スポーツ

巨人軍の原監督らがコロナ対策で寄付は売名?他球団&他の選手は?匿名で!

投稿日:

~東京都に寄付が必要か?~

「プロ野球巨人軍の原辰徳監督らが1人1千万円、5人で5000万円を東京都に寄付した」というニュースがありました。寄付者は全員巨人軍で原監督の他、阿部慎之助2軍監督、菅野智之投手、坂本勇人選手、丸佳浩選手の5人だそうです。新型コロナウィルスのために医療機関で働く人たちへの支援だといいます。

今年のプロ野球№1年棒6億5000万円の菅野が言い出しっぺだそうですが、これだけの年棒を貰えば1千万円くらい何てことはないのでしょう。

巨人は在京球団だから東京都にということなのでしょうが、しかし東京都は全国でもトップの歳入額を誇る大金持ちの自治体です。東京都は4月7日に医療体制強化のための補正予算232億円加えて、合計7兆4000億円以上の予算規模になったのですから医療関係現場で資金がないということはないと思うのです。

この予算からすれば5千万円なんて言うのは微々たるものであることが分かります。在京球団だからといっても巨人軍のファンは全国にいるわけですから、お金のない自治体への寄付ならばどんなに有難がったでしょう。

巨人の5選手の寄付だけでなく、巨人軍によるマスクなどの寄付も行われたそうですが、巨人軍はお金持ち球団だからできるのでしょう。

~お金のない大阪、阪神は?~

全国で2番目に感染者数が多い大阪府などはお金が欲しいはずですが、”在阪球団の阪神タイガースはどうだ?”という話になります。感染者も出た球団だけに指をくわえて見ているわけにはいかないのではないかと思います。感染した藤波晋太郎投手らが募金活動をしているというニュースがありましたが、選手自らがいくら寄付したという話はありません。

阪神選手の中で今年の年棒ベスト50に入っているのは

9位 4億円の糸井嘉男選手、27位 2億円の西勇輝投手と藤川球児投手

の3人だけなのです。

巨人では菅野投手が第1位で坂本選手が第3位で5億円、丸選手が7位で4億5000万円です。糸井選手なら1000万円の寄付はできるでしょうが、他はきついかもしれませんね。

~寄付は匿名だから美談!~

私が言いたいのは、糸井選手ら”阪神選手が名前を伏せて寄付をしているかもしれない”ということなのです。プロ野球選手は”ヒット1本打ったら100万円寄付”とか”ホームラン1本打ったら”などと明言する選手が過去に何人もいました。

寄付は名前を明かせば”売名行為”になるということなのです。アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターが書いた「あしながおじさん」は孤児院で育った主人公の少女に名前を明かさずに学費を送り続けたという有名な小説です。

また、2010年のクリスマスの日、漫画「タイガーマスク」の主人公を「伊達直人」を名乗る男性から群馬県中央児童相談所にランドセル10個が送られた美談がニュースとなり、全国各地で同様の寄付行為が行われ、”タイガーマスク運動”と呼ばれた現象を記憶の方もおられるでしょう。

寄付行為は名前を伏せるから美談なのである。

「阪神選手は大阪に寄付しろよ」と思っている人がいたとしたら、ちょっと待ってください。”匿名で寄付をしているかもしれない”ということを考えてみて欲しいのです。

福岡県の感染者数は全国で8番目に多い。ソフトバンクホークスの選手は億越えの選手が一番多い金持ち球団です。選手では

2位 5億7000万円の柳田悠岐選手、6位 4億6000万円の森唯斗投手、7位 4億5000万円の松田宣浩選手、13位 3億円の千賀滉大投手

などなどがいます。こっそりと寄付している選手がいるかもしれません。

~巨人軍の他選手や他球団はどうする?!~

巨人選手が名前を明かして寄付したことで他球団も寄付行為を迫られる格好になってしまわないのかということが危惧されます。在京球団といえば巨人だけでなく東京ヤクルトスワローズもあります。

巨人選手は東京都に寄付したのにヤクルトはしないのか?

という声は必ず出てきます。ヤクルトには

3位 5億円の山田哲人選手、12位 3億4000万円の青木宣親選手

の2人しかいません。巨人選手が1人1千万円の寄付をしたと大々的に報道された後、ヤクルトの選手が300万円寄付じゃあチョット格好がつきませんね。いいんです。寄付は匿名でやれば。

巨人軍の他の選手もちょっとお尻がこそばゆい感じがしているのではないでしょうか?やはり、巨人軍の他の選手や他球団のことも考えて名前を発表しての寄付には違和感が残りますね。

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください