事件

都城市の石山小学校の教頭(高瀬敏樹)が無免許運転で逮捕!いつから?

投稿日:

~教頭が無免許?!~

宮崎県の小学校教頭先生が長年に渡り無免許運転していたという報道がありました。これまでに中型(普通)運転免許を取得したことがなかったことも驚きですが、何十年も無免許運転を繰り返してきたと思われ、何と図太い神経をしている人物なのだろうと思いました。

28日午後、都城市の小学校の教頭が軽乗用車を運転中、宮崎市内の交差点で一時停止をしなかったとして道路交通法違反の疑いで逮捕されました。教頭は原付バイクの免許しか持っていなかったにもかかわらず通勤に車を利用していたということで、警察はふだんから無免許運転をしていた疑いがあるとみて調べることにしています。

逮捕されたのは、都城市立石山小学校の教頭、高瀬敏樹容疑者(53)です。

警察によりますと、28日午後1時前、軽乗用車を運転中、宮崎市高岡町の交差点で一時停止をしなかったとして道路交通法違反の疑いでその場で取り締まりを行っていた警察に逮捕されました。調べに対し、容疑を認めているということです。

警察によりますと、高瀬教頭は、軽乗用車が運転できる免許証を取得した履歴はないということです。小学校によりますと高瀬教頭は去年4月に着任したときから通勤時に軽乗用車を利用していたということです。

警察はふだんから軽乗用車を無免許で運転をしていた疑いがあるとみて調べることにしています。

通常、無免許運転がバレただけでは逮捕されることはなく、切符処理されるのです。なぜこの教頭が逮捕されたのかですが、”一時停止場所で一時停止しなかった”という違反を警察官が見つけて教頭の車を追いかけました。警察官は、「前の軽四、停車してください」とマイクで繰り返し停止を求めたのです。でもこの教頭は、それを無視するかのように逃走したのです。そして、1.5キロ先の赤信号で仕方なく停車し、警察官の職務質問を受けたのです。

~あと数年バレなければ…~

そこで、警察官は免許証の提示を求めますが、教頭は、免許証を警察官に見せたんでしょうね。原付バイクの免許証を。外観上免許証は大型でも中型でも原付バイクでも変わりません。「警察官は中型免許を持っていないことは気づかないかもしれない」と思っていたのでしょうが、警察官は運転免許の種別を見落としませんでした。種別の欄を見て「原付一種の免許しか取得していない」ことに気づいたのです。

「運転手さん、原付一種の免許しか持ってないんですか?」教頭先生は長年の無免許運転がとうとうバレたと思ったでしょう。あと数年見つからずに平穏に退職できると思っていたのに、とうとうバレてしまったのです。教頭はもうどうすることもできませんから「すみません。原付免許しか持っていません。」と正直にいったのでしょう。

警察官は、とりあえず一時停止違反で逃走を図っているわけですから、一時停止違反で逮捕したのでしょう。報道では、この教頭は携帯電話を使用しながら運転していたそうです。無免許の上、携帯電話を使用するという違反をしながら運転していたというのは何とも横着というか図太い神経ですね。すごいとしか言いようがありません。

~免許が取れなかった理由があった?~

都城市教育委員会では、免許の更新時期などを年2回、確認していましたが、今年7月の調査で、とりまとめ役だった教頭の高瀬容疑者は書類を提出していませんでした。

と報道されています。年に2回免許を確認していたのです。そのたびに教頭はヒヤヒヤちしながら生きていたのでしょう。それが何十年も続いていたのですから、夏休みにでも外国旅行に行くとか言って、短期講習で運転免許取りに行けば良かったのにって思いますね。

報道では”中型(普通)免許を取得した履歴が無い”ということですが、交通違反をして運転免許を取り消されたということではないようです。

教頭は教員ですから、高校、大学を卒業して教員免許を取得し、宮崎県の教員採用試験に合格したのでしょう。いくらでも運転免許を取得する時期はあったはずですね。なぜこれまで普通免許を取得しなかったのでしょうか?そこには何か理由があるように思いますが想像がつきません。

教育委員会は、これまで毎年2回、教員らの免許を確認してきたと言っていますが、教頭の免許は一度も確認していなかったはずです。それを放置し続けていたのだとすると、教育委員会の落ち度も問われますね。ただ、免許のコピーを提出させていたのであれば、教頭がコピーを偽造し続けてきたという可能性もあります。いずれにしても罪深い行為ですが、どうやって教育委員会をだまし続けてきたのかと考えるとすごい人物だなって思いますね。

今年7月、千葉県柏市立柏第三小学校の岩倉貞美教頭(当時52歳)が無免許運転で検問中の警察官に現行犯逮捕された事件がありましたがこれも逃走を図ったのだろうと思われますが、奥さんも無免許を知らなかったというのです。高瀬教頭はどうでしょうか?

~教頭の処分は?!~

刑事罰として、無免許運転で罰金刑を受けることは間違いないでしょうが、教員としての懲戒処分はどうでしょうか?

宮崎県の「教職員の懲戒処分に係る基準」を見てみると、「虚偽報告」~事実をねつ造して虚偽の報告を行った者は、減給、戒告処分となっています。教頭が中型免許を取得していると虚偽の報告をしていたとするとこれに当たりますが、報告をしていなかったとなるとどうなるのでしょうか?

また、酒酔い運転や酒気帯び運転については規定されていますが、無免許運転という項目はないようです。まさか教職員が無免許運転するとは想定していなかったようですね。ただ、悪質な交通法規違反をした者は、停職、減給、戒告のいずれかの処分になるようです。

これに「信用失墜行為」も追加されるでしょうが、停職処分どまりってとこでしょうね。

昨年静岡県の職員が無免許運転で逮捕された事件では停職3か月の処分が下されています。今回も停職処分を受けて依願退職として退職金をもらって辞めるのかもしれませんね。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください