政治

石崎徹衆院議員が秘書にセクハラやパワハラ!週刊新潮が?被害届!

投稿日:

~石崎徹衆議院議員はゲス~

「このハゲー!」でおなじみの豊田真由子元議員のまねをしたのか?またも自民党の衆議院議員が車内で運転手の秘書に暴言を吐き、その音声がネット上で流れています。週刊新潮のスクープです。

やっちゃったのは、自民党の3回生議員・比例北陸信越ブロック選出の石崎徹(35)です。この男は過去に秘書に対するセクハラ騒動も起こしているとんでもないゲス男です。

自民党の石崎徹衆議院議員から暴行を受けたとして、秘書の男性が警察に被害届を提出している問題で、警察は任意で石崎議員から事情を聴く方針。

今回の騒動について、石崎議員は、「業務上の注意の言葉が徐々に感情的になってしまったことがあった。大変反省し、恥ずかしい気持ちでいっぱいです」などとコメントしている。

石崎議員は「忖度発言」で問題になった新潟選挙区の塚田一郎議員の参議院選挙応援にも参加していたのですが、塚田議員は自ら発した「忖度発言」と、この石崎議員のパワハラ問題が重なって見事落選となりました。塚田議員も「忖度発言」で何とか挽回を狙っていたのに選挙直前で応援してくれた石崎議員のパワハラ騒動でお手上げ状態となりました。

~学習能力がないのか?~

豊田真由子元衆議院議員も、秘書で運転手の男性に

「このはげー」

「チーがーうーだろーっ!、ちがうだろっ!」

「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」

「うん、死ねば?生きてるかちないだろ、もうお前とか」

と絶叫した音声を録音され、その音声がやはり週刊新潮によって公にされたことにより、暴言・暴行で議員を辞めることになりましたが、石崎議員も同じ自民党議員です。全く同じように暴言を録音されたのです。学習能力がないとしか言いようがありません。

石崎議員の運転手はICレコーダーで一部始終を録音していました。

「お前よく見とけバカが死ねお前」「逆じゃねえかよ」「おい死ねお前本当に」「お前今月何日休んでる?」「お前返上してやれよじゃあ」「ふざけた仕事してんだったら頭下げろお前」「いや、そうだろ正式に謝罪しろ!」「言ってないよ俺は!」「早く止めろよ早く今」「何で突っ込むんだよ前から、バックじゃねえのかよ」「はっ、お前死んだ方がいいぞお前」「おい」「言ってない!」「ふざけんじゃねえよお前」「おれの大事な時間どう思ってんの」

こんなパワハラ発言をして、「録音される」って想像できないのかなー?学歴は良いのにバカなんでしょうね。

氏名 石崎徹(いしざきとおる)

生年月日 1984年1月25日(35歳)

出身 新潟県新潟市

学歴 慶応義塾大学法学部政治学科

前職 財務省職員

~過去にはセクハラも!~

石崎議員の顔は朝鮮人風ですが、まあまあのイケメンです。独身のようですが、以前は地元テレビ局・BSN放送の女性記者と交際していたそうで、セクハラ事件で破局になって現在まで独身のようです。

セクハラ疑惑が報じられたのは3年前ですが、セクハラ行為があったのはその2年前ということです。このセクハラ疑惑を告発したのは石崎徹連合後援会会長の渡辺毅氏だったそうです。

石崎君が、地元秘書を公募し、14年の4月30代前半の女性が運転手兼秘書として採用されました。ところが、そのわずか1ヶ月後別の秘書から、その女性が石崎君に言い寄られ、それを苦に事務所を辞めることになったと報告があった。セクハラの報告を受けた渡辺会長は女性への聞き取り調査を行い、詳細な「経緯書」を作成していました。

その経緯書には、「彼氏いないの?」、「結婚を考えて付き合いたい」、「ホテルに行こう」等といった石崎衆議院議員の執拗な口説きがあり、キスを迫ったり、洋服の上から体を触ったりという行為が記されていたといいます。

この件で石崎議員は特に処分を受けた形跡もありませんし、離党した訳でもないようです。こんな奴を放置しているから今回の件が起こったんでしょう。このセクハラ疑惑の頃には前出の女性記者とも付き合っていたそうで、なんて奴なんでしょう。

この事件をきっかけに「安倍チルドレン最凶のチャラ男」と呼ばれるようになったそうです。

~パワハラ議員で有名だった!~

石崎議員は永田町ではパワハラ議員として有名で、秘書が次々に逃げ出していたというのですから、自民党は一体何をしていたんでしょうか?豊田真由子の件で大変だったでしょうに自民党も学習能力も統治能力もないのでしょうか?

堪忍袋の緒が切れた秘書は、診断書をもらい、6月頭に被害届を提出。捜査の妨げにならないよう勤務を続けていたが、この7月、今度は石崎議員に蹴りを食らわせられる事件が起きた。それで、事務所を辞めたという。

石崎議員から暴行を受けた秘書は診断書を警察に提出しているようですから、傷害事件として警察が捜査するでしょう。そうなれば最低でも罰金刑を受けます。

石崎議員は「迷惑をかけた。しばらく休養する」と県連幹部に話したそうですが、しばらく表に出てこないでしょうね。早く議員辞職すべきでしょうが、こんなゲスはなかなかやめないでしょう。豊田元議員と同様、責任を取ると言って、自民党を離党して終わりでしょう。

でも次はありませんね!

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください