政治

日韓関係の破綻で今後の展望は?修復不可能?G20での日韓首脳会談拒否!

投稿日:

~韓国の女外相による宣戦布告!~

とうとう韓国政府による「宣戦布告」とみられる発言が報道されました。徴用工問題をめぐって日韓関係が冷え込む中、韓国政府は日韓請求権協定に基づく協議を求めてきた日本政府を無視し、元徴用工側による韓国国内にある日本企業の資産を現金化する手続きを進めています。日本はこれを傍観していてはいけません。

この現金化が実現し、徴用工側に渡された時点で日本は報復措置を検討していることは間違いありませんがそれでは遅すぎます。こんな中、韓国の文在寅大統領の子分である女外相康京和が宣戦布告と認められる発言を行ったのです。

徴用工問題をめぐり韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、原告側による日本企業の資産現金化手続きに日本政府が対抗措置を取った場合、「我々も黙っていることはできない」と述べ、対抗する考えを示しました。

との報道です。

日本政府は今年3月、麻生副総理が徴用工賠償判決と関連して日本企業の差し押さえが実施される場合の対応策として「関税だけでなく、送金停止、ビザ発行の停止など多様な報復措置があると思う」と発言し、韓国側に脅しをかけてきました。

しかし、韓国側はこれをガン無視して好き放題をやってきたのです。そして、女外相のこの発言です。これは、「徴用工問題は日本が悪いのに何言ってんだ!日本が仕掛けてきたらこっちもやってやる!」という発言です。

明かな宣戦布告と捉えるべきです。

~日本から攻撃を!~

文在寅政権になって以降の日韓問題は全て韓国側が仕掛けてきたものです。日本側が韓国に対して仕掛けたことは何もありません。

国際観艦式での旭日旗掲揚問題、火器管制レーダー照射事件、反日教育の深化、天皇陛下侮辱発言、日本の水産物輸入禁止などなど数えればキリがありませんが、全て韓国側による作為的な日本攻撃です。これに対して日本政府は弱腰外交を続け、「いつかやってやる」発言に終始していました。

「いつかやってやる」発言の「いつか」は今です!この女外相の発言を黙認していては日本政府はおしまいです。ここで何らかの報復措置をしなければ韓国はつけあがるばかりです。今、日本から攻撃を仕掛ける番です。

~G20に韓国は呼ぶな!~

今月27日から29日にかかけて大阪で開催されるG20の中で、日本は韓国を無視する立場をとりました。これに対して韓国政府関係者が、

韓日首脳会談は行われない。我々は会談の準備はできているが、日本はまだ準備ができていないようだ。

と発言したとの報道がありました。日本側は「議長国なので日程が詰まっていて韓国との首脳会談をする暇はない」と拒否したのです。条約を順守せずに勝手な振る舞いをする韓国を無視した形ではありますが、攻撃とは違います。

G20とは世界の主要国と新興国の元首や蔵相などが集まる国際会議です。そもそも韓国って世界の主要国でもない、新興国でもありません。なんでこんな国をG20やサミットに呼ばなければならないのでしょうか?韓国なんてのは人口約5000万人でGDPは東京都と同じレベルです。こんな国を呼ぶ必要があるのでしょうか?

開催国の権利として、韓国は呼ばない、「来るな!」と言うべきです。これこそが日本からの初攻撃になるのです。

~韓国側に準備ができていない!~

韓国政府側は、

我々は会談準備ができているので現場で日本が会おうと要請するなら、いつでも安倍首相に会うことができる

と言ったのです。

韓国側が本当に安倍首相との会談を望んでいるのであれば、徴用工判決問題をどのように解決するのか、どのような解決策を考えて日韓関係を好転させようと考えているのか、最低限それくらいの案を示さなければ韓国が日韓首脳会談の準備が整っているとは言えません。

韓国側が言う、「日韓首脳会談の準備が整っている」というのは何をもってのことなのでしょうか?なぜ、安倍首相が文大統領と会おうとしないのかを理解していない訳ではないでしょう。上から目線の韓国は、日本側の声を明らかに無視しており、許しがたい行為です。

~文在寅のバカな提案!~

日本が韓国に対して、日韓請求権協定にっ基づく2国間協議の開催を呼び掛けてきましたが、韓国はこれを無視し、文在寅大統領は先日…

元徴用工への賠償のために、被告の日本企業を含む日韓企業が出資する財団を創設し、原告に慰謝料を払う「和解案」を日本政府が受け入れれば、日韓請求権協定に基づく2国間協議に応じる用意があると発表した

と報じられました。

日韓請求権協定では、協定に関して紛争が起きた場合、外交上の経路を通じて解決し、それでも解決できなかったら仲裁委員会を開くことを決めています。その中で第三国の仲裁員を指名して行うことも条約に規定されているのです。日本は韓国に対して仲裁委員会の開催を求めてきたのですが、韓国側はこれを無視して、文大統領が発した「和解案を受け入れるのであれば協議に応じる」と条約を無視して上から目線のバカなことを言っているのです。

韓国政府は、慰安婦問題の日韓合意に基づいて「最終的かつ不可逆的な解決」を明言して設立された「和解・癒し財団」を日本を無視して勝手に解体させてしまったばかりなのに、また財団を作ろうなんてよく言えたものだと思います。韓国の提言を受け入れて財団を作ったとしてもまた数年経過した時点で勝手に解体されることになるでしょうし、恥を知れ!と言いたい。

~日本からの攻撃を!~

何度も言うようにこれまで全てが韓国側から日本に仕掛けられてきた攻撃ばかりです。これまで日本は、大人としての外交を韓国相手に進めてきましたが、韓国に対して紳士的に対応しても意味がないことが明らかになった訳ですから、次は日本が韓国に対して攻撃を仕掛けるべきです。

攻撃の種類は何でも良いのです。日本側が攻撃を仕掛けないから韓国になめられているということを分からないとダメです。関税でも送金停止でもなんでもいいのです。Lineなどの韓国企業を締め出す策でも考えるべきです。もう時間的な余裕はありません!

-政治
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください