スポーツ

宮川紗江が体操協会へ反省文!パワハラは思い込み?高須院長がスポンサー!

投稿日:

~宮川紗江選手、体操協会に反省文提出!~

あれだけ世間を騒がせた日本体操協会パワハラ問題。その告発人とも言えるリオオリンピック代表の宮川紗江選手(18)が体操協会から反省文の提出を求められ、既に提出しているとの報道がありました。なのに、このニュースが報道されることはほとんどありません。なぜなのでしょうか?

日本体操協会は、9日、理事会を開き、リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)が「パワーハラスメントを受けた」と塚原光男副会長(71)と塚原千恵子・女子強化本部長(71)を告発した問題で、宮川選手の一部の言動が千恵子強化本部長の名誉を傷つけたなどとして、宮川選手に反省文の提出を求めることを決めた。反省文はすでに提出されているという。

~ワイドショーは視聴率のために連日塚原夫妻叩き!~

昨年8月、宮川紗江選手が、突然の記者会見を開き、塚原千恵子女子強化本部長らから受けたパワハラについて淡々と語りました。協会側は、宮川選手のコーチであった速見佑斗コーチによる暴力問題などで速見コーチをクビにするため、パワハラを受けた当の本人である宮川選手から話を聞き出そうとしたのですが、宮川選手は速見コーチの肩を持つような発言を繰り返しました。

それによって、協会内から暴力・体罰をなくすために頑張っていた塚原本部長らが厳しく宮川に問い詰めた際に発した言葉について、宮川選手は「塚原本部長からパワハラを受けた」協会の許可を受けずに記者会見を開き、塚原夫妻から受けた「パワハラと感じた部分」について淡々と喋ったのです。

・速見コーチの暴力について認めないとあなたが厳しい状況になる

・家族でどうかしている宗教みたいだ

・東京五輪特別強化選手に申し込まないと協会として協力できない。五輪に出られなくなる

などと言った塚原本部長の言葉を捉えて「パワハラと感じた」と話しました。当時18歳で、まだ化粧もしていない子供顔の女の子が高齢の塚原千恵子氏らを相手取ってパワハラを受けていたと発表した時点から、テレビのワイドショーは騒ぎ立て、それを見たほとんどの日本国民は塚原夫妻を悪者にするようになりました。

そして、体操協会副会長であった具志堅幸司氏が「18歳の少女がウソをつくとは思わない」と発言しました。18歳未満の女子による非行はたくさん発生しているのに、「なんて馬鹿なことを言っているんだ」と思いましたが、国民のほとんどは具志堅副会長と同じ感覚で宮川紗江選手の記者会見を聞いていたはずです。

この会見の後は、すべてのワイドショーで「悪いのは体操協会そして、塚原夫妻」とレッテルを張り、視聴率を伸ばすことだけを考えて塚原夫妻叩きを長期間にわたり続けたのです。

~ワイドショーが国民を煽動!~

そして、国民がそろそろこの問題に飽きたなと思った頃にはこの話題は全てのワイドショーから消えてしまいました。

当時ワイドショーで引っ張りだこだったオリンピックメダリストの池谷幸雄氏何度もワイドショーに出演して、体操協会・塚原夫妻バッシングを繰り返し、時には泣きながら訴えていました。この頃、国民のほとんどが体操協会・塚原夫妻は「悪い奴」と考えるようになっていました。正にワイドショーの情報操作による煽動と思って見ていました。

そして、第三者委員会は塚原夫妻のパワハラはなかったとしながらも不適切な言動があったとし、特別調査委員会は、2人を任期限りで退任させることとした一方で、宮川選手の発言により、塚原夫妻の名誉を毀損したとして反省文の提出を求めたのです。

しかし、宮川選手は既に自主的に反省文を提出したとのことです。その内容については公開されていませんが、これを協会側が受理したというのであればそれなりの反省が書かれていたのでしょう。また、池谷氏に対しても一連の協会に対する発言が公正さを欠くとして会長厳重注意とし、誓約書の提出を求めるというのです。

~小金稼ぎの噺家立川志らくの意味不明発言!~

この報道に関し、ワイドショーで小金を儲けている落語家の立川志らく(55歳)が、またまたワイドショーで

反省文を書けっていう時点でパワハラのような気がする。パワハラがなかったとしても当人はパワハラがあったと思っていたんだから、心のケアを考えてあげればいいのに。逆らったら反省文を書けって(いう)協会は、どこぞの独裁国家と変わらないじゃないですか。反省文書けなんていったら世論は黙っちゃいないっていう、それすらわかんないのかってこと。書いちゃったものはしようがないけれども、これおかしいですね。パワハラ受けたっていう人に対する仕打ちとしては。なんで心のケアをしてあげないんだ。

と話したことがネット上で取り上げられています。いつも大したコメントをしない。視聴者が喜ぶような発言しかしない。それで人気を得ているのでしょから仕方がないのかもしれませんが、「パワハラがなくても受けた側があったと思ってんだから」という発言意味不明です。「無いのにあった」と言った場合に言った方が正しいとする考え方はどうなのでしょう?国民を前にして発言する内容ではありませんし、テレビ局ももう少し人選考えたほうが良いと思いますよ。

また、「逆らったら反省文を書けということが北朝鮮と変わらない」とはどういうことなのでしょうか?北朝鮮では、逆らったら処刑されるんですよ。反省文じゃあ済みませんよね。比較の対象にならないものを例に挙げて到底、噺家とは思えません。ワイドショーで小金稼いでないで、しっかりと噺の勉強したほうがいいですよ!

~セレブ高齢者高須院長の意味不明発言!~

次にセレブで金の力を背景に好き放題発言し、「俺が正しい」と主張する美容外科高須クリニックの高須克弥(74歳)院長。この反省文報道を受けて、

パワハラって…受けたと感じたのがパワハラでしょ?万が一それが間違いだとしても、反省文欠く必要のあるのは加害者側ではないかな?僕の認識が間違ってるのかな?僕はこの処分がパワハラだと感じます。

とtweetしました。はっきり言って間違っています!高齢者は人の言うことを聞きません。自分が考えてきたことやってきたことが正しいと考える人が大半です。ましてや医者として成功してきた高須院長は正にこの典型ともいえる方です。

宮川選手が記者会見を開くとすぐに「スポンサーになる」と言って、現在でも速見コーチに報酬を与えて2人をサポートしているのです。宮川の会見後に報道された「速見コーチの宮川に対する暴力動画」を見ても何も発言しませんでした。かわいそうな宮川選手をお金で助けてあげる優しいお金持ちのおじいさんという好印象をアピールしたかったのでしょう。

~「受けた側がパワハラと思えばパワハラ」は危険!~

「パワハラを受けたと感じた者がパワハラを受けたと告発すれば、それが全てパワハラとなる。」それによってパワハラをしていない上司がパワハラにより処分を受けるなどということはあってはいけません。部下が、嫌いな上司に対して攻撃する一つの手法にさえなってしまいます。

「受けた側がパワハラと感じたらそれはパワハラ」という考え方は絶対にあってはなりません告発した側が全て正しいとは限らないのです。世の中には乱告発者という者がますし、被害妄想の人もいます。精神的に不安定になって他人の発言を異常に恐れる者もいます。そんな人たちが自分の感じ方だけでパワハラを受けたと告発したらどうなるでしょうか?

最近では、子どもが自死してその保護者が「いじめが原因だ」として、学校や教育委員会を追及し、学校側がいじめはなかった又は確認されなかったと発表すると「子どもが死んでいるんだからいじめはあったはず」とする声が必ず聞こえてきて、学校や教育委員会を非難することがしばしば行われます。また、昨日も小学生2人が飛び降り自殺をしたとの報道もありました。

この様な風潮が、子どもからすれば、嫌いな学校や友達に対して何か仕返しをしたいと考えたときに安易に自殺を図ることに繋がっているような気がします。「自殺すれば自分が嫌いな奴らを苦しめることができる」とさえ考えて安易に自死する子供が増えているような気がします。

~ワイドショーは総括すべき!~

ワイドショーは、日本体操協会の結論が出た時点で、宮川選手の発言は真実だったのか?池谷氏の体操協会に対する発言は何だったのか?そして、塚原夫妻、体操協会の要人を出演させて、事件の全体について考察し、報道の在り方についても討論されるべきだと考えます。

視聴率が稼げないから無理なのでしょうか?

-スポーツ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください