事件

丸亀署の生活安全課員がリサイクル店で事件?「わしは生安や」を告訴!

投稿日:

~恥さらしの警察官!~

丸亀警察署の現役警察官が、リサイクル店で嫌がらをせしている動画が話題になっています。

香川県警の丸亀署の署員が、使用で訪れたリサイクル店でトラブルを起こし、威力業務妨害などの疑いで店側から刑事告訴されていたことがわかりました。

店や警察によりますと、丸亀署の男性警察官は6月11日、丸亀署のリサイクル店に私物の食器やぬいぐるみを売りに訪れました。その際、持ち込んだ皿1枚が割れていることがわかり、店員が持ち帰るよう求めたところ、署員は「店員が割った」と主張しました。

 

なんで、この警察官が刑事告訴されたのでしょうか?動画ではこの警察官のリサイクル店員に対する執拗な口撃をしたのです。安っぽい皿1枚のために、暴力団のような口撃をしたのです。しかも私用で、私服で来店した男が自分が警察官であることまで暴露したのです。暴露したことによって警察官である自分はもとより、香川県警を始めとする全国警察の恥をさらすこととなったのです。今でもこんな威圧的な警察官がいることに驚いてしまいますが、わざわざ警察官を名乗るということは自分のやった行為を恥じていないということなのでしょう。

~「わしは生安や!」ハアッー?~

この男は対応する店員に、「わしは生安や!」とすごんだそうです。

署員は生安(生活安全課)の古物の担当者だと話した上で、「今度立ち入りしようか」などと威圧的な発言をし、約1時間にわたって、店に居座ったということです。

後日、この署員と上司が店を訪れ、謝罪しましたが、店側は対応に不信感を抱き、7月1日、香川県警察本部に告訴しました。県警は、告訴を受理して威力業務妨害と不退去罪の疑いで捜査しています。

男は私服でリサイクル店を訪れ、カウンターの上に段ボールに入った食器などを置いて購入するよう求めたそうです。その後、店員が中を確認したところ、皿1枚が割れていたとのことです。

ということは店員が割ったものでないことは明らかで、男が運搬する際に割ったか、カウンターに置いた際の衝撃で割れたのだと考えられます。もう一つ考えられることは、既に割れていたものをリサイクル店に運び入れ最初から嫌がらせ目的または、金員目的でやったという可能性も否定できません。

理解できないのが、「わしは生安や!」とすごんで見せたこと、そしてこの言葉に驚いたのか店員が弱気で対応したことです。暴力団の名前を出して、「俺は○○組のモンや!」とすごんだのであれば、すごんだ理由もすごまれた方が弱気になるのも分かります。しかし、「生安や!」つまり、警察官であることを告知されてなぜ、そんなに店員が弱気な対応をしなければならなかったのかが不思議です。

普通警察官と分かった段階で、「警察官がその言い方はなんじゃー!」と逆にすごんでも良いのではないでしょうか?もちろん、「俺は○○組のモンや!」とすごんだだけで脅迫行為に当たりますが、「警察官や!」とすごんでみても脅迫行為には当たらないのが一般的です。

~生安はリサイクル店の許認可権を持っている!~

警察署の生活安全課と言えば通常は、少年事件や少年の健全育成のために働く少年係、風俗事件、経済事件やサイバー事件捜査を行う捜査係、ストーカーやDV事案などを取り扱う人身安全係、そして、風俗営業、猟銃、火薬、警備業などの許認可や指導を行う生活安全係などがあります。

今回の男は、生活安全係で勤務する警察官でしょう。声の感じや態度から50歳を過ぎていると見られ、生活安全係で係長をやっている警察官だと見られます。

リサイクル業者は、中古品を購入してそれを販売するいわゆる古物商と呼ばれる業種ですから、盗難品などを扱う可能性もあるため誰でもができるものではなく、古物営業法に基づいた許可を受けた者しか営業できないのです。許可を取得することは簡単にできますから、主婦が副業として中古の雑貨品をネットで販売するなど今では一般的な許可になっているようです。

ただし、許可を簡単に取得してもその後の営業は法律に則って行わなければならず、もし無許可で営業すれば「懲役3年以下罰金100万円以下」の処罰を受けます。また、許可証の不携帯で「罰金10万円」などがあります。また古物商は帳簿を必ず記載しなければならず、記録しなかった場合は「懲役6月以下罰金30万以下」の処分、帳簿の保存義務違反も同様です。

この様に多種にわたる違反行為が規定されていますから、この男は、それを知っていて、「わしは生安や!」と脅したのでしょう。また、この男は「今度立ち入りしようか」などともどなっていますが、警察官は古物商に立ち入りする権限を持っていますからこのことを言ったのでしょう。

このことを店員が知っていて弱気な立場を見せたのでしょうか?通常店主が許可を持っていれば営業はできますから、店員たちは古物営業法にそれほど詳しくないはずですし、この男の迫力に引いただけなのかもしれません。

~告訴理由がおかしい?!~

動画を見るにこの男は、皿が割れたことに関して店員の態度が悪いと文句を言っているようです。男は自身の怒りを当然のクレームとして行っているのだとしたら、威力業務妨害は成立しないと思われます。威力業務妨害罪は威力を用いて業務を妨害する行為で「業務を妨害しよう」という故意が必要になってきますから、この男が業務を妨害するために大声を出したり1時間居座った状態には見えませんから、この罪名は当たらないでしょう。

また、リサイクル店は誰もが自由に立ち入ることができる場所ですから、一旦入って来た男に退去を命じないと不退去罪は成立しません。店員が帰ってくれと何度も要求している状況もありませんから、不退去罪も成立しないように思われます。

この男は、店員に対して、

「ワシは生安や!」「今度立ち入りしようか。」「お前らが知らん法律がいっぱいある」

等の発言をしていますから、「今度立ち入りして営業できんようにしてやる」若しくは「検挙して店を潰してやる」という趣旨のことを言って脅しているのです。これは脅迫罪にいう「害悪の告知」となりますから、脅迫罪で告訴するのが妥当なように思います。

~110番で警察官が駆け付けた!~

男が帰った後、店主が来て、110番通報し警察官が現場に駆け付けたそうです。駆け付けた警察官は、男と電話で会話し、「110番するようなもんと違うだろ」「俺が被害者や」などと言われ、特になんら措置をとらずに引き上げたようです。

駆け付けた警察官は若い声でしたから、ベテラン警察官であるこの男にきつく指導なり注意することが出来なかったようです。警察社会も階級や上下関係があるためこの様なことになったのでしょうが、男を現場に呼び戻して、店員から事情を聴く一方で男からも事情を聴くべきだったと思います。この点もお粗末としか言いようがありません。

~謝罪するくらいなら最初からすんな!~

この男と上司が店側に謝罪したようですが、「謝罪するくらいなら最初からするな!」と言いたい。この男は警察内部でも評判の悪い男でしょうね。早く捜査をして検挙し、この男の名前を公表して欲しいものです。

-事件
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください