芸能

木下優樹菜&フジモンが離婚後も同じマンション!偽装離婚で母子手当は?

投稿日:

~偽装離婚は犯罪?~

姉が働くタピオカ店の経営者をメールで恫喝して芸能界を去ったユッキーナこと木下優樹菜(32歳)と元夫のお笑いコンビ「HUJIWARA」のフジモンこと藤原敏史(49歳)の偽装離婚疑惑が浮上しています。

もし偽装離婚が真実ならば何が問題のか?犯罪になるのか?について考えてみましょう。

今年3月のトーク番組内でのフジモンの発言です。

蛍原から「ユッキーナと連絡とってる?」との質問が。藤本は「取ってますよ、子供のことあるから。送り迎えとか面倒とかあるから」と回答。また、木下宅の近くに住んでいるため、藤本の家に娘が遊びに来ることもよくあるようで、「特に上の子は毎日泊りに来る」と明かした。

フジモンは平気で悪気もなくこんな発言をしていました。

~フジモンの好感度のため?!~

最近ネットで6月初旬の夕方、ユッキーナとフジモンが仲睦まじく車で出かける様子が週刊誌によって確認されています。

現在木下と藤本は、都内の人気エリアに建つ高級タワーマンションでつかず離れずの生活を続けている。同じマンションの別の部屋で寝起きをしているのだ。

「藤本さんの部屋はひとり暮らし用の1LDKで、木下さんの部屋は3LDKのファミリータイプと聞いています。木下さんが子供と一緒に住んでいるそうですよ」(木下の知人)

階数が違うだけの一つ屋根の下での暮らしは、結婚していたときとはあまり変わりがなさそうだ。

「いまもふたりはお互いの部屋を頻繁に行き来していて、夕食を一緒に取ることもよくある。離婚を知らない人から見れば、普通の仲のいい家族に見えると思います。夫婦間に距離が必要だったとはいえ、こういう生活を続けているとすれば、離婚した意味もほとんどないような…(苦笑)」(前出・木下の知人)

ユッキーナとフジモンが離婚したのは昨年末。元々喧嘩が絶えなかったとのうわさもあって離婚前から別居していたと言われています。そしてユッキーナが引き起こしたタピオカ事件をきっかけに離婚となったわけです。

今思うと、タピオカ事件当時は木下の素行の悪さや元ヤンの性根の問題が取りざたされ、仲睦まじさを演出してきた2人にとっては大きな痛手となりました。木下も芸能界から手を引いたようですし夫婦を継続すればフジモンの好感度にも影響すると考えての離婚だったと思います。

~ユッキーナに子供を任せられない!~

2人の間には2人の子供がいますが、親権はユッキーナが持っているといいます。

弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwwww

30歳超えた子供をもつ母親の言葉とは思えない幼稚な脅迫文言。このメールでユッキーナの本性が世間にバレ、これまで築いてきた芸能界での地位が崩れ墜ちたのです。結婚後ことあるごとにフジモンはユッキーナに「離婚だー」と言い続けていたそうですから、フジモンはユッキーナの本性は見抜いていたのでしょう。

それならば簡単に親権をユッキーナに譲って子育てを任せるわけにもいかないという気持ちは分かります。それならフジモンが耐え忍んで子供たちのためにも夫婦関係を維持するべきだったのでしょう。フジモンは考え抜いたあげく、今後も自分が子育てに関わっていくことで子供たちがユッキーナの影響を受けて誤った方向へ行かないようにとこんな方法を選んだのかもしれません。

~偽装離婚は犯罪!~

しかし、ネット上では「偽装結婚」と報じられています。そもそも偽装結婚とは何なのでしょうか?夫婦関係にある者同士が実際には夫婦関係を続けながら役所に離婚届を提出することです。通常その目的は、いわゆる母子手当(児童扶養手当)という母子家庭や父子家庭に対して給付されるお金を受け取るためや生活保護を受け取るためという経済的な理由で行われることが多いのです。

ユッキーナは芸能活動をやめており現在はプータローのようですが、離婚前には年収4000万円を稼いでいたという話もあります。その収入源のほとんどはInstagramの広告料だそうです。

ユッキーナはママタレとしての好感度からフォロワーが多くいたそうですが本性がバレた今ではそれほどの収入はないでしょう。しかしまだ蓄えはあるでしょうから今は良いとしても、今後母子手当給付の申請をすればこれは大きな問題になります。

もし2人が夫婦同然の生活をしていてフジモンの稼ぎで生計を立てながら母子手当を受け取るようなことになればこれは詐欺罪に当たる可能性も出てきます。これは大変な問題になるでしょう。

また、離婚届を提出する時には役場に行き、公務員に対して虚偽の内容を申告して戸籍などを改変させるわけですからこれはもう公正証書原本不実記載というれっきとした犯罪に該当します。

~誰かが忠告すべき!~

フジモンは、

娘にとって父親であることには変わりはない。父親の役目を全うするには、やっぱり近くに住んでいるのが僕は一番だと考えて、そういう形を取っている

などと言っているそうですが、父親として娘のことを考えるのなら離婚をせずに一緒に暮らすはず。離婚しなければならない理由があったからそうしたのでしょうが、離婚後も家族が同じマンションで生活し互いの部屋を行き来することができるくらいなら子供のためにならない離婚を選択する理由があったのだろうか疑問ですね。

一般的には離婚をして一つ屋根の下に暮らしながら部屋を行き来するなんてことはあり得ない話ですし、冒頭の車で出かけたフジモン家族は何とユッキーナの母親の家に行ったというのですから驚きです。

「多いときには週に2~3回と、かなりの頻度で木下さんのお母さんの家に遊びに行っているそうですよ。藤本さんはいまでも木下さんのお母さんとは大の仲よし。普通の家族以上に仲がいい”婿殿”なのは間違いありませんね。藤本さんは周囲に”復縁はない”と主張しているようですが、説得力がないというか、もはや籍は関係ないなと。そのくらいふたりはしっかり家族をしていますよ」(前出・木下の知人)

離婚した妻の実家に遊びに行くなどということはどう考えてもあり得ません。離婚前に家族で暮らしていたマンションもそのままフジモンが所有を継続しているということも引っかかります。

今回の記事は、単なる芸能記事ですが、誰かが告発すればこれだけの状況証拠がる以上警察は受理して捜査しなければなりません。フジモンは気軽に考えているようですが、このままではいけません。誰かが忠告してあげないと大変なことになる可能性もあります。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください