生活

たばこの害はウソ&真実?副流煙は喫煙者が吸う!喫煙禁止法を作れ!

投稿日:2018年4月10日 更新日:

~100歳以上は煙の中で生きてきた!~

昭和の時代、日本国民の85パーセントが愛煙家でした

今は25パーセントを切っているそうです。

現在、100歳を超えて生きている方が8万5千人を超えています。

昭和の時代には100才を超える人は稀で、県知事が表彰状を授与していました。

現在100歳以上を生き続けてきた方々は、喫煙率85パーセントの時代を生きてこられたのです。

現代社会では、タバコの害悪が科学的立証も無いまま、疫学的な統計によりタバコを吸えば肺がんになるだとか、タバコにはたくさんの発がん性物質が含まれているなどと言われ、それが真実だと国民の大半は信じこまされています。

~煙の中で生きてきた高齢者!~

私が就職した30年くらい前は、事務所の机には灰皿が置かれ、喫煙者は勤務中にタバコを吸いながらデスクワークをこなしていました。

外出先から事務所に戻って扉を開けた途端、部屋中に煙が充満しており、真っ白い煙の中で非喫煙者も仕事をしていました

そうなると誰かが煙たいからと窓を開けていたのです。

 

非喫煙者は、「臭いね」などと言う人はいましたが、タバコの煙が体に悪いという人などほとんどいませんでした。

当時、煙の中で一緒に働いていた現在では80歳以上になる方々のほとんどは今でも元気で平均寿命以上を生きておられます。

~副流煙のウソ~

”副流煙”という言葉は、1981年、国立がんセンター疫学部長であった平山雄氏の論文により発表されたそうです。

この方は、いわゆる統計学の専門家でした。

平山氏は論文の中で、喫煙者の妻と非喫煙者の妻、合計約9万人を追跡調査し「喫煙者の妻の方が肺がんにかかる確率が2倍となる」と断定したそうです。

これには世界中から疑問の声が上がったそうで、調査した約9万人のうち喫煙者の妻が約7万人、非喫煙者の妻が約2万人だったそうです。

疫学を知らない人でもこんな不公平な統計の取り方があるのかと疑問を持つのは当然でしょう。

この約9万人の方は、生活環境も違い、食べる物も飲む物も皆違うわけですから、肺がんの原因をタバコだけと捉えた統計に何の意味もないはずです。

 

「たばこを吸う人よりもたばこを吸わないで副流煙を吸う人の方が害がある」などとも言われています。

しかし、よく考えてみて下さい。

副流煙を最も多く吸っているのは、タバコを吸う人本人なのです。

お判りでしょうか?

周囲に誰もいないところでタバコを吸う場合、その副流煙を吸うのはタバコを吸っている人だけなのですから。

 

最近、厚生労働省では、受動喫煙によって肺がん、脳卒中等で死亡する人は、年間1万5000人」と発表しています。

厚生労働省は相変わらずいい加減な省庁ですから信じられません。

昭和の頃から厚生省は「インフルエンザ予防には”うがい”が一番だ」と言ってきて、インフルエンザが流行る季節にはそれを信じて帰宅したらうがいをしていました。

しかし、最近、厚労省は、「インフルエンザにうがいは効果なし」と発表しました。

厚労省にまつわるこの様な話は後を絶ちません。

また、タバコを作る会社であるJTもこの受動喫煙によるリスクに関しては否定しています。

タバコを作る会社は喫煙者を減らしたくないから必死で研究するでしょう。どちらを信じますか?

この様な副流煙の害についても本当かウソか分からない話もマスコミなどによる報道で一般国民のほとんどが真実だと思ってしまっているのです。

嫌煙派の方は「そうだそうだ」と声を上げるのは仕方ありませんが、最近では愛煙家の方までこの様な話を信じてしまっています。

「言い続ければウソでも本当になる世界」

が怖いのです。

~喫煙禁止法!~

小池百合子都知事2018年4月から東京都庁を全面禁煙にする等という話もありますが、小池さん。昨年の衆議院議員選挙でズッコケてから、何とか好感度を上げようとしているのでしょう。

また、奈良県生駒市でも、2018年4月からは、市役所のエレベーターに、喫煙した後45分間は乗れないなんて規則を作ったらしいです。

生駒市なんて行ったことないですがやり過ぎにもほどがあって、笑えるネタですね。

 

また、「勤務中、タバコ吸う人ばかりが休憩をとっている」なんて嫌煙派がよく言っています。

非喫煙者は8時間勤務の中で全く休まないで働いているんでしょうか。

私の職場では非喫煙者の方もお喋りしたり、お菓子を食べたりして休憩を取りながら働いています。

喫煙者だけが休憩をとっているなんて話は違うように思います。

覚せい剤や大麻などの薬物は、法律でその使用等を禁止されています。

タバコを吸うことが自分の体を蝕み、また他人の体まで蝕むことが真実だと証明されているなら喫煙行為を法律で禁止するべきです。

タバコ製造も禁止すべきだし、するはずです。でもできないんです。何故ならばタバコの害が証明されていないからにほかなりません。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください