政治

韓国のウソ&いちゃもん!GSOMIA延長は恐喝?日本に抗議で謝罪?

投稿日:2019年11月26日 更新日:

~GSOMIA破棄延長は韓国の恐喝!~

GSOMIAとは、世界各国が自国の安全保障のために軍事的な情報を集めている中、同じ脅威を抱えている国同士がお互いの軍事情報を教え合うことで、同じ脅威に対して共同で対処しようというものです。ですから、その国同士の信頼関係がなければ成り立たないのです。

レーダー照射問題でウソをつき、旭日旗をはじめとする日本に対するイチャモンをつけてくる韓国を、軍事情報共有のパートナーとして信頼できるのでしょうか?しかも文在寅大統領は朝鮮半島統一のため、北朝鮮のために隠れて支援物資を提供したり、北朝鮮の漁船に油を提供したりするなど、北朝鮮より外交を続けており、韓国は日本よりも北朝鮮に親和的な政治行動をとっているのです。

日韓の軍事情報共有については、第一義的には北朝鮮の軍事的動向に関する情報収集なのですが、韓国側が得た北朝鮮の軍事的情報をそのまま日本に提供するのかといえばそれは容易には信じられないと思うのです。

しかし、日本も米国の手前、韓国とのGSOMIA破棄を言及したくてもできなかったの本音なのではないかと思います。何故ならば、米韓同盟があり、日米同盟があるのですから、信じられない韓国が提供する情報よりも間接的で時間的経過はあるかもしれませんが、アメリカからもたらされる情報を信じた方が良いのではないかと思うのです。

しかし、アメリカの圧力によってGSOMIA破棄を延長した韓国の決定に対して日本政府は表面上は"良かった感”を出してはいますが、実際は、

GSOMIA破棄をしない代わりに半導体素材の輸出規制措置を撤回してくれ!そして、ホワイト国に戻してくれ!そうしなければいつでも破棄できるゾ!

という恐喝まがいの決定であることは誰もが分かっていることなのです。汚い韓国の手口と言えばそうなのでしょうが、米国の手前日本も輸出規制措置に関する今後の話し合いを拒否することはできなかったのです。

~すぐにイチャモンの韓国!~

韓国は、早く日本側の輸出規制を解除させて、経済的に打撃を受けている現状を打開したいと思っていることは明らかであり、その目的のためにGSOMIA破棄を打ち出してきたのです。ですから、韓国は日本に今後の政策対話を要求するためにGSOMIA延長を突き付けてきた。そして日本も仕方なくこれに応じたのです。しかし、その合意の後、また韓国がお得意のイチャモンをつけてきました。

韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は24日、南部・釜山で記者会見し、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)維持を巡る合意内容について、日本側が意図的に歪曲して発表したとして遺憾の意を表明した。日本側に外交ルートで抗議し、謝罪を受けたと説明した。合意自体は守る姿勢を示した。

これは何にイチャモンをつけているのかと言いますと、韓国のGSOMIA破棄延期を受けた当日、22日に経済産業省の飯田陽一・貿易管理部長が韓国が求めてきた政策対話再開で合意した理由について

韓国側が輸出管理の現状の問題点について改善に向けた意欲を示している。輸出管理の厳格化措置は当面維持し、個別審査を通じて輸出許可を行う方針に変更はない。

と発表したのです。これを見ると、韓国側からすれば、「これまでの輸出管理に問題点があったことを認めた」ということになり、日本が上から目線でキタ~~!となったのでしょう。これを反日感情の高ぶる韓国国民が見れば「韓国は日本に負けたのか?」と政権に対する批判が噴出することは火を見るより明らかですし、現に延長を決定した時点で文政権に対する批判が高まっています。

チョ・グク元法相の問題からただでさえ政権支持率が落ち込む中、こんなことが韓国民に知られたら大変なことだと文大統領の指示で慌てて火消しに走ったのでしょう。

~自分のためには平気でウソの韓国!~

更に韓国はウソを続けたのです。鄭義溶国家安保室長は24日、記者団に

我々の抗議に対し、日本側は「謝罪する。合意内容にはいかなる変りもない」との点を再確認してくれた。合意した原則に沿って早期に最終合意に達することができるよう日本と引き続き努力していく

と話したのです。「日本側がウソを言ってしまったので謝罪すると言った」と話したのです。日本が謝るわけないでしょう。これに対して菅官房長官はきっぱりと

政府として謝罪した事実はない

と否定したようにも見えますが、「政府として」というのが気になります。政府としてではなく、政府要人が個人的に謝罪した可能性は否定できないという事なのでしょうか?

しかし、梶山経済産業相は「日本側の発表は『両国ですり合わせた結果』だ」と言っていますから謝罪する必要はないはずです。両国ですり合わせたことでも文大統領が気に食わなかったからこんなことになったのでしょう。

GSOMIA破棄延長については、日本のネット上でも「韓国敗北」「韓国ついに白旗」などと韓国側が日本に屈したという情報が多く、韓国内ではGSOMIA破棄延長について、文政権の支持者らからも批判が相次いでいるそうです。文政権は、自身の支持者に対して「日本に屈したわけではない」ことを主張し続けなければならない訳です。

一方、日本側は、GSOMIA破棄について、「破棄はやめてくれ」「破棄されたら日本は困る」という理由もないわけで、「輸出規制を見直させてくれ」と日本側から請う必要もないはずですから、どちらがウソを言っているのか誰にでも分かることです。

韓国政府は自身の政権を維持するために日本をダシにして平気でうそをついているということなのです。

~韓国の対日問題は全てウソから!~

これまで韓国からの日本に対するウソ&イチャモンは何度も経験してきましたが、「もういい加減にてくれ!」と言いたいですね。まず徴用工問題にしても韓国大法院での徴用工裁判で勝訴した原告ら4人は「徴用工ではなかった」という事実。レーダー照射問題でも初めは「レーダー照射した事実はない」と嘘を言い、「レーダーを照射したが正常な作戦活動中で、日本の哨戒機を追跡する目的ではなかった」と言い、さらに「日本の哨戒機からの電波が微弱で内容を確認できなかった」「日本の哨戒機が異常に低空で飛行した」など挙げればきりがないほどのウソの上塗りを繰り返したのです。

慰安婦問題についても発端は日本の朝日新聞の虚偽報道ではあるけれども朝日が虚偽と認めても全く無視して軍による強制的な慰安婦連行を今でも訴えているし、「最終的不可逆的な解決」を合意したにも関わらず平気でチャラにするなど、ウソつき外交を続けてきたことは誰もが知っていることです。

竹島(独島)も日本の敗戦後に当時の韓国大統領が「ここからここまでが我が国の領土だ」と線を引いた李承晩ラインで無理やり日本の領土であったものを韓国のモノにして、小学校から「独島は我が国の領土」と教育しているのですから呆れるばかりです。

イチャモン外交もしかりです。最近の話では、韓国が日本の福島県などの8県産の水産物が放射能に汚染されているとして輸入禁止にしたり、東京オリンピックを放射能オリンピックと命名して「選手団を派遣できない」などと主張したり、旭日旗の持ち込み禁止を主張したりとキリがありません。

これら韓国は隣国の日本のことは全く考えておらず、「韓国をイジメた日本が韓国に勝ってはいけない」「韓国さえよければ隣国の日本なんかどうなってもいい」という考え方に他ならないのです。韓国による日本へのウソ、イチャモンは、韓国が軍事的にも経済的にも明らかに日本を追い越すまで続くはずです。

日本は、韓国が貿易輸入管理を厳格化して日本からの輸出品が「どこで使用、消費され、どこへ転出したのか」を100%明らかになるような状況ができるまで厳格化を緩めてはいけないし、GSOMIA破棄について”いつでも破棄できるぞ”という延長状態の下で厳格化の緩和を決定してはならない”と思います。

このような状況下で緩和すれば日本が韓国の恐喝に屈したということになりますし、そうなれば韓国は勝ち誇ったように国民に向けて、「韓国の勝利!」とまたウソを声高に叫ぶでしょう。日本はあくまで毅然とした態度で、「厳格化を緩和して欲しいのであれば先にGSOMIAの継続を決定せよ!」と主張するべきです!

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください