未分類

佐々木希は元ヤンなのにトイレ不倫の夫・渡部建のために泣ける&可哀想!

投稿日:

~渡部は”不倫”とは違う!~

”トイレ不倫”発覚を発端として次々と女遊びが暴露されたアンジャッシュの渡部建(47)。その妻である佐々木希(32)が「可哀そう」と誰もが思っていました。こんなカス男なんかトットと捨てて子供と2人で生きていく道を選ぶべきだと誰もが思っていたでしょう。

しかし佐々木希は

この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません

とコメントを出しました。最も不快な気持ちにさせられたのはもちろん妻である佐々木希でしょう。佐々木はその後”離婚しないことを決意した”と報道されました。

東出昌大のように妻とは別の女性を愛してしまった結果不倫になったのであればまだしも、渡部の場合は複数の女性を性のはけ口として”女遊び”をしていたのであって”不倫”とは違います。”鬼畜不倫”とまで呼ばれているのです。

~相手の悪評を知らないまま結婚?!~

そんな渡部を許し離婚しないと決断した佐々木について、「バカじゃないの!」と思っていましたが…。

モデルで女優の佐々木希(32)が、毎夏恒例の日本テレビ系「24時間テレビ43 愛は地球を救う」内で生放送された「チャリティ笑点」に出演し、変顔も披露するなど、”体当たり”で笑いを取った。複数の女性との不倫が発覚した夫で、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)と離婚しないという決断を下した佐々木。そんなけなげな姿に視聴者の評価はうなぎ上りで夫の”お笑い復帰”、まで後押ししているというから驚きだ。

「チャリティ笑点」で、佐々木はお笑いコンビ「テツandトモ」とコラボ。笑点のリズムに合わせ顔芸に挑戦し、同コンビの持ちネタ「なんでだろ~」を全力でダンスして笑いを誘った。テツに「一緒に営業回りましょう!」と誘われると、佐々木は「お願いします!」と笑顔。さらに終了後、舞台裏で林家たい平に「大丈夫ですか? あんな変顔して。女優人生に影響あるんじゃないですか?」と突っ込まれると「あるかもしれないです」と苦笑いしつつも「楽しかったです!」と満足げだった。

2017年渡部と結婚し、翌年には長男が誕生。その後は佐々木希の顔をテレビで見ることもほとんどなくなっていました。逆に渡部は上り調子で食通としてグルメ評論家張りの活躍をしていましたから佐々木は家庭で子育てに没頭できていたのでしょう。

しかし渡部が芸能界から干され、今後は3億円以上の損害賠償額を求められているとも言われています。

そんな中、佐々木は仕事がない渡部に代わって”自分が働かなきゃ!”との思いで番組に出演したのでしょうか?

佐々木希は”元ヤン”で有名ですが、そこを差し引いても誰が見ても可愛いし美人です。渡部との結婚を知った時、「佐々木希ならもっといい人がいるでしょ!」と思ったのは私だけではないでしょう。

しかも渡部は”鬼畜不倫”発覚後、芸人仲間からも嫌われ者であることが有名になり、佐々木との結婚前から女遊びがひどく、結婚後も変わらなかったなんて話も出ているくらいです。しかしそんな嫌われ者に佐々木希がゾッコンとなってしまったそうです。”恋は盲目”と言いますからこんな話はゴマンとある話でしょう。

「よくあんな男と結婚したなァ」とか「あんなブスと?エッなんで?」なんてことはよくあることでイイ女やイイ子がとんでもない奴と結婚するなんてことはよくある話というよりもイイ男とイイ女の結婚の方が珍しいとさえ思います。

渡部について、「相手によって態度を変える」という”人間として最悪の評価”をする芸人がいましたが、そんな男に惚れた佐々木に「あいつはろくでもない奴だからやめた方がイイよ!」なんて言えるはずもないわけです。

そういった経験をした人は多いのではないでしょうか?結婚する相手について知った悪評について結婚相手に教えるなんてことはよっぽど親しい関係でないとできませんから結婚相手の悪評を知らないまま結婚してしまう人は多いのでしょう。

~夫婦の問題!~

「渡部は不倫でバッシングされていますが、不倫は〝夫婦間の問題〟ととらえる視聴者も多い。妻の佐々木が許したことで、騒動も沈静化してきている。渡部へのバッシングが続けば、苦しむのは佐々木さんですから」(テレビ局関係者)

当分の間、渡部の収入が見込めない以上、子供のためにも佐々木が頑張るしかない。一部では、笑点の姿を「痛々しい」などとマイナスにとらえる声もあるが、妻なりの考えもありそうだ。

「佐々木さんはテレビ局関係者らに『主人を使ってあげてください』とまで言っているのですが、バッシングの影響で、肝心の渡部がまだまだ後ろ向きなんです。周囲に『私が立ち直らせる!」と言っている佐々木さんが変顔までして笑いを取る姿を見たら、渡部も芸人として何かを感じるでしょう。昔からお笑いが好きで、渡部のセンスを絶賛してきた佐々木さんなりのメッセージなんです」(芸能プロ関係者)

確かに不倫は夫婦間の問題です。週刊誌が面白おかしくしつこいくらいに報道しますが「放っとけよ」と思います。しかし何度も言いますが渡部の件は不倫ではありません。”ホテルのトイレに女を呼んで1万円を渡して性行為をしてハイさよなら!”これを”不倫”と呼ぶなら妻帯者が風俗に行くのも全て”不倫”って話になります。不倫ではなく”女遊び”です。

それでも離婚するかしないかは夫婦間の問題なのです。

~かわいそう?!~

この記事を読んだ第一印象は”佐々木希はけなげだな。夫のためにやりたくもない仕事をやってるんだな”と思いましたが、よくよく考えてみると佐々木希は”ゲスの渡部のことをまだ理解していないのではないか?”と思うようになりました。

佐々木は17歳の頃、秋田のショップで働いていたところをスカウトされて芸能界入り。17歳といえばまだ高校生の年齢で”子供”です。佐々木はかわいいのでみんなからチヤホヤされて世間知らずのまま大人になって行ったのではないだろうか?

”世間知らずのまま、男の良し悪しの判断さえわからないまま、お母さんになってしまったのではないか”と心配です。夫・渡部がやった”鬼畜不倫”の悪質さもよく理解しないままなのではないかと心配です。

夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います。

15歳も年上の渡部、これまでに数々の女を舌先三寸でだましてきた男、人生経験の差も大きい。こんな2人では話し合いにはならないんじゃないでしょうか?渡部の口車に乗せられて、「うん、わかった、もう一度やりなおしましょう」けなげにも「自分さえ我慢すればいい、子供ために…」

だとしたら”あまりにもかわいそう!”って思うのですが・・・

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください