事件

岐阜県警の人事異動で顔写真に呪の文字!幹部&イタズラしたのは誰?

投稿日:

~警察幹部の顔写真に書き込みの報道~

岐阜県警の春の定期人事異動で、報道各社に配布された異動対象者の顔写真画像データの一部に、「死ね」や「呪」の文字が書き込まれていたことが28日、分かった。

問題の顔写真は2月、県警が発表した春の人事異動で、報道各社にメール送信された幹部の顔写真の中に含まれていた。異動対象者の1人の白いワイシャツの部分に、白い文字で二つの「呪」の文字と、「死ね」の文字が書き込まれていた。

画像データは、県警の警務課から広報県民課を通じて、報道各社にメール送信された。警務課が保存する写真にも同様の文字が書き込まれていたという。

この幹部の昨年3月の異動に当たり、別の顔写真の画像データが報道各社に配布されたが、書き込みはなかった。今回、書き込まれた時期や方法は分かっておらず、県警は職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べている。

数日前の自宅の新聞には、私の住む県警察の人事異動に伴い署長級幹部の顔写真が掲載されていました。とても小さな写真です。岐阜県でも同じように小さな顔写真が掲載されるでしょうから、新聞に掲載しても書き込み文字は映らなかったでしょう。

今回、警察内部では気づかず、写真の提供を受けた報道機関が気づいて、警察に情報提供がされたようです。県警内部で気づいていれば、写真を差し替えて報道機関に配布したでしょうから県警では気づかなかったということですね。

~現役警察官から聞いた話!~

この記事を見て、知人の現役警察官3人から話を聞いてみました。

55歳警部補

こういった写真は通常、警察署の警務課や県警本部の警務部で写真撮影され、すべてが県警のネットで本部警務部に送信され、そこで集約される。顔写真は、ネット上に保管されているので、警察官や職員ならだれでも見れるし書き換えもできると思う。この幹部に恨みを持っている警察官が書き込んだんだろう。警察官は、署長級の幹部に直接文句を言えば不利益処分を受けるから言えないし、こんなことで恨みを晴らすことくらいしかできない。誰がやったかは調べればわかる可能性はあるが、そんなことを本気で調べても意味がないと思う。

47歳巡査部長

警察内部では、パワハラは当たり前のようにある。一般的にパワハラで処分されるような幹部は、民間などでは考えられないようなパワハラをした場合に処分を受けることはあるが、民間企業などでの一般的なパワハラで処分を受けることはない。僕は以前刑事課に勤務していたけど、何も失敗もしていないのに上司や先輩から怒鳴られ続けた。そんなことは刑事課では日常的にあった。このいたずら書きをされた幹部もパワハラしてたくさんの部下から恨みを買っていたんだろう。今後、書き込んだ警察官が分からなければ、他の県警でもこんな落書きがはやるんじゃないか。

40歳巡査部長

現場で苦労しながら幹部になった人は良い人が多い中、機動隊や本部の警務部門で現場の苦労も知らずに昇任していった幹部たちは、ろくでもない奴が多い。現場を知らないから、数字が全てだったりで、特に検挙実績についてうるさく言い、実績の悪い警察官に対してはひどい仕打ちをする。そうなると、そんな幹部に対してほとんどの警察官が悪口を言う。「殺してやりたい」と口にする人もいる。いたずら書きされた幹部の名前が公にされれば、書き込んだ警察官の恨みは晴らされるのかなと思う。

この3人の警察官の話からすると、

  • 警察ではパワハラは当たり前!
  • 幹部の顔写真は誰でも書き込みができる!
  • ひどい幹部警察官がいる!

などということが分かりました。

~報道機関が気づくように考えていたのか?~

こんな書き込みをはっきりとした文字で書き込めば、すぐに気づかれて元に戻されていたでしょう。書き込みは、顔写真の白いカッターシャツに白い文字で書きこまれていますから、ちょっと見ただけでは気づかれないようになっていたようです。

気づかれにくい文字だから報道機関に提供された後に報道機関から警察に情報提供されたのでしょう。書き込んだ人は気づかれないように報道機関に提供されるように考えて書き込んだのかもしれません。

もし、警察内部で発見されていれば公になることはないでしょうし、書き込んだ警察官の恨みは晴らされなかったでしょう。しかし、これを報道機関が知ってしまった以上、内密に警察に情報提供してい終わらせるはずはないわけです。どこの報道機関が最初に気づいたのかわは分かりませんが、最初に気づいた報道機関は「これは面白い。記事にしよう」となったのでしょう。

それでも、提供を受けた岐阜県警に何も言わずに報道すれば信頼関係を損ねることになりますから、一応岐阜県警に情報を提供した後、報道したのでしょう。その時、書き込みされた幹部警察官の名前も公表すると言ったかもしれませんが、警察は「それは勘弁してくれ。」とお願いしたのかもしれません。

~バレなきゃいいけど!~

もし、岐阜県警に内緒で幹部警察官の名前を公表して報道したなら、「名誉棄損」で訴えられる可能性もありますから、報道機関の独断ではできなかったのでしょう。

40歳巡査部長の話でもあったように、名前が公表され「この署長さんは内部で評判が悪いんだ」と世間に知られれば書き込んだ警察官も恨み晴らせたとうことになったのでしょうが、ちょっと残念ですね。

だけど、書き込んだ警察官は「やばい!バレなければいいけど…」と夜も眠れない日が続いているんじゃないでしょうか?

バレないことを願います!

-事件
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください