事件

吉本興業・岡本社長の記者会見に批判殺到!お笑い芸人のコメント?

投稿日:

~ヤクザとのしがらみの名残り!~

吉本興業の社長である岡本昭彦社長が、前日の「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号・2号」の田村亮の記者会見を受ける形であわてて記者会見を行いました。これに対して世間は批判ばかりです。

それは良いとして、たかがお笑いのプロダクションの内部の問題がこれほどまでに話題になるのか?その方が不思議な気がします。ワイドショーだけならまだしもニュース番組でも取り上げていました。

そもそも興行(興業)は地元のヤクザと絡んで成り立っていたものですから吉本興業だってもともとはヤクザがらみの会社であったことは間違いないわけです。現在ではそのしがらみを断ち切って清廉なイメージで営業をしていることをアピールするため、芸人たちの反社会的勢力との交際について厳しい処分を下さなければならなかったのでしょう。

しかし、松本人志が言った「大崎会長は兄貴です」という発言を聞けば分ると思いますが、他人を「兄貴」「弟分」などと呼ぶのはヤクザの世界です。一般社会で他人をそう呼ぶことはありません。松本人志のこの様な発言をきけばやはり名残は残っているんだなと感じてしまいます。

~闇営業問題を批判する大衆?!~

この度の宮迫博之らの闇営業問題が表に出そうになると、吉本興業は会社の保身を考えて謹慎処分などをいち早く伝えました。日韓関係が過去になく悪化し、参議院選挙を控える中で、マスコミはこの問題を大々的に取り上げるようになりました。

すると日頃から品行方正な生活している訳でもない多くのネット民は、「反社会的勢力から金貰うとは何事だ!」との批判が続出しました。ワイドショーのコメンテーターは、「社会に影響力がある人たちですから…」などと発言。お笑い芸人が社会に影響力を持つとは思えません。お笑い芸人に影響される人間とはどんな人間なのかと考えてしましまいますが、そんなバカな大衆がいるのでしょうか。

お笑い番組を見ていて笑い転げることもありますし、その瞬間は嫌なことを忘れられることもあるでしょう。だからと言って視聴者個人の生活に影響を与えるようなものではありません。

いや、私はお笑い芸人に多大な影響を受けているという人がいるのであれば「もっと立派な人に影響を受けるべき」と言いたいのです。

~人の失敗を叩く世界!~

闇営業問題がクローズアップされて、批判が相次ぐ中、闇営業に関わった芸人たちは「反社会勢力だとは知らなかった」と言っているにも関わらず、批判し続ける大衆には呆れました。反社会勢力主催の会合であることを知ってて行ったのであればともかく、普通に個人営業、業界では「直営業」と言っているようですが、カラテカ入江の誘いに乗って参加したお笑いタレントたちが叩かれ続け、「何が悪いのか」という問いに対しては「ウソ電話詐欺でだまされた被害者がいる。そのだまされたお金を受け取ったことになる」などとこじつけのようなことを平気で言うワイドショーのコメンテーターたち。

暴力団を含めて反社会勢力と呼ばれる者たちは日本国内に数多くいます。その家族や友人を加えればすごい数になります。その人たちも買い物をしたり、食事をしたり普通に生活し経済活動を行っています。一般的にはそれら反社会勢力の人たちと知らずに金銭を受け取って商売している人たちもたくさんいます。それが後になって、反社会勢力から金を受け取ったとして叩かれるのでしょうか?

カンニング竹山だったでしょうか、「失敗した人間を叩くこの世界が嫌だ!」というような発言をしていたと思いますが、この言葉には賛同しました。失敗をしない人などいるはずもない。しかし他人が失敗したらそれを叩く世界。

国会議員たちも平気で同じようなことをやっています。そのくせ大人たちは子供たちに対して「いじめはいけない」というのです。人の失敗をテレビやネットで叩く社会は辟易します。

~ウソはいけないがウソつかない人はいない!~

宮迫たちは当初、反社会勢力主催の会合に参加したことで叩かれましたが、時間が経つにつれて、お金をもらったからではなくて「お金をもらってないとウソをついたから」いけないと批判の矛先が変わっていきました。確かに100万円という大金をもらっていたにも関わらず、宮迫自身が「反社会勢力からだまされた被害者のお金」という認識を持つようになってから自己保身のためにそのようなウソをついたのです。

誰だってウソはつくものです。ウソをついた時にはそれほど大きな問題にならないだろうと考えてウソをつき、後に大きな問題になったという経験は誰しもが経験していると思います。それをしつこいくらいにバッシングする人たちは自分が「過去についたウソを忘れている」それとも「ウソなど一度もついたことが無い」と言い張る「本当の嘘つき」でしかないと思います。

ウソがいけないのは当然のことですが、宮迫を始め関わったタレントたちは金銭を受け取ったことを認め謝罪をしました。その時点で許してあげるべき問題だと思います。

~情で人を信じるな!~

前日の宮迫博之や田村亮の会見は大方、好意的に受け止める反応が多かったにも関わらず、岡本社長の発言には批判的な意見がほとんどです。宮迫たちは自分の非を認めて引退する覚悟であることまで話し、同情票が集まった反面、2人はうまく吉本興業を批判しました。

その批判に応える形で、岡本社長が批判を回避するための会見を行いましたがこれが逆だったらどうでしょう。吉本興業が会社の方針に従わない宮迫と田村の批判を先にやっていたら全く世間の見方は変わっていたはずです。

今度は宮迫たちが世間の批判をかわすために謝罪して、言い訳をするための記者会見となったはずです。そうなれば世間は宮迫たちを批判していたでしょう。

日大アメフト悪質タックル問題での宮川大輔選手の記者会見を思い出してください。大学側の方針に反して学生服を着た坊主頭の宮川選手が神妙な顔をして行った記者会見で日本中は宮川選手は可哀想。宮川選手が本当のことを言っている。監督やコーチが悪いと勝手に決めつけました。

その後の監督、コーチの会見では宮川選手の言い分に対する抗弁しかできなくなり、誰もこの2人の言い分を信じず、正対悪と決めつけてしまいました。しかし、警視庁の捜査では監督コーチが指示した事実はないと結論付けられたのに、そのことは一切報じられないまま2人は悪人として消えて行ったのです。

体操の宮川紗江選手の会見も同じです。塚原千恵子女子強化本部長からパワハラを受けたと告発記者会見を開き、世間は塚原夫妻を批判しました。しかし、その後の第三者委員会の調査でパワハラはなかったと結論付けられたのです。

お分かりの通り、世間は人の言っていることを情で信じてしまうのです。争っている者があれば「真摯な態度で先に記者会見を開いた方が有利だ」ということなのです。

吉本興業がパワハラ的な発言をしたことは批判されるべきことでしょうが、記者会見を先延ばしにしたことは会社のためだったのか、関係した芸人たちのためだったのかは分かりません。しかし、宮迫と田村に先に記者会見をやられてしまったことで、世間の大半が吉本興業批判に回っていることは間違いない事実です。

-事件
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください