スポーツ

巨人はFA補強は失敗&成功しない!歴代の獲得選手の末路が悲惨!

投稿日:

~巨人ファンはとうの昔にヤメた!~

1976年、パリーグで有名な選手であった張本勲が巨人軍に補強された時にショックを受けました。テレビで「カツーッ(喝)」と言いながら活躍しているあの張本です。

当時、巨人と言えば川上哲治監督時代で9連覇を成し遂げた後、長嶋茂雄が監督となり、張本選手を補強したのです。当時は金額的なことは話題にはなりませんでしたが、超有名なバッターが巨人入りしたいうことが子どもの私にはとても残念でした。当時、まだ子供でしたが、巨人は、他球団とは違い、外国人選手もおらずほとんどの選手が生え抜きで、よそ者を受け付けないというようなチームに見えていたのです。

張本選手が巨人に入団してからは巨人も変わったという意識を持ち、ショックでした。また、この張本は私の記憶では評判通りの活躍を見せたのです。今思えば金を使って優秀な選手を補強する巨人軍がこの長嶋茂雄監督の時から始まったのかもしれません。

その次に補強された大物は落合博満選手です。

1994年、パリーグで3冠王を3度取った落合が巨人に入団しました。これも長嶋監督でした。私はこれで巨人ファンをヤメました。それまで熱狂的な巨人ファンだった私にとって、落合選手は叩き潰さなければならない敵であったのです。

私が子供の頃、テレビはまだ白黒で、地方だったため野球中継は巨人戦しか放送されませんでした。ですから子供心に、巨人が正義の味方のウルトラマンで、他のチームは敵である怪獣チームだったのです。その怪獣チームから正義の味方チームに落合が加わったのです。このショックは大きかったのです。これで私は巨人ファンをヤメました。

~巨人は選手育成能力がない!~

当時、常に巨人、阪神は首位争い、それに中日、大洋の4チームが何とか巨人、阪神を潰しにかかっていました。広島、ヤクルトというのはいわゆるお荷物球団で、いつもこの二球団が最下位を争っており、「どこかの強い実業団チームと入れ替えろ!」と思っていました。

今ではその広島が強くなって、リーグ優勝3連覇!広島‐巨人戦を観戦していても、菅野の登板以外では巨人が勝てる気はしませんでした。広島がこんなに強くなることはあの時代には考えられませんでした。広島は巨人と違ってお金で選手を獲ってくることはせず、外国人選手以外の主力は生え抜きです。若手をじっくり育てて主力選手にするという手法が根付いているのです。その結果が現在の活躍に結びついていると感じます。その点、巨人がじっくり育てて一軍で主力となっている野手選手はほとんどいません。

坂本勇人にしても阿部慎之介にしても岡本和真、長野久義も巨人に入団してすぐに一軍入りして活躍しています。亀井義行が何とか1年以上かけて一軍に入った選手かなという印象です。巨人がじっくり二軍で育てて主軸になっている選手はほとんど見当たりません。私はもう巨人ファンではありませんが、巨人への興味は今でもあるためほとんどの巨人戦の中継は見ています。しかし、巨人の生え抜きの野手選手と言ったら安倍、坂本、長野、亀井くらいで、岡本はまだまだ若いので今後活躍するのか分かりません。

やはり、巨人には選手育成能力がないというのが私の思いです。補強に金を使うが若手育成にカネを使ってないんじゃないかというイメージです。

~張本、落合以降FA獲得した野手で活躍した選手は皆無!~

今オフに、広島カープの主軸、丸佳浩外野手をFA補強したその人的補償として、巨人生え抜きの長野久義選手を広島カープに放出した。また、西武ライオンズのキャッチャー炭谷銀次郎捕手のFA入団の人的補償としてこれも生え抜きの内海哲也投手を放出した。

そもそも炭谷は西武でも打率は2割そこそこの捕手です。小林捕手じゃあダメ!だと原監督は考えたのでしょう。炭谷と小林、捕手としてどちらが良いかと考えてもどっこいどっこいでしょう。阿部選手が捕手に戻るというのに、また宇佐見真吾選手もいるというのに、内海投手を出してまで獲得すべき選手ではないはずです。

丸選手は確かに良い選手です。今は!丸選手は5年契約で年棒は25億円を超えるのです。年5億円ですよ!しかも長野選手を放出しているのです。丸選手は活躍できるのでしょうか?長い間、巨人を見てきましたが、最初に挙げた張本と落合はある程度の活躍を見せました。その後の巨人に入団した野手選手で目を見張るような活躍をした選手は皆無であることを断言します。

ヤクルトから来た広沢克己、西武から清原和博、広島から江藤聡、日本ハムから小笠原道大、横浜から来た村田修一、日本ハムから来た片岡治大、ヤクルトから相川亮二、横浜から金城龍彦、日本ハムから陽岱鋼、誰一人として巨人に入ってから過去の成績以上の成績を残した選手はいません!この中でまあまあ活躍したというのは小笠原くらいですかね。

~FA選手は巨人では活躍できない!丸選手も同じ!~

他球団で数年活躍してFA宣言するときには既に頂点、または下降気味の選手ばかりです。巨人に入団してそれまで以上の活躍を期待することが無理があるのかもしれません。以前、よく言われていたのが、

巨人ファンはどこの球団よりも多く、常に球場は満杯状態。どこの球団も巨人戦には無理をしてもエース級のピッチャーを1試合でも投げさせる。また二流のピッチャーも大観衆の中で、「絶対に勝ってやろう」という執念を抱く。だから巨人の選手は打てない。

しかし今よく言われるのは、

巨人に入団すれば破格の年棒をもらえる。また複数年契約。そして、引退後まで面倒を見てもらえる。甘えの構造の中でハングリー精神を維持することが難しい。

丸選手は、広島で、数年前からホームランを20本前後打っていましたが昨年は39本も打っています。打率は5年前から3割前後を打っています。確かに丸選手の昨年の活躍は大したもんでした。

しかし、巨人です!丸選手が巨人以外の球団に行っていればこれまでの成績若しくはそれ以上の成績を残す可能性があったのかもしれません。しかし、巨人ですから、私の予想では、これまで以上の成績を残すことは考えられません。

そうであれば、丸選手など取らずに長野選手で良かったのではないかと思います。生え抜きの長野選手のファンは多いのです。丸選手も男前ですから、活躍すればファンは増えるでしょうが、活躍できなければボロクソに叩かれることは目に見えています。そうなれば丸選手の巨人での活躍は5年ももたなくでしょう。

~最も悪いのはナベツネこと渡辺恒雄オーナー!~

悪いのは原辰徳監督です。前にも話した通り、他球団の主力選手を大金をはたいて獲得するようになったのは長嶋茂雄監督です。野球界のヒーローであった長嶋監督は「誰でも欲しがる」と言われてマスコミからもファンからも叩かれたものです。大金をはたいた結果もそれほど芳しいものではありませんでした。

それを真似しているのが原辰徳監督です。原監督も大金をはたいて他球団の主力選手を獲得する手法は長嶋監督を手本にしているように思えます。原監督は3度目の監督就任です。長嶋監督は2回監督に就任しています。長嶋監督は高齢で病気の後遺症があり、長嶋を3度目の監督にすることはできなかったので、原監督が3度目の監督就任となったのです。他球団の有力選手、しかも、絶頂期を終えそうな選手を獲得する手法は何も変わらないのです。これで巨人が強くなることは絶対にあり得ないのです。

何故巨人フロントはこのことに気づかないのでしょうか?全て渡邊恒夫巨人軍オーナーの独断で全てを決めているからです。野球のことが分かっていないナベツネの一言で全てが決まってしまうのです。ナベツネが死ななければ巨人は変わらない!と言っても過言ではないのです。ナベツネが死ねばナベツネと確執のある桑田真澄が監督になる可能性もあります。

桑田の野球センスや野球哲学は10前までの新人投手たちが絶賛していたのです。桑田が監督になればお金で選手を獲得する手法から自軍で選手を育成してチームを作る方法に変わっていくと見ています。それで優勝できなくても生え抜き選手が頑張っている姿を見れば巨人ファンも納得するでしょう。

ファンは巨人に優勝して欲しいに決まっています。どの球団のファンでも同じなのです。しかし、「お金を使ってでも巨人が優勝しなければならない!なんて思っているのは巨人フロントとナベツネくらいのもんでしょう。本当の巨人ファンはそんなことは思っていないのです。真の純粋な巨人選手からなる読売巨人軍を見てみたいものです。そうなれば私も胸を張って巨人ファンであることを公言できると考えています。

-スポーツ
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

セネガル敗退でFIFAに抗議!フェアプレーポイントとは?日本代表は試合放棄!

~セネガルサッカー連盟がFIFAに抗議~ セネガルサッカー連盟(FSF)が、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、日本代表が、ポーランド戦で0-1で負けたままボール回しに終始して、セネガル代表とフェアー …

延岡学園バスケ部審判殴る動画は!没収試合!留学生の国籍や名前は?

~稀に見る高校試合中の暴行事件~ 6月17日、長崎県大村市で開催された高校バスケットボール九州大会男子準決勝、延岡学園高校(宮崎県)対福岡大学大濠高校(福岡)の試合中、延岡学園の外国人選手が審判に暴行 …

サッカー日本代表パス回し&時間稼ぎに批判殺到!コロンビアに感謝?

~ポーランドとの敗戦を選択した日本代表~ サッカー日本代表は、ワールドカップロシア大会で、28日、ポーランドと戦っい、先制点を取られた日本代表は、0-1で負けました。この試合と並行してセネガル対コロン …

日大アメフト宮川選手と意見の食い違い!真実は?マスコミの質問がおかしい?

・日大ラフプレーに対する偏向報道 報道は、「米中会談中止」よりも、日大アメフト部のラフプレイ問題が重要らしく、ワイドショーでもラフプレイに時間を割いているようです。宮川選手の会見が「まじめ」で「誠実」 …

大坂なおみのコーチでイケメン・サーシャバインとは!セリーナもコーチング?

~大阪なおみ全米優勝!明らかに成長!~ テニスの4大大会のひとつ、全米女子オープンシングルス決勝で強豪セリーナ・ウィリアムスを6-2、6-4のストレートで破り見事優勝した大坂なおみ選手(21歳)。明ら …