スポーツ

日大アメフト宮川泰介の会見は嘘&勘違い?関東学連の処分が除名は妥当?

投稿日:

~関東学生連盟による処分は極刑~

関東学生アメリカンフットボール連盟理事会が、29日、日本大学の内田正人前監督と井上奨コーチに対して、「除名」処分を下しました。これは事実上の永久追放です。森琢ヘッドコーチは除名の次に重い「資格はく奪」、反則行為をした宮川泰介選手には、最も軽い、「今年度の公式戦出場資格停止」処分としました。この処分は、妥当なのでしょうか?

~宮川選手の記者会見だけで全てを判断するな!~

宮川選手による反則タックルが報道されて数日後、実行した宮川選手が突然、記者会見に臨みました。背広にネクタイ姿、そして坊主頭、学生らしさを感じる好青年という印象を受けた方が多かったでしょう。しかも、どんな理由があれ、やった自分が悪いと言って、監督、コーチを直接批判しなかった態度に国民は、信頼感を持ったのです。

宮川選手が反則タックルを実行するに至るまで、日本選抜からも外され、練習からも外され、このままではレギュラーの座さえ危ういと精神的にも追い詰められていたのです。この精神状態の中で、

井上コーチから「相手のQBを1プレイ目で潰しに行け」と言われ、更に「相手のQBが怪我をして秋の大会に出られなかったら得だろう本当にやらなくてはいけない」と言われた。先輩からも「井上コーチが『1プレイ目でQBを潰せと言っとけ』と言われた」と告げられた。定期戦当日、やらなければ後はないと思ったがメンバー表に自分の名前がなかったので、監督に「QBを潰しに行くので使って下さい」と言ったところ、「やらなきゃ意味ないよ」と言われた。試合後のミーティングで、井上コーチから「こいつのは自分がやらせた。相手のことを考える必要はない。」と言われた。

などとと宮川選手は会見で話したのです。

また、「私自身が監督やコーチの指示に従ったことが原因。監督コーチからのプレッシャーはあったが、自分で正常な判断をすればよかった。」とも話しました。

このように、宮川選手は、「監督、コーチから相手QBをケガさせろという指示があった」と秘密を暴露するような、誰もが信憑性が高いと認める発言をし、日本中は、「宮川選手の言っていることが真実だ」と決めつけてしまったのです。

~宮川選手の重要な発言を見逃すな!~

しかし、宮川君の発言の中で最も重要なのは、記者からの質問に対して、「コーチからは『潰せ』という言葉だったと思うが、上級生から『秋の大会でQBが怪我をすれば得だろう』と言われたので、ケガをさせろと捉えた。」という部分です。宮川君はこの記者の質問に対する回答までは、「『秋の大会でQBが怪我をすれば得だろう』と井上コーチが言った」と話していたのに、この記者からの質問に対しては、「先輩が言った」に変わっていたのです。

しかし、世論を騙るマスコミが、一様に、「宮川選手の記者会見は、真摯な態度で立派だった。」と評価する一方、翌日の監督、コーチの会見は、「宮川選手の話とは矛盾しており、信じられない」と監督、コーチの批判ばかりが報道されました。

監督やコーチから宮川選手が追い詰められ、今のままではレギュラーさえ取れないと考え、安定した精神状態ではなかったのは理解できます。宮川選手を追い詰めて、精神状態を不安定にさせたのは、監督、コーチの責任が大であることは監督、コーチも認めていることですからその責任追及は、あって当然です。

しかし、監督、コーチは、「宮川君に『QBを怪我させて来い』と言った事実」を否定しています。宮川選手自身も、記者からの質問に対し、「先輩に言われたので、コーチが潰せと言っていた意味はケガさせてこいという意味と捉えた」と言っているのですから、結論的に監督やコーチから直接ケガさせて来いと言われたのではないと言っているようなものです。

報道陣もこの会見記録を精査すれば、「監督コーチが直接怪我をさせろと言っていないんじゃないか?」と気づくはずです。それなのに、監督、コーチの会見では、「あなたたちがケガさせろと言ったんでしょ。」とその一点で質問が集中しました。司会の方も質問する記者達に、当然起こってしかるべき状況でした。悪いのは、「監督コーチがケガさせることを直接指示した」と証言させたい記者達です。

真実は何か?についてもっと冷静に判断する必要があるのではないかと思います。日本人の民族性とでも言いましょうか、真実かどうか分からないことでもマスコミが繰り返し報道すればそれを真実と信じてしまう。地球温暖化しかり、副流煙しかりです。

何が真実かを判断する根拠は、それを証言する者の姿勢態度で決せられるものではありません。そのようなことだけに目が行けば、それこそ、真実を見誤るのです。

~関東学生連盟による処分は早計~

宮川選手は会見で言いました。「アメフトは高校時代は楽しかったが、大学に入って厳しい環境の中で楽しくなくなった。もう続けるつもりはない。」と。高校時代、抜きんでていた選手が、大学に夢を持って進学し、その厳しさの中で挫折することなどこれまで当たり前のように繰り返されてきたのです。大学日本一を目指すスポーツクラブであればどこも同じでしょう。楽しくやりながら日本一を目指している大学のスポーツクラブが存在するならば見てみたいものですが、とりあえず、宮川選手はアメフト及び日大アメフト部というチームに未練はなかったのです。「自分の釈明さえできれば良かった」と考えるほうが自然です。宮川選手がウソを言っているとは言いませんが、今はまだ、警察が捜査をしている段階ですから、関東学連が結論づけて、監督コーチの除名処分を出したのは早計だと思います。関東学連も二人の処分を早く出すことで、自分達の立場を優位にしたかったとしか考えられません。

真実はどうだったのか?警察の捜査を待ってから結論を出しても遅くなかったはずです。宮川君の言う通り、井上コーチの言葉を宮川選手に伝えた先輩が存在するならば、その選手が真実が何なのかを知っているはずなのです。

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

南北合同チーム(卓球)はあり?なぜ&おかしいや卑怯の反応も!

世界卓球、日本チーム好調の中で 今、スウェーデンを舞台に世界卓球大会が行われ、連夜、日本の活躍が放送されています。日本女子チームはメダルを確定させ。日本男子チームもベスト8に進出するなど日本としては大 …

箱根駅伝は嫌い&面白くない!交通規制や通行止めで迷惑?鉄剤注射禁止!

~何故、箱根駅伝を見るのか?~ 正月の風物詩と言われる箱根駅伝。何故あんなにマスコミが取り上げているのか?子供の頃から不思議でしょうがなかった。 スポーツ番組としてはほとんど変化のない、単調なレースを …

宮嶋泰子のツイッターが大炎上!体操協会理事や塚原夫妻との関係は?

~宮嶋泰子炎上!ジャーナリストなの!~ 宮嶋泰子氏(63歳)は、Facebookで… いきさつも知らない体操OBのタレントやコメンテーターと称する人が勝手な思い込みによるコメントを垂れ流し、塚原千恵子 …

水球女子日本代表に何が!本宮万記弘監督の体罰?男子監督に批判殺到!

~マイナーなスポーツ「水球」~  水球は、日本ではなじみが薄いスポーツです。水球の発祥はイギリスで、明治時代になって、日本でも行われるようになったそうです。水球と言えば吉川晃司が高校時代に日本代表メン …

日大フェニックス宮川泰介は退部!ラフプレー反則は内田監督指示?

・名門日大フェニックス 日大のアメフト(アメリカンフットボール)部、チーム名フェニックスと言えば、バブル時代を大学生として過ごした年代の方はご存知の通り、当時、全国学生チームの中では最強のアメフトチー …