芸能

立川志らくがグッと降板!タコ太郎と韓国人でタトゥーの酒井莉加が不倫!

投稿日:

~志らくがMCを降板?!~

他人のスキャンダルに対して偉そうにモノを言うワイドショーのコメンテーターたち。このコメンテーターたちのスキャンダルは普通の芸能人より面白いですね。”文春砲”が、低視聴率を続けるTBS系の「グッとラック」のMC立川志らくの妻の不倫を報じました。

青木理や玉川徹などの”文春砲”が見たいものです。他人ごとには厳しい言葉を浴びせるこんな連中が自身のスキャンダルに対してなんと弁解するのか?何と言ってかわすのか?を見るのは面白いと思います。

ワイドショーというものは基本的に他人の不倫問題など人の不幸を取り上げて好き勝手なことを言う番組ですから、志らくが今後他人の不倫問題に対して制作側が求めるような発言ができるのか心配です。しかし、視聴者にとっては興味があるところですから、視聴率低迷を続ける「グッとラック!」はこのスキャンダルでしばらくは視聴率が盛り返すかもしれません。

でも、このまま志らくがMCを続ければ大物芸能人の不倫スキャンダルが報じられてもコメントはしにくくなるでしょうし、朝の主婦層や高齢者が見る番組ですからちょっとイメージが悪すぎます。どうせ志らくでは視聴率が稼げないのですから一刻も早くMCを降板させた方が良いと思いますし、志らく自ら降板するのではないかと予想します。

~志らくは妻の不倫を知っていた?!~

志らくは妻の不倫を報じられた後の番組冒頭で、

実は、私のプライベートのことで、ちょっとしたゴタゴタがございまして。某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました。それに関しては、私は妻のことを信じております。まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございません。この程度のことで絆が切れるということはない。あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます。

と話しました。う~ん。番組内で妻に対する恨みを言っても始まりませんし、言った途端視聴者から叩かれるだけのこと。こう言うしかなかったのかなとは思いますが、ひょっとすると本心なのかもしれません。

妻の酒井莉加(38歳)と弟子のタコ太郎こと立川うおるたー(25)がしっかり車内でチューしたり路上で抱き合ったりしているところを撮影されているんですから「ちょっとしたゴタゴタ」ではないでしょうし、不貞行為は事実なのに「妻のことを信じております」って何を信じているのでしょうか?”妻に限ってそんなことはしない”っていう意味なのでしょうか?さすがの志らくも動揺を隠せなかったようですね。

劇団の主催者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です

と劇団関係者も証言しています。

また莉加さんは4年前にも別の弟子と不倫していたという報道もありますし、タコ太郎とも以前から夫婦同然だったなんて話ですから志らくも2人の仲は当然知っていたのでしょう。そういえば志らくは東出昌大の不倫問題で、東出と妻の杏さんが別居しているという話題で

う~ん、まあね。あの~彼は落語がとても好きなんで…こうなったら開き直るしかないですね。「芸の肥やし」とか言ってね。しょうがないですよ。事実ならば、ね。

と擁護したことが話題になりましたね。この時も”妻の不倫が報道されたら”ということを考えながら話していたのかもしれませんね。

志らくはもう56歳、しかし妻はまだ38歳、この年の差はきつい!志らく自身は妻を満足させる力が不足していたことで妻の不貞を許容していたのかもしれません。それならば志らくの「この程度のことで絆が切れることはない」という意味も分かるような気がします。

~タコ太郎の落語復帰は無理!~

莉加さんの不倫相手のタコ太郎こと立川うおるたーは何と安倍晋三首相と同じ成蹊大学を出ているとのことでの秀才なのでしょう。19歳の時の2014年10月に成蹊大学に通いながら志らく一門へ入門したそうです。現在は落語は”休業中”と報道されていますが、志らくは”元弟子”と語っていますから志らくの中ではもう弟子とは考えてないのでしょう。

落語を休業して、莉加さんが主宰している「謎のキューピー」という劇団で活動しているそうですから、落語休業も莉加さんとの関係が影響しているのかもしれません。タコ太郎はまだ25歳ですから元気もいいでしょうし、ジャンジャン稼いでいる志らくの妻にくっ付いていれば食いっぱぐれることもないでしょうが、今回の件で落語復帰は難しいでしょうね。

~破天荒な莉加さん!~

この莉加さんは何でも若い頃には「Link Link Link 」というアイドルグループで活動していたそうで、若気の至りで足にタトゥーを入れまくっているそうで、また一度は坊主頭にしたかったなんて言って本当に坊主頭にしたりとその破天荒な性格が分かりますね。また精神病院に入院していたこともブログで明かしているのですからとんでもハップンな女のようです。

そしてなんと韓国人とのハーフであることも明かしています。

私、実はハーフなんです。 戸籍を見て初めて知ったの。 よくハーフでしょ。と言われるが日本人ですよ。と適当に答えてた。 結婚する時初めて知った、私の秘密。 父親が韓国人、母親が日本人。 本当の名前は キム(金)です。 子供がイジメに合わないようにと 名前を変えていたらしい。 だから、韓国の血が濃いのです。 陰口が嫌だから、すぐ本人にキレてしまう癖も 辛い物に強いのも 結構悩みを自分でこらえるのも 意外と純粋なベタな恋愛が好きなのも 韓国人の血が流れてるからなんです

ということは志らくも結婚するまで莉加さんに韓国人の血が流れていることを知らされていなかったということなのでしょうか?しかし、父親が韓国人ならば日本語の発音がおかしいはずですし、父親の親族もいるでしょうから、普通は気づくとは思うのですが、20歳を過ぎて結婚するまで知らなかったなんてことを信じていいものなのでしょうか?

~そういう女だから仕方ない?!~

まあ”不倫”なんてのは誰もがやっていることなのですが、それを叩く人たちは本当に不倫したこともないし結婚後他人を好きになったこともないんでしょうか?それはそれで不幸だと思うのですが…。自分の夫や妻が不倫をしていないと信じているバカか、よっぽどモテない人と連れ添っているんでしょうね。

結局他人の不倫なんてどうでもいいことなのですが、イチイチ他人のことにイッチョ前に偉そうなコメントをして人気を高め、ボロ儲けしたきた志らくの不幸だから面白いんでしょうね。”泥沼離婚”とかになればもっと面白いのでしょうが、それでも妻を信じるというのは志らくが莉加さんのことを「そういう女なんだから仕方ない」と思っていると考えた方がイイのでしょうネ。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください