スポーツ

イチローの引退はウソ!マイナー落ちから復活?日本復帰の可能性は?

投稿日:2018年5月5日 更新日:

  • イチローは真の日本代表選手

マリナーズのイチロー外野手(44才)が、今シーズンは試合に出られなくなったとの発表がありました。マリナーズには残って球団の会長付特別補佐に就任したというのです。しかし、引退ではないということ。意味が分かりません。

確かにイチローは、野球選手としてすごかった。

1992年に日本のオリックスでデビューし、約1300本の安打を打ち、2001から大リーグシアトルマリナーズに入団し、大リーグ通算3000本安打を達成しました。昨年までの通算打率322、日米通算安打数4367本です。

間違いなくすごい選手ですし、大リーガーとして長年活躍してきた姿は日本人の誇りでした。

しかし、日米通算で27年間プレーしてきたイチローは、「最低50歳まで現役を貫く」と言っていました。日本人のほとんどが「そんなにはできないだろう」と思っていたはずです。実際に、最近ではレギュラー出場することは少なくなり、成績も良くなかったのですから。

それでも日本人の誇りとして、イチローには少しでも長く現役で頑張って欲しいと誰もが思っていたはずです。

イチローのストイックさは、色々な場面でマスコミが取り上げてきましたから、そのストイックさでイチローが何歳まで現役でやれるのかということは野球に詳しくない日本人でも興味のあったところでしょう。

イチローは、時にと称され、日本代表選手という意識でイチローの活躍を見守っていた人も多かったはずです。

アメリカに渡ってからの活躍を見たアメリカ人は、イチローのことを「ウィザード(魔法使い)」と呼んでいたという記事も目にしたことがあります。いくらウィザードでも年齢には勝てなかったのでしょう。

  • どん底から這い上がる姿が見たかった

今シーズンのイチローはロースター(メジャー公式戦に出場する資格を持つ選手)から外されたのです。しかし、引退ではないというのですから練習は続けるのでしょうが・・・

イチローが練習する姿をマリナーズの若手選手がお手本にするというのは日本人としても誇らしいのですが、ほぼ1シーズン、公式戦に出場せずに来年からまたロースター選手となることが本当にできるのでしょうか。

1ファンとしては、そんなイチローの姿は見たくありません。

ヤンキースの田中将大投手が、「この契約がどれだけ偉大なことか」と驚いていたという報道がありましたが、イチローの経歴はすごいことは誰もが知っていますが、その結果としてフロント入り契約を受けたのでしょう。イチローがプレーしている姿を見たい日本人ファンからしたらどうでもよい話だと思います。

もしイチローが真に現役にこだわっているのならば、マイナー契約でもいいじゃないですか。イチローにはこれ以上のお金は必要ないでしょうし、本当に日本の野球ファンのためにプロ野球選手として頑張っているのであれば、

マイナー契約を結んで泥臭く野球をやって欲しい。

イチローがマイナーで泥臭く野球を続けるのであれば、日本人皆が応援するでしょうし、本当のと認めるのではないでしょうか。

  • 日本球団のユニフォームは来て欲しくない

イチローが今シーズンベンチに入ることはないそうです。だったらイチローが野球やっている姿は練習着姿しか見ることができないのでしょうか。イチローが我々の前に出てくる時は背広姿でしょうか?

イチローの背広姿なんか見てもファンは喜ばないでしょう。

日本に戻ってくるという選択肢もあるのかもしれません。しかし、真の日本代表選手であるイチローが日本野球界に復帰なんてことはやって欲しくない。大リーグで役に立たなくなった選手が日本球界に復帰するのは普通の選手であれば許せますが、日米通算安打数でピートローズを抜いたイチロー選手にはそんなことはして欲しくないのです。

何度も言いますが、もう一度マイナーリーグで体を鍛えなおして、「イチローがヒットを打った」というニュースを日本人に届けて欲しいと思います。

真の日本代表選手として、もう一度肉体を作り直し、ロースターになって帰ってくる日を待ちたい。もしその夢がかなわなくても、50歳までマイナーリーグで奮闘する姿が見られるならば、日本人は、イチローのことを真の侍として拍手を惜しまないでしょう。

わがままでしょうか?

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください