政治

レーダー照射事件の韓国の反応は!真相をわかりやすく!証拠写真や真実は?

投稿日:

~韓国の「北朝鮮船舶の捜索」はウソ!~

現在、日韓で問題となっているレーダー照射問題。昨年12月20日海上自衛隊P‐1哨戒機が能登半島沖の日本のEEZ内で国籍不明の漁船と韓国海洋警察庁所属の警備艦そしてゴムボート2隻を発見。その側にいた韓国海軍の駆逐艦から数分間・複数回にわたり火器管制レーダーを照射された事件です。

日本政府は韓国に対して抗議しましたが韓国はレーダー照射を否定。これに対して日本政府は、哨戒機が撮影した一連の動画を証拠として公開しました。証拠を突き付けられた韓国側は謝罪するどころか、「証拠になってない」として反論。更には、1月4日、日本への抗議のための動画を作成して公開しました。

これが韓国のレーダー照射問題の流れです。日本の排他的経済水域内で何かをやっていた韓国は、当初、自分たちの行動について、「人道主義的立場から漂流中の北朝鮮船舶を捜索していた」と主張していましたが、日本が公開した動画にはP- 1哨戒機が撮影を開始した時点から韓国が捜索していたという北朝鮮籍と見られる船は韓国警備艦の側にいるのが映し出されていました。これで韓国側が主張する「『捜索していた』と事実は虚偽」であることが分かりました。

~韓国の反論動画は笑える!~

日本が公開した動画を見れば、韓国は謝罪すると思っていた日本政府は裏切られました。

「韓国も謝罪をすれば済んだ話」について論点をすり替えてきたのです。日本が公開した動画は、哨戒機が現場上空で自らが撮影した動画でした。「哨戒機の機長がレーダー照射を音声で知らせるシステムに関し、「凄い音」と表現しています。

韓国側はこれを「日本の自作自演」と言えば、なんら証拠能力はないのかもしれません。しかし、ワザワザ日本が自作動画を作成してまで韓国に突きつける必要性は何もなかったのです。そんなことは韓国政府も分かっているはずです。

韓国が日本の証拠動画に対抗して公開した動画は証拠動画というものではなく、韓国の「反日プロパガンダ動画」です。

その動画は、文字で日本側を批判する内容がほとんどで「韓国艦艇から火器管制レーダーを照射していないということ」や「照射後に哨戒機からの無線での呼びかけが聞こえなかったこと」そして、「北朝鮮の船を捜索していたこと」などという主張に対する証拠映像は全く含まれていませんでした。

それでも韓国が動画の中で文字で主張したのは、

韓国駆逐艦は人道主義的救助を遂行していた。作戦中に日本の哨戒機が低高度で進入した。なぜ、人道主義的救助作戦の現場で低空、威嚇非行をしたのか?

哨戒機は韓国駆逐艦の上空150m、距離500mまで接近した。乗組員が騒音や振動強く感じるほど威嚇的だった。救助作戦中の艦艇に対し非紳士的な偵察活動を続け、作戦を妨害する深刻な威嚇行為をした。

韓国駆逐艦は、日本の哨戒機に向けた射撃統制追跡レーダー(STIR)を照射しなかった。駆逐艦は当時、遭難船舶の救助のため、探索レーダーのみ運用した。万一、追跡レーダーを作動させたなら、哨戒機は直ちに回避行動をしなければならなっかった。しかし、再び接近する常識外れの行動をした。なぜそうしたのか、答えなければならない。

哨戒機の通信内容は雑音がひどく、明確に聞こえなかった。しかも、哨戒機が通信を試みた時は、既に救助作戦の上空からかなり離れた後だった。

万一、日本側が主張する追跡レーダー(照射)の証拠(電磁波情報)があるなら、実務協議で提示すべきだ。日本は威嚇的な低空飛行について謝罪しなければならない。この事案を政治的に利用せず、実務協議を通じた事実確認手続きに入るべきだ。

という内容です。韓国は何ら証拠を示さないのに日本側を攻撃することだけを目的に動画を公開したのです。

~韓国政府は論点をすり替える必要があった!~

韓国政府は「遭難船舶救助のため、人道主義的救助を行っていた」「探索レーダーのみ運用した」と主張しています。

この問題が発覚した当初は「北朝鮮の遭難船救助のための捜索」としていたのに、今回の動画には「北朝鮮籍の船」とは明記していないのです。日本のマスコミも「北朝鮮漁船の救助活動を続けてきたのではないか?」などと疑問視していましたが、遭難船の捜索に韓国海軍の駆逐艦が必要なはずはないのです。海洋警察の仕事でしょう。

そこに韓国軍の駆逐艦がいて、日本の哨戒機が接近してきた時にこれ以上の接近を妨害するために火器管制レーダーを照射したと考えることが自然なのです。韓国以外の航空機が現場に接近して韓国が日本国のEEZ内でやっていたことを他国に知られてはならず、かつ、韓国国民にも知られてはならなかったのです。

韓国政府が、日本政府の初めての抗議に対して謝罪していれば終わっていた問題なのですが、韓国国内では「政府は一体何をやっていたのか?」という国民の疑問に答えなければならなくなることを避けるために、韓日紛争に論点をすり替えたのです。

日本の哨戒機に接近されて韓国が海上でやっている国際的に知られてはまずい活動をやっていたと見ることが自然です。

~韓国は一体何をしていたのか?!~

日本の哨戒機が接近してきた時、韓国艦艇は真実何をしていたのでしょうか?文ジェイン政権は、北朝鮮にすり寄り、米朝首脳会談まで実現させてきた。文ジェインにとって北朝鮮との友好関係は政治的スローガンであり、米朝首脳会談まで実現させた立役者です。

しかし、今でも国際的な北朝鮮に対する経済制裁は緩むことなく北朝鮮の国民生活には多大な影響を与えています。

そうした中で、北朝鮮向けに外交を進める文ジェインは、国際社会の陰に隠れて北朝鮮と何をしているのか?韓国政府が韓国の近海において、遭難した北朝鮮の漁船を発見して救助することは人道的には当たり前のことです。しかし、現場は日本の排他的経済水域内なのです。こんな場所まで韓国海軍が入り込み、いったい何をしていたのか?

問題の本質はそこにあるのです。日本政府は、この事実を明らかにするべきです。現在は、韓国が何をしていたかよりもレーダー照射がされたかや哨戒機が韓国艦艇に低空飛行で接近したことが問題視されているのです。韓国はあえて論点をここへ集中させようとしているとしか考えられません。

能登半島沖まで来て、北朝鮮工作員の手助けをしていたのか?輸出禁制品を瀬渡ししていたのか?など色々な疑いを持ってしまいます。日本政府は、なぜ能登半島沖に韓国海軍艦艇がいたのか?火器管制レーダーを照射しなければならなかったのか?について追及すべきです。韓国の論点をズラす作戦に乗ってはいけないのです!

-政治
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください