批判が殺到し、室井自身はくればぁに”詫び状を送った”としているが、女社長は室井を許したのだろうか?

実際に製造中止になった以上、誤って日の丸マスクを批判した人たちに法的手続きをとって損害賠償を求めることもできたのではないだろうか?

よく売れていた日の丸マスクだから、会社にとってはかなりの損害が出たのだろうと推測するが、一般人は裁判なんて面倒くさいことに巻き込まれたくないし、損害が出てもジッと我慢していようという気持ちは分かる。

石橋社長の夫が弁護士だったら、話は違っていたかもしれない。

~美しさに驚き!~

女社長は賢明な方なのだろうが、まだお若いし、美しい方で驚きです。

7月1日の東愛知新聞の記事に

”石橋衣理氏がこのほどくればぁの社長に就任した”という記事があった。

この時、石橋氏は34歳とのことだが、何年の記事か分からない。

多分2019年、事件の前年の記事だろう。

石橋社長は、中川原四郎会長の娘で23歳で入社。営業、経理、商品開発、人事、海外などを担当してきた。

”女社長が美人”とか言ったらまた、”ルッキズムが”なんて批判されるかもしれないが、顔って大事だよ。

美人でなくても、顔にはその人の性格や生き方が現れることが多く、きれいな顔、清潔感のある顔、かわいい顔の人には好感を持てる。

上司がこんな女性なら勤務意欲も湧くのではないかとさえ思ってしまう。

誰かさんとは大違いだ。

石橋社長はこの裁判をどう見ているのだろうか、聞いてみたいものだ。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください