事件

大阪府四條畷市立中学校教諭が学校側を提訴!校内暴力で不適切対応!

投稿日:

~なぜ今なのか?~

大阪府四条畷市立中学校に勤務する40代の男性教諭が、校内で男子生徒に殴られて重傷を負ったのに、学校側が救急車を呼ぶなどの対応をせず、公務災害の申請も妨げられたとして、市などに計920万円の損害賠償を求める訴訟を28日、大阪地裁に起こした。生徒からの暴力を巡り、現職教諭が学校側を訴えるのは異例だ。

訴状によると、教諭は2013年12月の給食時間中、教室の扉を蹴った1年生の男子生徒を注意したところ、顔を殴られた。さらに両手首を強く締め付けられ、膝蹴りを受けた。鼻の骨を折るなどの重傷を負ったが、学校側は警察や消防に通報しなかった。

直後から休暇を余儀なくされ、当時の校長に公務災害の申請を依頼。しかし、校長は「保険で治療しないか」「目撃者がいないので書類が書けない」などと拒否し、約3カ月後まで手続きしなかったと主張している。

と報道されました。

2013年に起きたケガについて、なぜ今頃になって争うのでしょうか?目撃者がいなかった」という話になっていますから、今になって校内暴力を受けた事実を認定すること自体が難しい気がしますが…。

~なぜ、校長は公務災害申請を拒んだのか?~

しかし、何度も手術を受けているということになれば生徒からの暴力は実際にあったのでしょうが、なぜ校長は公務災害として認めなかったのでしょうか?校長としては、自分の将来や出世のために学校が荒れていることを教育委員会に隠していたのではないかと推察されます。

公務災害の申請を受理して教育委員会に事実を話せば、自分が校長を務める中学校で校内暴力が日常的に行われていることが明らかになってしまいますからそれを恐れたのでしょうか?それならどうしようもない校長です。

~なぜ、被害届を出さなかったのか?~

「学校側は警察にも消防にも通報しなかった」とありますが、自分ですれば良い話です。

「目撃者がいないいから書類がかけない」というのであれば、それこそ自分で警察に被害届を出せば良い話です。警察に被害届を出せば、教育委員会に知られることとなりますから、校長が止めたのかもしれませんが、それでも被害届は個人の権利ですから、自分で警察に提出して、現場検証や加害生徒からの事情聴取をやってもらっておくべきだったと思います。

そうすれば、加害生徒の日常的な校内暴力も明らかになり、それなりの保護処分が課せられ、善良な他の生徒も平穏な学校生活が送れたはずです。

~加害生徒の保護者に賠償請求すべき!~

教諭は何度も手術を受け、公務災害と認められた。15年10月に復職し、現在は別の私立中に勤務するが、手首の痛みは消えないという。

教諭側は、以前からこの生徒による暴力行為があったのに、学校側が出席停止にするなどの対策をとらず、公務災害申請も妨げるなど、安全配慮義務を怠ったと訴えている。

後に公務災害と認められていますから事実認定をしてもらったのでしょう。そうであれば、加害生徒の保護者に損害賠償請求をするべきでしょう。それをしたような記事はありません。学校に対する損害賠償請求をするなら、自分に傷害を与えた加害生徒やその保護者にも損害賠償請求するべきでしょう。

公務災害で支給される治療費などは税金から支給されるのですから、県や市が不法行為によって教諭に傷害を負わせた加害少年やその保護者に請求するのが当たり前のような気もします。

この教諭は結果的に公務災害と認めてもらっているのですから、認められる前にかかった治療費も休職した間の給与も受け取っているのだと思いますが、その辺がよく分かりませんのでその辺の事実関係についても報道して欲しいものです。そうでなければこの訴訟が適正なものか否か読者には判断がつきません。

~学校は生徒・教諭を守ることを考えろ!~

今年1月に東京都町田市の都立高校で、生徒が50代教諭を挑発したため、教諭が生徒に暴行を加え、その動画がネット上で流れ、ワイドショーなどでも取り上げれられました。当初、教諭が謝罪したということで終わっていましたが、その後は、教師を擁護する声が多くなりました。

当然でしょう。当時、校長の会見では「教員の暴力は絶対にあってはならない。遺憾に思っています。」と言ったのですが、それは、体罰絶対禁止派からの批判を避けるためには仕方なかったのでしょうが、そんなことで、校長や教諭が学校の風紀や善良な生徒を守れるはずはないと思います。

今回のこの教諭の提訴は自分のためにすることなのでしょうが、加害生徒は日頃から暴力行為を行っていたそうですから、学校側は教諭が被害に遭う前に手を打っていなければならなかったはずです。そして、この教諭に対して加害行為を行ったときに四条畷高校と教育委員会が一緒になってこの様な生徒を学校から排除するような措置をとることを一緒になって考えなかったことが問題なのです。

暴力がいけないことは誰でもわかっていることです。しかし、何かを守るために有形力の行使を用いることは暴力とは言わないのです。正義のために使う有形力の行使は暴力ではありません。法律で許されている正当防衛や緊急避難に当たる有形力の行使だけではなく、正義のために許容しなければ学校の平穏や善良な生徒を守ることはできないのです。

~賠償金は血税である!~

もし、学校側が敗訴して賠償金を払わなければならなくなれば、その賠償金は血税から支払われるのです。そうなれば、次は、県や市が加害少年に賠償請求するべきです!

-事件
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大阪府警保護後に酔っ払い男性がパトカー内で死亡!死因は肺うっ血?

~酔っ払いをパトカー内に押し込める動画を公開~ 大阪府警は21日「泥酔した男性会社員(豊中市居住、33歳)が、保護されて、警察署まで搬送途中のパトカー内で死亡したと発表しました。22日、司法解剖の結果 …

永住政己(住職)の逮捕理由は覚せい剤!片岡不動尊とは?中学3年生から?

~中学生から覚せい剤をやっていた住職~ 北九州市若松区桜町の「片岡不動尊」の住職永住正己容疑者(57歳)が覚せい剤使用の疑いで逮捕されたと、9日、九州厚生局麻薬取締部が発表しました。逮捕容疑は、10月 …

ゴーンの保釈不許可!現在が激やせ&やつれた!海外メディアが批判?

~ゴーン被告保釈不許可!~  東京地裁は15日、前日産自動車会長カルロス・ゴーン(64歳)の保釈を認めない決定をしました。ここまで「勾留期間が長すぎる」とか「弁護士も立ち会えずに取り調べを受けている」 …

川淵三郎がツイッターで謝罪!バスケ買春写真撮った記者を批判で炎上も?

~川淵三郎が怒り!反日朝日新聞!~ 川渕三郎日本バスケットボールエグゼクティブアドバイザーが、25日Twitterを更新し、「新聞記者のとった態度に納得がいかない」と怒っています。 ジャカルタアジア大 …

樋田淳也容疑者が富田林署留置場から逃走!弁護士接見中?平尾龍磨との違い?

~樋田淳也は「被告」、平尾龍磨逃走犯との違いは?~ 8月12日(日曜日)大阪府警富田林警察署の留置場で、弁護士と接見中だったはずの樋田淳也容疑者が逃走したというニュースが流れました。全国民が「またか! …