スポーツ

韓国サッカーのラフプレー&マナー違反で炎上!海外の反応も評判も最悪?

投稿日:

~ワールド杯2連敗でもファール数は現在ワースト第1位~

日本代表チームが、「絶対に勝てないだろう」と予想されたコロンビア代表を破り、日本中が盛り上がりを見せているワールドカップロシア大会。優勝候補のドイツがメキシコに負け、ブラジルが初戦、スイスに引き分けるなど、波乱の展開となっています。そして、今話題になっているのが韓国代表チームです。死のグループと言われるドイツ、メキシコ、スウェーデンがいるグループF。その中でダントツにランキングが低い韓国は、まともに戦っていては勝てないとばかりに多くのファールを使って勝ちにいってます。しかし、エゲツナイファールをたくさん使っても2連敗しちゃいました。

第1試合の対スウェーデン戦では反則数23個、第2試合の対メキシコ戦では24個となりました。そのファールは悪辣非道の限りで、服を引っ張り続けるのは可愛いもので、ボールを倒れて抑え込もうとした相手キーパーに韓国選手がスライディングキック。相手選手ののど元にエルボードロップを加えるなどあまりにひどい試合で、審判から注意を受けても知らん顔するなど、韓国いや、朝鮮民族の民族性が端的に表れた試合ぶりでした。

韓国代表と戦ったメキシコ代表チームのファン・カルロス・オソリオ監督が、

 「いつもは、レフリーについて語るのは好きではないが、私にとって好ましくないことがあったし、それが我々に対しての24回のファウルであった。誰がそれを犯したのか、一目瞭然だ。フットボールのために、必要な予防と判断措置が取られることをねがう。」

↓メキシコ代表監督

と話しています。正に、韓国代表チームについてのコメントです。よほど腹が立ったのでしょう。オソリオ監督だけではありません。試合を見ていた朝鮮民族以外はみんな腹が立ったと思いますよ。「なぜレッドカードが出ないんだ」と観客は叫んでいたそうです。オソリオ監督が語った前段は、「『何でレッドカードで退場させないんだ』とレフリーに言いたい」と言うことでしょう。後段は、「ファールを技術と勘違いしているようなチームは今後ワールドカップに出すな」という意図でしょう。24個のファールを受けたチームの監督ですから気持ちはよく分かります。ちなみにこの試合でのメキシコの反則は7個でした。

~恐ろしい朝鮮民族、「恨」「火病」~

韓国チームは2試合を終え、スウェーデンに0-1で敗れ、メキシコにも1-2で敗れました。さて次のステージには進めないことがほぼ決定した中で、ランキング1位の強豪ドイツ戦が控えています。韓国チームはもう、奇跡でドイツチームに勝ってもほとんど意味がないのです。どんな試合を展開する気でしょうか?後の試合はないのですから、全員がレッドカードをもらっても良いのですから好き放題のファールができるでしょう。そして、二度とワールドカップに出られないような措置を受けるべきです。

日本のサポーターが、観客席のごみを拾う姿に触発されて、いくつかの国のサポーターも見習い、観客席のごみを拾って帰るチームが増えてきているそうですが、韓国サポーターが会場のごみ拾いをしたとは聞こえてきませんね。これが朝鮮民族なのです。朝鮮民族は、「恨」(ハン)の文化と言われ、「恨」とは「妬み恨み、悲しみ、怒り」などの終わりのない感情とよく分からない精神を持っているということらしので、朝鮮民族は、大声で泣き叫び、おお声で怒り、ののしりあうことが多いのです。韓国では逮捕された犯罪人を公衆の前にさらけ出して見世物にするなどが現在でも行われており、テレビ報道でもよく目にします。「罪を憎んで人を憎まず」などという概念はないのです。また、朝鮮民族の多くが火病(ファッピョン)と呼ばれる精神疾患を患っているそうです。簡単に言えばヒステリー症状だそうです。

↓ナッツ姫

~最後のドイツ戦、ファール数で1位を取りに来るのか?~

昔、韓国で行われたソウルオリンピックの記憶を思い起こして下さい。最も酷かったのは、ボクシングの試合で、韓国選手が判定で敗れた際、セコンドに就いていたコーチがリングに上がり、レフェリーを殴ったのです。これには驚きました。また、柔道の試合の判定に不満を持った韓国コーチが試合会場の畳の上に上がって来て、審判に文句を言ったという光景を覚えている方も少なくないでしょう。

↓ソウル五輪・ボクシングの様子

朝鮮民族の悪辣さを上げればキリがありません。何と言っても、第二次世界大戦後、突然、当時の李承晩大統領が地図上に戦を引いて、敗戦国の日本から島根県竹島を含む日本海側を「これは韓国のもの」と決めつけ、「独島」と名付けた。また、韓国前政権で日本との慰安婦問題について、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認する」とした日韓合意も大統領が変わって白紙に戻された。韓国だけではありません。北朝鮮も同じ朝鮮民族です。どれだけ世界が北朝鮮から騙されてきたか?今ではトランプ大統領を使って世界を騙し、少しずつ経済制裁を緩めさせようとしているのです。これが朝鮮民族なのです。

メキシコ代表監督の言葉は重たいのです。ドイツ代表との最終戦、韓国代表はどのような戦い方をするのか見ものです。対メキシコ戦でのファール数24がこれまでワースト第1位です。対スウェーデン戦の23個が第2位です。ドイツ戦で25個以上のファールを犯し、ワースト1、2、3独占を狙って欲しいものです。

-スポーツ
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

内田貞信(ボクシング)は逮捕歴&前科あり!過去の黒い噂も?派閥争い?

~結局、派閥争いだったのか?~ 日本語がまともに喋れない日本ボクシング連盟の前会長山根明(78歳)が辞任して、新会長に内田貞信氏が就任しました。内田氏は、日本ボクシング連盟を告発した「日本ボクシングを …

イチローの引退はウソ!マイナー落ちから復活?日本復帰の可能性は?

イチローは真の日本代表選手 マリナーズのイチロー外野手(44才)が、今シーズンは試合に出られなくなったとの発表がありました。マリナーズには残って球団の会長付特別補佐に就任したというのです。しかし、引退 …

池谷幸雄が暴走しすぎ!号泣&涙の理由は?永久追放論に批判殺到?

~宮川紗江選手の単独会見に世論は同調~ 体操選手で、リオデジャネイロオリンピック代表選手の宮川紗江(18歳)が自身のコーチである速見祐斗コーチ(34歳)の暴力指導問題に端を発して、単独記者会見を開き、 …

柔道全日本選手権の結果で明らか!現在はルール改正でおかしい?

全日本柔道選手権 平成30年全日本柔道選手権大会が終わりました。昭和23年から始まったこの大会、原沢久喜(日本中央競馬会)が王子谷剛志(旭化成)をゴールデンスコア方式の延長戦で破り、王者となりました。 …

南北合同チーム(卓球)はあり?なぜ&おかしいや卑怯の反応も!

世界卓球、日本チーム好調の中で 今、スウェーデンを舞台に世界卓球大会が行われ、連夜、日本の活躍が放送されています。日本女子チームはメダルを確定させ。日本男子チームもベスト8に進出するなど日本としては大 …