政治

植村隆は謝罪を!慰安婦報道で捏造!櫻井よしこと裁判,最高裁で敗訴!

投稿日:

~日本と韓国に謝罪すべき!~

こんな大きな問題をなぜテレビは報じないのか?

今回の裁判で”慰安婦強制連行は捏造だ”と指摘した櫻井よしこ氏が完全勝訴した。

「そこまで言って委員会」で強制連行はなかったというコメンテーターに対して「勉強してないよ、私は取材に行ったんだよ」などとほざいていた田嶋陽子はこの判決を見てどう思ったのか聞いてみたい。

慰安婦強制連行はあったと言い続けてきた反日評論家やコメンテーターは大勢いたように思う。なぜ黙っているのか?日本国民と韓国国民に謝罪すべき時が来たのではないか!

元朝日新聞記者の植村隆氏(62)が従軍慰安婦について書いた記事を「捏造」とされ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリスト櫻井よしこ氏(75)と出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は植村氏の上告を退ける決定をした。18日付。請求を棄却した一、二審判決が確定した。

一、二審判決によると、桜井氏は、韓国の元慰安婦の証言を取り上げた1991年の朝日新聞の記事について「捏造」「意図的な虚偽報道」などとする論文を執筆した。

植村氏は「事実に基づかない中傷で激しいバッシングを受けた」と2015年に提訴した。

”事実に基づかない中傷で激しいバッシングを受けた”のは日本国民である。今でも韓国人たちは世界各地で慰安婦像を建設しようとしているのだ。

植村氏のこの記事がなければ日韓関係はこんな最悪の事態になっていなかったのではないか。吉田清治という単なる嘘つき作家がフィクションを書いただけで終わっていたのではないか。

これで朝日新聞の捏造慰安婦強制連行問題は終わったのか?いやいや、世界中に謝罪して回ることが朝日新聞の使命として残っている。

~”戦場に連行され”と書いている!~

これが植村氏が書いた問題の記事だ。

元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く

日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺(てい)身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、「韓国挺身隊問題対策協議会」(尹貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取り作業を始めた。同協議会は十日、女性の話を録音したテープを朝日新聞記者に公開した。テープの中で女性は「思い出すと今でも身の毛がよだつ」と語っている。体験をひた隠しにしてきた彼女らの重い口が、戦後半世紀近くたって、やっと開き始めた。

尹代表らによると、この女性は六十八歳で、ソウル市内に一人で住んでいる。(中略)女性の話によると、中国東北部で生まれ、十七歳の時、だまされて慰安婦にされた。二、三百人の部隊がいる中国南部の慰安所に連れて行かれた。慰安所は民家を使っていた。五人の朝鮮人女性がおり、一人に一室が与えられた。女性は「春子」(仮名)と日本名を付けられた。一番年上の女性が日本語を話し、将校の相手をしていた。残りの四人が一般の兵士二、三百人を受け持ち、毎日三、四人の相手をさせられたという。「監禁されて、逃げ出したいという思いしかなかった。相手が来ないように想いつづけた」という。また週に一回は軍医の検診があった。数か月働かされたが、逃げることができ、戦後になってソウルへ戻った。結婚したが夫や子供も亡くなり、現在は生活保護を受けながら、暮らしているー植村隆、朝日新聞大阪版271991年8月11日

植村氏は”女子挺身隊の名で戦場に連行され”とはっきりと書いている。この記事が発端となってここまで慰安婦問題が大きくなったといっても過言ではないだろう。

櫻井氏は、この植村氏の記事を”捏造”とした理由について、

植村氏は、女子挺身隊と慰安婦は無関係であることを知りながら、金学順さんについて、公権力による動員を意味する、「女子挺身隊」の名で戦場に連行された「朝鮮人従軍慰安婦」の生存者である、と報道したからです。

と伝えている。

控訴審判決では、植村氏が主張する”櫻井氏の取材の不十分さ”について、

十分な取材をしており、これに基づく「捏造」判断は合理的である。

として”植村氏の記事が捏造だ”と指摘したことについて合理的理由があると判断したのである。

~福島瑞穂も加担!~

植村氏の記事に乗じて、社民党で”ひとりぼっち”になった福島瑞穂党首らが当時弁護士として日本国に慰安婦補償を求めた初の損害賠償請求裁判を提訴したのだが当然、2004年には最高裁で敗訴になってはいるものの藤井厳喜氏の記事が面白い。

(中略)福島氏は、最初に日本軍慰安婦だったと名乗った金学順さんの担当弁護士の一人で「慰安婦問題の仕掛け人」だったと国際政治学者の藤井厳喜氏は解説する。

「影響力が強大な朝日新聞が問題を広げたのは事実ですが、その陰で動いていたシナリオライターが福島さんでした」

これを象徴するのが、金さんが日本のテレビに最初に登場した時のことだ。今年2月、ネット放送「言論アリーナ」で元NHKの池田信夫がスタジオでの模様を明かしている。

「金さんを連れてきて、”こう答えるように”と指南していたのが福島さんです。その時に、この人は何をしているのかなと思っていましたが、要するに福島さんが金さんの話す内容を考えていたわけです」

そもそもこの時、金さんが問題にしていたのは「強制連行」ではなかった。慰安所では支払いが「軍票」で行われた。敗戦によって無効になった「軍票」分を支払ってくれ、という話だったのだ。とするならば、福島氏は初めから金さんが強制連行されていなかったことを知っていたのではと疑いたくなるが…。

「福島さんはマスコミに対する慰安婦の売り込みを一生懸命にやりました。軍票の件についてはもっともなところもあったと思います。ところが、途中で、朝日新聞の”強制連行”に乗っかって、政治的に利用して大きくしたというのが福島瑞穂さんの悪しき業績と言えます」(藤井氏)

このように日本を悪者にしようとする反日・国賊たちがこの植村証言に乗っかって”ありもしなかった強制連行があった”と主張するようになったのだろう。

~朝日新聞は謝罪したのに?!~

2014年になって朝日新聞が”吉田証言の取り消し”と”女子挺身隊と慰安婦を混同していた”として謝罪した。

2014年12月23日、朝日新聞社は上記の植村の記事について、『記事の本文はこの女性の話として「だまされて慰安婦にされた」と書いています。この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません。前文の「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」とした部分は誤りとして、おわびして訂正します。』と謝罪記事を掲載している。

朝日新聞も長年にわたってこの虚構である慰安婦強制連行を報じてきたのだが一応形式的にはこのように謝罪をしている。

しかし植村氏は裁判で負けた後もこの様な発言をしているというのだ。

「このようなずさんな取材で、事実に基づかない文章を書いた櫻井氏の責任を免除するのは非常に危険だと思う。この判決はフェイクニュースの蔓延を助長しかねない。事実に基づいた取材を行うのが当然であり、一方的な発言の自由があるべきではない。根拠薄弱な言論が横行することは日本社会にとって非常に危険だ」

と判決に対する不満を語っている。

名誉毀損だとして裁判で決着をつけるために訴えたのは植村氏だ。しかしその提訴が”間違いだ”と最高裁判所が言っているのであるから罪を認めて謝罪するべきであろう。

吉田清治の作り話を事実と信じ込ませるために補強した結果となったこの植村氏の記事。その結果として韓国では慰安婦像建立をはじめ日本に対する度々の謝罪要求や賠償要求がなされた。国連では「クマラスワミ報告」というものまで作られ、世界的には「日本軍が韓国人女性を奴隷として20万人を動員し、戦後その多くを虐殺した」と信じられるようになったのである。

朝日新聞にとってみれば大きな成果となったのかもしれませんが、”捏造”と櫻井よしこ氏が指摘したことが間違っていなかった以上、今までの過ちを償ってもらうしかない。

日本国内で”慰安婦強制連行がウソだった”と分かっても意味のないことなのだ。世界中に”虚偽であった”ことを知らしめなければならないと思う。その責任は朝日新聞を始め”強制連行はあった”と報道してきた者全員にあるはずだ。

植村氏は韓国から色々な賞を授かり慰安婦問題を暴いた英雄という見方までされているようが、植村氏はこれら記事が誤りであったことを韓国政府、韓国国民に伝えて謝罪すべき責任があるのではないだろうか。

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください