芸能

前澤友作の女好きで剛力彩芽と破局!新会社の秘書?人妻と関係し恐喝?

投稿日:

~前澤社長が人妻とトラブル?!~

大金持ちで大の女好き、3人の婚外子を持ち、有名芸能人をお金でたらしこむ前ZOZO社長の前澤友作(43)がSNSで知り合った人妻と関係を持ち、その女性から脅迫されているという記事を見ました。ヒガミかもしれないけど大金持ちの前澤社長は嫌な奴だと思っていましたから、イイ気味だという思いとこの女は金目的でウソ言ってる?という疑惑を持ちながら記事を読みました。

詳しいことは週刊文春を買わなければ分からないのかもしれませんが、文春オンラインに出ている記事だけで分かることもあります。

女優の剛力彩芽(27)と破局したことが判明した前澤友作・ZOZO前社長(43)が新会社「スタートトゥデイ」の秘書を志望していた人妻のA子さん(41)とトラブルになり、警察に相談する事態になっていたことが「週刊文春」の取材で分った。

「大金持ちの前澤が41歳のおばはんを秘書にするわけないでしょう。」って思いませんか?もっと若くピチピチした優秀な女性を秘書にするでしょ。まあ記事をみていきましょう。

~面接かどうかわかるでしょ!~

A子さんの証言によれば、前澤氏とSNS上で知り合い、直接、やり取りするようになったという。9月には前澤氏の新会社「スタートトゥデイ」が秘書を募集していることを知り、履歴書を送った。10月3日、A子さんは前澤氏にオフィスに来るように誘われ面談。秘書の面接採用を兼ねていると考えていたA子さんは、そこで前澤氏に求められ、関係を持ったという。だが、A子さんは秘書に採用されず、トラブルに発展。

SNSで”出会い系”みたいなことやってんじゃないよ!SNSで秘書の募集をかけられたわけでもないようですし、秘書の募集はSNSとは違うところで知ったということなのでしょうね。A子さんの履歴書の写真を見たら美人だったもんだから前澤氏は「会いたい」と思って事務所に呼んだのかな。それにしても話していれば”秘書採用の面接”かどうか大人なら分かりそうなもんだけどなあ。

A子さんは「前澤社長と関係を持った」と言っていますが、”人妻”でしょ!41歳にもなってバカじゃないの?前澤社長からお金もらえなかったのかな?「前澤、金くらい払えよ!」って突っ込みどころ満載ですね。

~人妻は夫に知られても平気!~

A子さんが小紙に証拠として示した前澤氏とのLINEのやりとりでは、前澤氏はこう謝罪していた。

〈同席させていただいたX(仮名、前澤氏のアシスタント)からその合否に関わるような軽率な発言があったことは本人に代わりまして心よりお詫びします。A子さんの不信を招いた点についても真摯に反省しています。〉

また、採用面接であったことは否定し、〈単純に僕が女性として魅力を感じたA子さんをお誘いしただけです〉と説明。

その一方で、〈「謝罪しないなら文春に言う」のような恐喝が続く場合は、残念ながら警察に被害届を出させていただきます〉とA子さんに告げていた。

アシスタントXは何て言ったんでしょうか?まあ「合否に関わるような発言」とありますから、A子さんが面接と勘違いしても仕方がない発言をしたのかな~。

この中で気になるのは前澤氏が「恐喝」と言っていることです。「文春に言うぞ」というだけでは脅迫行為です。これに加えて金銭の要求があって初めて”恐喝行為”になるのです。前澤社長は賢い人ですからそれくらいのことは分かって発言していると思いますから、明示的か暗示的かは分かりませんが、A子さんが金銭要求をしていた可能性はありますね。

前澤氏は「単純に僕が女性として魅力を感じたA子さんをお誘いしただけです」と断言していますから、事務所に呼んだ際のSNSを見れば真実が分かると思いますね。まあそれにしても前澤社長の女好きは有名ですから、履歴書の写真を見たのかSNSでの画像を見たのか分かりませんが、よほど”イイ女”だったのかもしれませんね。

前澤社長は、剛力彩芽の他、紗栄子とも交際していましたし婚外子が3人もいるそうで、誰とでも関係持っちゃう下半身の緩い男ってことでしょうが、前澤社長と関係を持ったら秘書にしてもらえると考えたA子さんも同じですよね!

「謝罪しないなら文春に言う」ってことは、前澤社長と関係を持ったことが夫に知られても平気ってことですから何を考えてんのか分かりませんね。

~大金持ちに近付く人はたくさんいる!~

小紙は事実確認をするべく、前澤氏の携帯電話に連絡したが応答はなかった。その後、前澤氏の広報担当者に質問状を送付したところ、次のような回答があった。

「個々のご質問についての詳細な回答は差し控えさせていただきます。なお、近時、前澤氏の周辺には合法・違法を問わず様々な目的をもった人物が接近しており、週刊誌等への虚偽の情報提供を悪用した脅迫・強要・恐喝等を行う人物なども後を絶ちません」

そうでしょうね。前澤氏が資産2000億円以上っていうのは誰もが知っていることですから、前澤氏に近付いて甘い汁を吸おうとする人はたくさんいるでしょう。広報担当は、「A子さんもその類だ」と言っているのでしょう。でも記事の中には前澤氏とのLINEのやりとりがありますから、これが偽造ってこともないでしょうし、全くの事実無根っていう話でもないでしょう。

~敵の出方次第?!~

前澤氏のLINEの中には

一方、A子さんは一方的な理解であの日を面接ということにし、それら一連のやり取りを文春さんに情報提供する引き換えに謝罪要求などをしてきたことです。

A子さんの今後の行動でこちらの行動を決めます。

今のところの私たちの認識は、文春などへの情報提供は保留とし、当人同士の話し合いを近日中にA子さんの指定する時間や場所で行う、という認識でおりますので、今すぐ警察に被害届をだすことはありません。

と書かれています。「A子さんの一方的な理解であの日を面接ということにした」と言っていますが、A子さんが勝手に秘書採用面接と考えてしまったと言っているのです。前澤氏側も面接であれば事前に「面接を行います」っていうでしょうし、面接かどうか分からない状況であれば「これは面接ですか?」って聞けよって話でしょ!会社事務所のどこで話をしたのか分かりませんが、40過ぎた女性が会社事務所に出向いて行ってそれが面接かどうか分からない訳ないでしょう。もし、前澤氏側が面接の形をとって肉体関係を結んだのであれば、高額な慰謝料請求ができますから文春に情報を売る必要もないわけです。

「一連のやり取りを文春さんに情報提供する引き換えに謝罪要求した」という事であれば、脅迫罪は成立していますから前澤氏側にやましいことが無ければ告発すればよいことです。

~もう記事出ちゃった!~

その後、A子さんから「前澤さんと電話で話した」として、小紙に次のようなメッセージが送られてきた。

〈なんか色々と良い事を言われました。文春さんに出たら、それはしないと言うので、とりあえず2人で会って、色々契約しようと思いました〉

だが、記事の掲載を小紙が見送り、前澤氏がA子さんに金銭を支払えば、恐喝が成立することになりかねない。また、前澤氏は日本を代表する起業家、経営者であり、採用を巡るトラブルを報じる公共性、公益性は十分ある。

A子さんの言うことが本当であれば、前澤氏側に弱みがあったってことでしょうから前澤氏側から、「お金を支払う」とか「雇ってやる」などといった良い条件を提示されたのかもしれません。しかし「文春さんに出たらそれはしない」という条件付きです。でももう記事出ちゃってるじゃん。どうすんの!

A子さんは「記事を出さないように」って言わなかったのでしょうか?言っているんじゃないの?言わなかったとしたら本当にバカな女です。前澤氏からの良い提案もチャラになっちゃったのかな?

文春はA子さんのことを考えずに記事にしてしまいました。その理由付けを「日本を代表する経営者の採用を巡るトラブルを報じることは公共性、公益性は十分にある」と独善的に言っています。確かに前澤社長とA子さんとの男女関係のトラブルであることはLINEを見れば分かりますが、”採用を巡るトラブル”かどうかはA子さんの言い分だけですよね。前澤氏は「明らかに面接ではなかった」と言っているのですから、”採用を巡るトラブル”という裏付けが薄いように思いますね。それでも情報提供者のA子さんのことを思いやらないままの記事掲載には疑問ですね。

また、文春は、A子さんが「謝罪しないと文春に言う」という脅迫行為を行っていたことを知っていたわけですから、それを知っていてA子さんの取材を続け記事をかいたことは社会的、道義的責任は免れないと思います!文春はそんなことは気にしないでしょうけど…。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください