芸能

木下優樹菜(ユッキーナ)が姉のタピオカ店にDMで炎上!韓国?ヤンキー!

投稿日:

~三つ子の魂百まで!~

好感度のメッキがはがれたばかりか、営業妨害で訴えられる!? タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が勤務しトラブルになっているタピオカドリンク店「#ALLRIHT(ハート)」(以下A店)の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明した。

好感度?ユッキーナは昔の人気番組クイズヘキサゴンでおバカキャラでブレークした頃から見ていますが、好感度のカケラも感じたことはありませんでした。チンピラみたいな女の子だなと思っていたところで、”元ヤン”を自身で公言していたので「やっぱり」なと思っていました。

この度、「こいつならこれくらいのことは平気でやるだろう」と思いながら記事を読みましたが、今では”ヤンママ”キャラで夫のフジモンことフジワラの藤本敏史(48)と一緒にテレビに出ているのを見ますが、2人姉妹の母親ということに驚きました。

”三つ子の魂百まで”という言葉がありますが、母親になってもヤンチャな性格は変わっていないようですね。しかし、どこかの会社が大学生相手に調査した結果、この夫婦が「理想の芸能人夫婦」として5年連続で輝いていると聞いて驚きです。

”バカに好感を持つバカ”という言葉を思い浮かべました。バカはインテリや才能豊かな人物には妬みを持っているため好感が持てない。そこで、バカな人の中に好感の持てる人を探そうとするのです。

今回の件でユッキーナは”大幅好感度ダウン”になると思う人もいるでしょうが、”バカはバカが顕著になるほど好感を持ってしまう”という特性がありますから次も理想の夫婦に輝いていると思われます。

~ユッキーナの恫喝メール!~

これがユッキーナがA店関係者に送ったメールだそうです。

yuuukiiinaaa お姉ちゃんが、、「知り合いと始めたっていってからファンの方とかも遠くから足を運んでくださったり、差し入れまでいただいたり、 私がお店にいたら たまたま来店してくださった方もすごい喜んで下さったり、お姉ちゃんも 有難いね、 大切にするんだよって、わたしにいってくれました^_^ それなのに、お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝したことがよほど、ご迷惑だったらしく、 ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、 しまいには、給料もちゃんともらえず、、 給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまいました😢その方にメールをしても、返信すらなく、私が宣伝してしまったのが嫌だったはずなのに、未だ私の写メは消してくれないし😢お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いされたり、、意味がわからなくて。 とっても悲しい気持ちになりました。 また行きますねって 言ってくれたみなさん、、、 ごめんなさい😢😢 もうお店には行かなくて大丈夫です😢😢 良かれと思い、ぜひ行ってみてね、って 宣伝したことが、嫌な思いさせたなんて初めてすぎだったからびっくりしちゃったのと、とばっちりで、お姉ちゃんに悲しい思いさせてしまってへこんだよ でも給料と給料明細を、出すのは、あたり前だよね?😞かなり言いっまくって、やっとなんかきたらしいけど、

なんか言い方柔らかいですけど陰湿な感じがしますね。”この私が宣伝してやったのに感”が強いですね。少しばかりおバカタレントで有名になった自分をいかにもすごい存在のように誇示して”私のお陰で、私が宣伝してやったおかげでお客が来たんじゃないの感”がありありですね。ユッキーナが韓国人という噂ですが顔と性格は韓国ですね。

もう1つのメールがこちらです。

yuuukiiinaaa   

さやかの妹だけど。色々言いたいことあるけど、とりあえずさーインスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさーインスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。

いい年こいたばばあにいちいち言うことじゃないけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwww

前回のDMとは打って変わって”本性をあらわにしたストレートなメール”です。ユッキーナは柔らかい言葉は使ってますけど、内容は極道が恐喝の証拠をつくらないよう配慮しながら相手を脅す言葉と同じです。

”スジじゃないかなー””出方次第でこっちも…””筋くらいとおしなよ”って正に極道の脅し文句を”女言葉”で言っているだけですよ。”スジ”っていう言葉はそれなりの人間がそれなりの脅し文句に使う言葉ですが”スジ”って分かったようで分からないもんで、とてもあいまいな言葉です。言った方の”スジ”の意味と聞いた方の意味が違うことはよくあることです。ヤンキー時代も頻繁に使っていたんでしょうね。

~血は争えない!~

いったい何がどうなっているのか。本紙がA店関係者X氏を直撃すると――。

まず、前提となるのがY氏とX氏が幼稚園のママ友ということだ。

「Yさんが家庭の事情で悩んでいたので、気晴らしに7月20日にオープンするタピオカ店を手伝う?とお誘いしたわけです。あくまでスタッフという位置づけでした」

しかし、木下姉妹は出資も何もしていないのに、なぜか共同経営者と錯覚してしまう。

Y氏がユッキーナの姉(さやか)ですが、やはり姉妹です。血は争えないってことでしょう。

ユッキーーナにはすごい伝説があって、

”運転免許の学科試験を26回受けて落ちた”と番組でしゃべったそうです。すごい記録ですね。学歴は出身地の葛飾区の地元中学校を卒業後、渋谷高等学院に進み修了したそうです。渋谷高等学院の偏差値を調べると、通信制のサポート校だから偏差値はないそうで、誰でも入れるということでしょう。

もう一つお姉さんとの面白いエピソードとして

高校生の頃、家で寝ていると宇宙人が現れ、その宇宙人が乗ってきたUFOに乗り火星の宇宙人の家に連れて行かれ、「人間が原因で地球の環境が悪化しているので何とかして欲しい」と頼まれ、気が付くと家にいたことがあると語っている。なお、この話を姉に話したところ、背中に宇宙人の手の後らしきものがあったため、「その話、マジっぽくね?」と返されたという

ユッキーーナのDM事件を知ったとき、”バカ女”がと少し頭に来たのですが、こんなおバカエピソードを知ると、「姉妹揃って頭がゆるいんだから仕方ないなあ~」と思うようになりました。これが”好感度”というものなのでしょうか?

ユッキーナがInstagramでタピオカ店の攻撃を始めたことで、ユッキーーナファンらによるタピオカ店バッシングが始まったそうです。

お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みまであふれた。そのためA店をしばらく閉めたという。X氏は体調を崩してしまった。

ところが、ユッキーナの恫喝DMが店関係者によって公表されるとユッキーナ自身が炎上してしまったというのです。

~炎上したから謝罪?!~

yuuukiiinaaa この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。私の発言は いくら大切な家族のためのこととは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。実の姉の事なのでい一時的に感情的になってしまいました。非常に失礼な発言をとても反省しております。相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います

などとInstagramで謝罪を発表しました。しかし、店側は

「完全な営業妨害です。いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。お店をオープンするのは大変だったのに…。木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。だいたい、DM1本で終わる話なのか。私は、法的措置も考えていますよ」

とカンカンです。ユッキーナは謝罪文とは違う内容のDMをXさんに送ったのでしょうか?

ユッキーナが訴えられれば刑事的には難しいかもしれませんが、有名人によるInstagram攻撃で店側の経営に影響を受けたのであれば、民事的には損害賠償が発生する可能性はありますね。

ユッキーナももうお母さんなんですから、もう少し冷静な行動が求められますが、”炎上したから仕方なく謝罪した”では世間は許しません!

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください