政治

韓国が東京オリンピック「旭日旗」禁止要請の妨害!いい加減にしろ!

投稿日:2019年9月12日 更新日:

~いい加減にしてください!~

韓国がまたまたクレームで東京オリンピック妨害行為です。いい加減にしてください!日本の放射能汚染クレームお次に韓国の文化体育観光委員部が先月末に東京五輪の際、

旭日旗や旭日旗をあしらったユニホームなどの競技場への持ち込みを禁止する

措置を国際オリンピック員会(IOC)や大会組織委員会に求める決議を採択したことを受け、ソウル放送が東京オリンピック組織委員会へ質問したことから、東京オリンピック委員会は

旭日旗が日本で広範囲に使用されているため制止する理由はない。旭日旗自体はいかなる政治的な意味はない。したがって禁止品目と見なさない

と回答したという報道がありました。これを受けて韓国はオリンピック員会(IOC)に対しても同様の要請をしたというのです。

旧日本軍が軍旗として使った旭日旗について、韓国の文化体育観光省は11日、ユダヤ人を虐殺したナチスドイツのシンボル鍵十字と同一視して、「歴史的な傷を想起させる」と主張した。そして、東京オリンピック・パラリンピック会場への持ち込みを禁じるよう、バッハ会長に書簡を送ったと発表した。

これに対してIOCの担当者は、

競技会場は、あらゆる政治活動と無縁であるべきだ。大会で懸念が出た際は、ケース・バイ・ケースで対応する

とだけコメントしたとされています。

何度も言いますが「クレーマー韓国よ、いい加減にしてくれ!」日本が来年のオリンピック開催に向けて一生懸命努力している最中に水を差すようなことばかりを続けて何になるのか?日本が嫌い、日本が憎い、そんな日本でオリンピックが開かれることが嫌なのは分かりますが、こんなクレーマーのようなことをやっても韓国自国のためにはならないでしょう。世界から笑われるだけです。

~放射線状のものはすべてダメ?!~

忘れたのですか、日本でのワールドカップ開催が決定していたのに韓国との共同開催を要求してきましたね。また平昌オリンピック開催前に工事が間に合わないから一部日本でも開催して合同開催にしようと要請してきたことも。韓国はいつも日本の力を利用しようとしているくせに日本が何かを成し遂げようとしている時に妨害行為するのは止めてください。

つい先日も東京パラリンピックのメダルデザインを発表した時、「旭日旗に見えるからデザインを変えろ」とクレームをつけてきました。メダルデザインをした松本早紀子さんは、「扇」をデザインし、

「人種や国境を越えて人々の心を一つに束ねる」「世界に新たな風を吹き込む」イメージを象徴した

と言っていたのですが、どんな崇高なテーマも韓国人からすればクレームの対象なのです。「扇」のモチーフが放射線状であることだけをもって「旭日旗に見える」というクレームは明らかな言いがかりです。放射線状はすべてダメなのですか?

~旭日旗はいつからダメなの?~

韓国がなぜ「旭日旗」にクレームをつけるようになったのかというと、韓国で旭日旗は日本帝国軍の侵略行為の象徴として「戦犯旗」と考えているためこれを嫌うのだそうです。それでは戦後すぐにクレームをつけるようになったのでしょうか?そうではないようです。昨年10月の産経新聞の記事です

10月6日付の朝鮮日報電子版(日本語版)の記事「なぜ今になって韓国は旭日旗に怒っているのか」によると、韓国国会図書館の資料で「戦犯旗」に言及した論文は0件で、メディアに「戦犯旗」との言葉が登場し始めたのは2012(平成24年)ごろ。記事タイトルが示すように「なぜ今になって」という感覚は韓国メディアにもあるようだ。

と韓国のメディアが「なぜ今になって」と意識を持っているというのです。韓国が慰安婦問題について日本に文句を言い始めたのも1970年代になってからだとよく言われています。これを鑑みると、韓国は日本に対する攻撃材料を常に探し続けているのだろうと考えられます。今後もどんな問題で韓国が日本を責めてくるか分かりません。

韓国が旭日旗で日本を攻撃してきたのは私の記憶ではサッカー日韓戦でのことだったと思います。

調べてみると。。。

23年1月、サッカー日韓戦で韓国選手がカメラに向かいサルのまねをして批判され、「観客席の旭日旗を見て腹が立った」などと釈明したことがきっかけだ。25年にも日韓戦での旭日旗掲揚が騒動になった。韓国でも与党議員が旭日旗禁止法案国会に提出し、政治問題化する動きが出たのも同じ25年だった。

と夕刊フジが報じています。最近では昨年10月の済州島での国際観艦式の際に日本に対して「旭日旗の使用中止」を要請してきたことで海上自衛隊は参加を拒否した経緯があります。日本では朝日新聞の社旗が旭日旗であり、大漁旗もそうです。これを戦争と結びつけることは日本人の意識の中には全くありません。

韓国文化体育観光部はこの旭日旗について、

あわせて欧州の人々にとってナチスのハーケンクロイツが第2次世界大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は当時日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジアなどアジア諸国に歴史的な傷と苦痛を思い出させる明白な政治的象徴物であることを指摘した

などと主張しているのですが、常にクレームをつけてくるのは韓国だけで他国が旭日旗でクレームをつけてきた記憶はあまりありません。

また、最近では、日本のアニメ「鬼滅の刃」「主人公の耳飾りが旭日旗だ」として韓国人イラストレーターがクレームをつけ、これを批判されて炎上する騒ぎになっているというのです。韓国人はとにかく日本にクレームをつけることで頭がいっぱいなようですね。

~ナチスと一緒にするな!~

韓国は日本の行為をドイツと同等視しているようですが、日本の植民地支配はドイツヒットラーがやった行為とは全く異なるものです。これについては、以前、ドイツ文学者の西尾幹二さんが、昔、朝まで生テレビで発言した「ドイツと日本はやったことが違う」という話を聞けば、「旭日旗とナチスのハーケンクロイツ(鍵十字)と一緒にするな」という意味が分かると思います。この西尾発言の要点だけを記載します。

ドイツがやったことは日本のやったことと根本的に違う。一つの民族を地上から抹殺するために600万~700万人の人間を強制収容所に入れてガス室で殺したという犯罪は、日本の軍国主義なんかと比肩できるような問題じゃない。

そこで日韓という関係でよく言われるのはドイツとポーランドの関係です。皆さんはドイツのやった犯罪はユダヤ人やジプシーのことを考えているかもしれないがポーランドに対する犯罪は凄まじく、ドイツ人はポーランドの占領時代に小学校4年以上の教育は許さない、500まで数えられて自分お名前を書ければよいと。またドイツ人に従順な奴隷をつくるために高等教育を受けた者は粛清されるべきだと言って実際に占領時代に100万人の指導階級が虐殺されている。

日本が朝鮮民族の絶滅を考えたことが一度でもありますか夢に見た事もないでしょう。それどころか日本人になってくれと言ったんです。小学校4年どころか京城には大阪帝国大学よりも前に京城上帝国大学をつくったんですよ。それはどういう意味かというと高等教育を与えてやっているんだぞという日本の優越感だったかもしれません。

しかし、それが韓国が切り拓いた近代化への道に何にも役に立たなかったなんて言うことはあり得ない。それを素直に認めなければ日韓関係は正常なものにならないだろう。すなわち韓国の人が言う、「ユダヤ人に対して十分な償いをしたドイツ人の百分の一も日本人は韓国にやってない」と。それはやったことが違うんですから。

50年前の歴史は政治家が議論すべきではなく、歴史家にゆだねるべきだという発言が英米から出ています。

西尾先生のこの発言を聞けば理解力がある方は旭日旗とハーケンクロイツ、日本帝国軍とナチスを一緒にするなという意味が分かると思います。韓国の方はあえて分かろうとはしないでしょうが…。IOCが韓国の要請に応えなかったときに東京オリンピック妨害の韓国の次の手は何なのでしょうか?

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください