事件

京アニ火災の海外の反応は!犯人が韓国人説は「パクりやがって」が理由?

投稿日:

~悲惨な放火殺人事件!~

昨日午前、「京アニ火災!」とのニュースが流れました。アニメに興味のない私は「京アニって何?」が第一印象でした。ニュースを見ていくうちに「京アニ」が「株式会社京都アニメーション」の略でアニメを作っている会社だそうで、これまで「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん」等の作品が世界的にヒットした会社であることを知りました。

報道が流れ続けてどんどん犠牲者が増えていくにつれ「何という事件だ」という驚きと共に「誰が何のためにという思いと亡くなられた方やその家族のことを思うとやり切れない気持ちになりました。

ガソリンをまいて火を放った犯人は、青葉真司というさいたま市在住の41歳の男であることが発表されました。この男は過去にコンビニ強盗をして自首して捕まったこともあるというのです。この男が今回ガソリンをまいて火を放ち33名の命を奪った事件、動機は何だったのか?

犯人が取り押さえられた際には「パクりやがって」、「小説を盗んだことに不満があった」などと発言していたことが報道されましたが、これは一体何を意味するのでしょうか?犯人の回復を待ってから真相が明らかにされるのでしょう?

~犯人は韓国人?~

事件後すぐにネット上では、今日本と最も関係が悪化している「韓国人による犯行ではないか?」とのうわさまで流れ、また「犯人は在日韓国人か?」などという噂までまことしやかにネット上では話題になっていました。

韓国が日本にやってきたことや韓国人の反日感情が頂点に達している状況を考えれば「文在寅韓国政府が韓国人工作員を送り込んだ」という話が出てもおかしい状況ではありませんが、いくら韓国でもここまではしないだろうと思いました。

実際に犯人はれっきとした日本人だそうですから「犯人が韓国人説はウソ」であったということにはなったのですが、「犯人は韓国人説」が出てきた理由は、現在の日韓関係の悪化だけではなく、犯人が発した「パクりやがって」が原因ではないかと思いました。

日本人に対する「パクりやがって」は韓国人がこれまで何度も使ってきた言葉だからなのです。韓国人は、これまで日本ならではのモノを「それは韓国が起源だ。日本人がパクった」と言い続けてきたからなのです。

~犯人の「パクりやがって」は韓国と同じ?!~

韓国が「日本がパクった」といった事件で、最も私が印象に残っているのが「剣道」です。

「剣道」というのは武士道を起源とし、真剣でけいこをすることが難しいために竹刀や木刀で訓練を始めたことに由来すると聞いていました。しかし、韓国人は剣道は韓国古来から行われている「コムド(劍道)が起源だ」と言い出したのです。字を見て分かる通り、漢字は少し違いますが正に日本と同じ「剣道」と書くのです。

そのため、韓国では「剣道で日本に負けることはできない」と言う思いが強いらしく、1970年から行われてきた世界剣道選手権大会では常に日本が優勝してきたのに、2006年の大会では初めて韓国に優勝を奪われたこともあったのです。それくらい韓国にとっては「剣道を日本がパクりやがって」という思いは強いのです。

これだけではありません。世界的にも有名な「忍者」。これも韓国人は「忍者・忍術が朝鮮半島から甲賀・伊賀に移住した渡来人によって伝えられた」と主張しています。

「歌舞伎」もそうです。日本の歌舞伎の歴史は戦国時代から江戸時代にかけて庶民の中で生まれた大衆芸能であるにも関わらず、西暦660年に滅亡した百済の「百済伎楽」が起源と主張し、「これは日本人も理解している」とさえ言っているのです。

挙げればキリがありません。「相撲」「寿司」なども全て韓国が起源だと主張し、「全て日本がパクったのだ」と主張しているのです。まさに「京アニ火災」の放火犯人が「パクりやがって」と言っていますが、これも韓国人と同じ、「何の根拠もない勝手な思い込み」だと思うのです。

ですから犯人が在日や韓国人では?といったうわさは全く根拠のないものではないということです。

~韓国の反応は?!~

京アニ火災の報道は日本のみならず世界でも重大なニュースとして取り上げられ、衝撃を与えています。今やアニメは日本文化として世界中にファンがいます。

この事件は、日本のみならず世界中に衝撃を与え、アメリカ、カナダ、フィリピン、ドイツ、イタリア、イスラエル、マレーシア、イギリス、スペイン、フランス、ロシア、イタリアなど多くの国のツイッターでトレンド入り。各国の大使館や著名人もメッセージを発信しており、Apple社のCEOのティム・クックしはご自身のツイッターにて、「KyoAniのアーティスト達は、傑作を作り上げることで、世界中の全て世代の人々に喜びを与えた」とし、最後に日本語で「心よりご冥福をお祈りいたします」と犠牲者の方々の死を悼んでいます。

という記事がありました。また、日本のアニメを海外に配給するアメリカの企業はクラウドファンディングを始めてくれているそうです。日本人にとってはとても有難いことです。

しかし、この中に案の定「韓国」は入っていませんね。最も近い隣国がこの状態です。政治的・経済的には悪化の一途をたどっている日韓関係ですが、この様な悲惨な事件や事故が起きれば「思いやりある言葉」が発せられても良いのではないかと思います。

しかし、韓国人にはそんな思いやりもないようです。東北大震災で日本が窮地に立たされた時に台湾を始めとして海外から寄付や支援の手が差し伸べられましたが、韓国は日本の福島県周辺の水産物は放射能まみれということで輸入を禁止し、今でも継続しています。

ネット記事を見ていると、韓国のyoutubeでは京アニ火災を受けて「ざまあみろ」的にからかったものが出ていたそうです。また、産経新聞の記事では

「安倍は憎いが、犠牲者の冥福を祈ります」といったコメントが目立った。

と出ていたのを見て情けなく思いました。「犠牲者の冥福をお祈りします」だけならば韓国人も人の血が通っているのだと素直に受け取れるのですが「阿部は憎いが」という言葉は必要ですか?わざわざそんな接頭語を付けることで、韓国人の品の無さを荒らしているように思います。

まあ、韓国人の品の無さはこれまでのスポーツ競技などでの態度を見ていて分かっていましたが、日本でこんな悲惨な事件が起きても揶揄しようとする国民性にはうんざりです。

まあこの様な事件が起きたときにどのような対応するかでその人となりが分かるものです。国民性も同じなように思います!

-事件
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください